精神世界の鉄人

UFOやチャネリング、霊、輪廻、超古代文明などの不思議な話題から、ビジネス、経済、政治、歴史、文化などの社会問題、そして、恋愛や結婚、ダイエット、旅などの現実的な話題まで、幅広く、日々感じたことを、書き綴ってみますね。

静かな戦争

今日の午前中、マンションのリビングルームから、新宿方面を見たら、いきなり、黒い煙が舞い上がっているのが見えました。

あれだけ、遠いところの煙が見えるということは、よほど大きな火事や事故、もしくは、テロがあったのかもしれません。

f:id:tomaatlas:20200228080740j:plain

 

しかし、テレビなどでは、連日、新型コロナウイルスの話題ばかりですね。

このように、どのチャンネルのニュース番組でも、まったく同じ内容の報道ばかりで、反対意見のない状況は、いわゆる、「ファシズム」の状態です。

つまり、太平洋戦争時に国家がやっていた、「大本営発表」が、現在でも行われているということです。

おそらく、現在の日本では、「静かな戦争(サイレントウォー)」が起こっていて、東京などの大都市は、ある意味、戒厳令下にあるのかもしれません。

 

 

数年間に、名作映画の「スティング(The Sting)」を観ました。

この映画は、1973年公開のアメリカ映画で、「アカデミー賞」を受賞した作品でもあります。

アカデミー賞を獲得したことのある作品は、年月が経っても、面白いです。

子供の頃、洋画劇場で、なんとなく観ていた記憶があるのですが、大人になって、改めて観てみると、また違った印象を感じました。

 

作品の内容を、ちょっと紹介すると、監督は、ジョージ・ロイ・ヒル、出演は、ポール・ニューマンとロバート・レッドフォードです。

f:id:tomaatlas:20200228220309j:plain

 

1936年のシカゴが舞台で、詐欺で日銭を稼ぐ1人の若者が、師匠を殺害したギャングに、復讐するために、伝説的な賭博師と協力し、得意のイカサマで、相手組織を、徐々に追い詰めていく様を、軽快に描いたコメディ映画です。

「信用詐欺」を扱った代表的な映画だと、言われているそうです。


原題の「Sting」は、本来は英語で、

「ブッスリ・グッサリと強烈に突き刺す、とどめを刺す」

と言う意味だそうですが、この作品では、

「騙す、法外な代金を請求する、ぼったくる」

という俗語の意味で、使われているそうです。

簡単に言うと、「詐欺」の意味です。

 

観ていて思ったのは、おそらく、これと同じような事件が、実際に、この時期にあったんだろうということでした。

「事実をもとにしたフィクション」

というやつですね。

それにしても、アメリカの詐欺の大がかりな仕掛けには、驚きます。

これを観たら、日本の「オレオレ詐欺」なんて、とても幼稚で、可愛く見えてきます。

しかも、映画の公開が、1973年で、舞台になった街は、1936年のシカゴだというのだから、今から、84年くらい前の話だと考えてもいいでしょう。

ということは、あれから、84年くらい経っている現在のアメリカの詐欺は、あれよりも、ずっとずっと進化しているということです。

 

日本の詐欺グループは、同じような価値観をもった人間が、少人数でやるようです。

それに対して、アメリカの詐欺グループは、ありとあらゆる職業で、様々な価値観をもった人間が、同じ利害のもとに、一時的に集まり、大きなチームを結成し、ゲームのように、楽しみながら、詐欺をやるということです。


この映画の中でも、大がかりな詐欺を、ゲームやスポーツのように、楽しんでいます。

罪悪感が、ほとんどないのです。

何十人もの大人数で、それぞれが役者として、自分の割り当てられた職業を、舞台の演劇を演じるように、楽しんでやるのです。

これは、怖いです。


映画を観ている間は、

「映画だから、自分に関係ない」

と思って、観客として、楽しんで観れますが、

「現実の世界で、これが実際に、自分が仕掛けられる側に、まわったら…」

と思ったら、恐ろしいです。

 

これからも、日本は、どんどん国際化していきます。

だから、こういう外国人たちの詐欺のやり方も学習して、覚えておくことも大切です。
こういうことは、学校では教えられないと思います。

それぞれの家庭で、親が子供の教えるべきでしょう。

 

私の経験談です。
沖縄に住んでいた、小学校の低学年の頃、近所のスーパーで、抽選が始まりました。

当時、沖縄は、アメリカから日本に復帰したばかりで、日本の本土から、大手の資本が、どんどん入ってきていました。

いいことも入ってきましたが、悪いことも入ってきました。

おそらく、東京あたりに資本をもつスーパーだったと思うのですが、子供だった私は、一等賞の「自転車」が、欲しくて欲しくて、たまらなくなりました。

今では、誰でも買って乗れますが、その頃は、高級品だったのです。


それで、母におねだりして、

「ねえ、お母さん、自転車が欲しいんだけど、買い物したら、抽選券が貰えて、自転車を当てられるんだって、あれが欲しいから、買い物しに行きたいんだけど、何か、買ってきて欲しいものある?」

と訊いたら、母が、

「ああいうのは、すぐに行ってはダメよ。初日に、一等賞が当たったら、それからは、誰も買いに行かなくなるから、ああいうのは、最後の日あたりに行くのよ。できれば、最終日から二日前くらいに行ったらいいよ」

と、アドバイスしてくれました。

「そういうもんかな…?」

と思っていると、やはり、最終日から、二日前くらいに、一等賞の自転車を、誰かが当てていました。

 

先月、沖縄の実家に帰って、久しぶりに、その話題になったのですが、なんと、母は、学生時代、東京で、そういう抽選のアルバイトを、あるお店で、やったことがあったそうです。

現在でも、たまに見かける、ガラガラ回して、白い玉や赤い玉が、出てくる抽選を、お店でやった時に、やはり、店長から、

「いいか、最初から、当たり玉なんか、入れるんじゃないぞ。当たり玉は、最終日から二日前くらいに、入れるんだぞ!」

と言われたそうです。


それを聞いて、

「な~んだ、お母さん、仕掛けられる側じゃなくて、仕掛ける側の人間だったんだね。さすがだね~」

と言ったら、苦笑いしていました。(笑)

 


この世界では、いい意味でも、悪い意味でも、そして、そういう善悪を超えた広い意味でも、ありとあらゆる場面で、「スティング(詐欺)」が、張り巡らされています。

とても高度なものは、騙されているのも、全くわからないくらい巧妙です。


私の母は、

「どんな商品やサービスでも、向こうから、売り込みに来たものは、絶対に購入しないことにしている」

と、常々言っていました。

大人になった今、それは本当に、正しい姿勢だと思います。

「訪問販売などで、売り込みに来る商品には、ろくなものがない」

ということです。


たくさんの人が、経験あると思います。
それほど親しくない友人から、久しぶりに、誘いのメールや電話があって、自宅やカフェに行ってみたら、いきなり、サプリメントや化粧品のネットワークビジネスを、紹介されたり、保険の勧誘だったり、セミナーや宗教の誘いだったりして、ガッカリすることです。

これなどは、典型的な例です。


誤解のないように言っておきますが、これらの商品やサービスが、全て悪いわけではありません。

要するに、

「向こうから来るようなものは、ダメだ」

ということです。

反対に言うと、

「自分から、積極的に探して、巡りあうものには、たまに本物もある」

ということです。

 

もっと、わかりやすく言います。
街中で、向こうから、ナンパしてくる、見ず知らずの相手に、素晴らしい人は、少ないということです。

ほとんどが、身体目当てか、お金目当てだと思います。

アメリカに住んでいた頃には、友人から、

「向こうから、ニコニコして話しかけてくる男性がいたら、詐欺師かホモだから、気をつけろよ」

と注意されました。

これは、アメリカに限らず世界中、都会だったら、どこでも、そうかもしれません。

逆に、自分のほうから、

「この人に会いたい! この人と仲良しになりたい!」

と思う人がいたら、それほど、変な人ではないということです。


まとめると、

「相手から、近づいてくる場合は、危ないことが多い。一方で、自分から、近づいていく相手は、大丈夫なことが多い」

ということですね。

まあ、あくまでも目安です。

実際には、ケースバイケースです。

 
商品でも、サービスでもそうですが、情報もそうです。
「宝物が、向こうから歩いてくることは、絶対にない」

という大原則を、常に頭にいれておくといいです。

これを、逆に言うと、

「本当に価値のある宝物に出会いたかったら、誰もいないような場所に、自分から、探しに行かないといけない」

ということです。


「インディ・ジョーンズ」の映画を観てもわかるように、本当の宝物は、誰も来ないようなアマゾンの秘境のようなところに、眠っているのです。
だから、無料で垂れ流されている、テレビなどからの情報は、それほど悪いものもないのですが、本当に価値のあるものは、少ないということです。


私は、価値のある情報は、かならず、お金を払って、獲得することにしています。

それは、セミナーや講演会だったり、DVDや書籍だったりします。

経験から、それらに支払った対価は、無駄にならないと知ってるからです。

無料で得られる情報は、誰でも獲得できるので、それほどの価値はないのです。

 
「宝くじ」なども、昭和の時代には、着物を着た素人の女性たちが、弓矢で、回転している数字に、矢を放ち、当選番号を、決めていました。

子供の頃、テレビの生放送で、それをやっているのを、見たことがあります。

その時は、公明正大だと感じました。

フェアなやり方だと思ったのです。


でも、今は、どうでしょうか?

「いつ、どこで、誰が、どうやって、何を基準に、宝くじの当選番号を、決めているのか?」

と、考えたことが、ありますか?

「もしかしたら、1等賞~3等賞までの高額当選者は、ほとんど、いないんじゃないか?」

という都市伝説的な噂もあります。

もしくは、当選者は、「宝くじ」を運営している政府関係者の身内に、あらかじめ当たるような細工が、されているかもしれません。
こういうことを、疑う姿勢がない人は、これからの時代は、どんどん、カモにされる可能性があります。

 
全国で行われている、「選挙」ですが、これの集計をやっている会社は、日本で、戦後すぐに、できたそうですが、この会社の設立時の筆頭株主が、現在の首相の父親だということを、知っている人が、どれだけいるのでしょうか?

現在は、実質的に、首相が株主みたいです。

つまり、全国の選挙結果なんて、首相が、ポチッとボタンを押すだけで、いくらでも、操作できるということです。

戦後から、ずーっと民主主義が、正常に機能したことなんて、一度もないのですよ。

こんな選挙の本質的なことも、知っている人は、まだまだ、とても少ないと思います。

 

他にも、この社会は、八百長だらけです。
「原発推進派」と「原発反対派」の双方のリーダーの親分が、同一人物だと知ってる人は、どれくらいいるでしょうか?

原発を推進しても、反対しても、どちらの活動をやっても、同じ所に、お金が流れているのですよ。

 

さらに、ここ数十年は、科学技術が急速に上がって、気象や天候も操作できます。

台風、竜巻、大雨なども、ある程度は操作できます。

地震、津波、火山噴火などの天災も、ある程度操作できるのです。

こういうことも知りながら、ニュースなどは見ないと、見当はずれな世界観をもつようになります。

 

これらのことを、知らなかった人たちは、まだまだ間に合うので、インターネットなどで、自発的に調べてみてください。

きっと、いろいろなことがわかってきて、驚愕すると思います。

 


子供の頃、「サンタクロース」がいると、信じていました。

それが、いなかったと知った時には、驚きました。

善意でありますが、これなど、世界中の大人が、子供に対して行う、一種の詐欺です。(笑)


中学や高校の頃、「プロレス」は、本気でやっていると思っていました。

それが、大学生の頃、プロレスラーだった友人から、全て、シナリオのある「八百長」だと聞かせて、また驚きました。


大人になって、陰謀論にハマって、とことん調べた結果、世界中の国のトップの大半が、親戚だったりして、グルだということが、わかって、またまた驚愕しました。

世界中の王様や女王、大統領、政治家などが、全員で、大がかりな芝居を、世界中で演じていたということです。

新聞やテレビ局、出版社などのマスコミも、グルだったということです。


さらに、数年前から、超古代文明を研究しているうちに、地球の歴史は、「神々(宇宙人たち)」が、100%、筋書き通りに、人間を導いていたことがわかって、これにも心底驚きました。

 
こうやって、私の視野は、どんどん広がってきたのですが、やはり、知らないよりも、知ってよかったと思っています。

知ることによって、ショックも受けましたが、生きるう上での自由度が、広がったと思うからです。

広く、高い視点から、世界を眺められることが、人間にとって、進化であり、成長でもあると思うのです。

そして、それが、「大人になる」ということでもあり、「成熟する」ことだとも思います。

 


人間の「歴史」の中に隠されてきた、大がかりな「スティング」が、これからは、どんどん白日の下に、さらされると思います。

そうなった時に、世界は、大きく激変すると思います。

これは、善悪で言えば、とてもいい変化になるでしょう。

今から楽しみです。

 

映画「スティング」を観たら、現在、世界中を支配しているグループの原型が、少しわかると思います。

この仕掛けを、拡大したものが、私たちが、「陰謀論」と感じている、世界のシステムなのです。

f:id:tomaatlas:20200228220346j:plain

 

 

前置きが長くなりましたが、世界は今、「第三次世界大戦」の状態に入っているようです。

しかし、これは前述したように、どちらかというと、大規模な核戦争や空爆、地上戦などではなくて、「サレントウォー」と呼ばれる、「静かな戦争」なのだそうです。

金融や情報などの意図的な混乱、ウイルスなどの生物兵器、人工地震や気象兵器などを使った攻撃など、水面下で行われている工作が、多いようです。

よく、日本では、

「非常事態や災害時にも関わらず、政府は、情報を隠蔽している」

と言って怒る人がいますが、この怒りは、根本的に間違っています。

311以降の地震や津波、原発などが、「災害」と「事故」だと、思い、「災害時」だと思っているから、そういう発想になるのです。

そうではなく、2011年の311は、第三次世界大戦の始まりであり、日本への「攻撃」や「テロ」であり、現在も、「戦時下」であるという認識に、発想を切り替えたほうがいいみたいです。

「戦時下」では、国家と言うのは、情報のコントロールをしなくては、いけなくなるのです。

 

あるジャーナリストの講演会に行ったとき、その方が、こう言っていました。

「311の地震が、人工地震だということは、現在では、もう永田町の政治家たちのほとんどが知っています。すでに常識になっています」

とのことでした。

さらに、

「ただ表立って、事を荒立てることはできません。どうしてかというと、表立てると、本当に戦争になってしまうからです。闇の権力者たちは、今、破れかぶれになっていて、戦争をやりたくてしかたがないのです。だから、彼らの挑発に決して、のってはいけません」

と、強調していました。

怒ったら、負けだというのです。

 

では、日本の政府は、どういう対策を、とっているのかというと、いきなり、お金の支払いを停止すると、彼らが逆上して、何をするのか、わからないので、少しづつ、支払い金額を少なくしていき、彼らの支配している銀行や企業が、自然に倒産してくという方法を、選んでいるのだそうです。

もしかしたら、今年開催予定の「東京オリンピック」も、同じような状況かもしれません。

本当に、「静かな戦争」ですね…

 

このように現在、世界中のあらゆるところで、「静かな戦争」が、勃発しています。

20世紀の戦争は、弾丸やミサイルが飛び交い、国家対国家の戦争という単純な戦争だったのですが、現在行われている、21世紀の戦争は、とても複雑な「静かな戦争」みたいです。

 

日本の政府の中でも、おそらく、311の人工地震や原発の爆破に関わった、闇の権力の手先も、たくさんいると思います。

彼らは、自分たちの悪事がバレないように、嘘をつきます。

一方で、本当に国民のことを思い、平和を願っている人たちも、たくさんいます。

彼らも、国民が怒って、闇の権力に向かって攻撃を起こすことを阻止するために、嘘をつきます。

さらに、国民に不安を、与えないようにするための嘘もあるでしょう。

このように、政府の嘘にも、いろいろな理由の嘘が存在しているみたいです。

おそらく、政府の中では、

悪事がバレないようにビクビクして、様々な工作をやっている人たち。

どうしていいのかわからずオロオロして、パニックになっている人たち。

本当に世の中をよくしたいと思って、がんばって動いている人たち。

こういう3つのグループが、存在しているしていると思われます。

 

こういう戒厳令下では、どさくさに紛れて悪事を働く、闇のグループもいますが、反対に、絶好の機会と考えて、世の中を良くするために動いている、光のグループもいるようです。

闇のグループのことは、陰謀論を研究している人たちが、その情報を公開しているので、私のほうは、ここでは、良いグループである、光のグループの話をしておきます。

 

 

これから書くことは、あくまでも、私個人の仮説であり、直感で閃いた空想です。

根拠は、ありません。

 

311を境にして、世界中で、それまで、「闇の権力」と言われてきた悪い連中の大量逮捕が、始まったといわれています。

それは、政治家だったり、宗教団体だったり、大企業だったり、様々な人々がいるようです。

 

彼らは、超権力者なので、警察も、そんなに簡単に手が出せません。

それで、光のグループが考えた計画が、「新型コロナウイルス」だったのかもしれません。

「コロナ」とは、太陽の周りに見える自由電子の散乱光のことだそうです。

 

今回のウイルスは、形がそれに似ていることから、命名されたそうです。

f:id:tomaatlas:20200131074454j:plain

 

だとしたら、それをやっているグループは、日本の「天照派」と呼ばれているグループかもしれません。
このグループは、先日書いたように、智略を使ってた戦う人たちです。

 

だんだん、わかってきましたか?

そうです。

お隣の韓国では、宗教団代の建物に、防護服を着た人たちが、感染拡大を阻止するという名目で、建物内に突入しましたね。

f:id:tomaatlas:20200228222802j:plain

 

おそらく、ここは、カルト団体で、警察も普段では、捜査令状もとれず、なかなか、内部に入り込めない、ブラックボックスになっていたと思います。

しかし、

「ウイルス感染が、急速に拡大している!」

という大義名分があれば、令状なしでも、建物内に入れるのです。

おそらく、防護服を着た人たちの大半は、警察官だったと思います。

報道によると、検査を拒否すると、罰金や懲役刑もあるそうです。

これは間違いなく、犯罪捜査ですね。

 

日本の「ダイヤモンドプリンセス」という船も、船内には、カジノがあり、ギャンブルが行われていたそうです。

こういう大金が動く場所は、売春はもちろん、人身売買なども行われていることが多いです。

f:id:tomaatlas:20200228223124j:plain

 

そうなのです。

この船に突入したのも、実は、防護服を着た警察官ばかりだったと思います。

f:id:tomaatlas:20200228222919j:plain

 

おそらく、船内では、凄い逮捕劇が行わえていたと思います。

「感染者がいた!」

という話は、おそらくダミーだと思います。

 

このように、現在の「ウイルス騒ぎ」は、戒厳令下で、世の中を劇的に良くするための戦いの真っ最中なのだと思います。

凄いテロも予想されるので、それで、学校なども休みにして、子供たちを守っているのかもしれません。

 

私も、2月の初めに、風邪のような症状が出て、高熱で寝込みましたが、三日くらい眠ったら、すぐにケロッと治りました。

おそらく、普通の健常者であれば、それくらいで治るように調整された人工ウイルスだと思います。

だから、必要以上に怖がる必要もないと思います。

寝れば治るのです。

 

パニック映画などに出てくるシーンですが、テレビで、アナウンサーたちが、生放送中に、

「グハッ!」

と叫んで、血を吐いて倒れたり、または、街を歩ている通行人たちが、道端で、バタバタと倒れたりしているのであれば、心配してもいいかもしれませんが、そんな様子は、まったくありません。

 

それどころが、テレビで、不安を煽るような報道をしているアナウンサーたちが、マスクもせずに、血色のいい顔で、健康そうに見えますね。

また、街を歩いている人々も、マスクを付けていても、元気に歩いているのを見ても、現在の報道が、いかに大げさで偏っているのかわかると思います。

 

だ丈夫です。

もうすぐ、日本も世界も、素晴らしい世界に、生まれ変わります。

 

 

PS 大阪セミナー&懇親会&ツアーも、楽しく終了しました。

参加された皆さん、ありがとうございました。

また、いろいろ語りましょうね。

f:id:tomaatlas:20200224170600j:plain

 

f:id:tomaatlas:20200224193312j:plain

 

f:id:tomaatlas:20200228214447j:plain

 

f:id:tomaatlas:20200228214504j:plain

 

 

 

☆私の著書、「地球を創った魔法使いたち」の1巻~2巻も発売中です。
ぜひ読んでみたください。

tomaatlas.hateblo.jp

 

 

☆記事の感想などは、下記のアドレスに、お気軽にメールくださいね。(お手数ですが、メルアドは、コピーして貼り付けてください)
toma_atlas@yahoo.co.jp

 


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 

☆ランキングにも、参加しています。

記事が面白かったら、応援クリックもお願いします。

 


スピリチュアルランキング

 


にほんブログ村

 

☆下記が、私のメインサイトの「精神世界の鉄人」のエッセイ集です。

不思議な体験談や精神世界の探求が、たくさん書いてあります。
現在は、ほとんど更新していませんが、遊びにいってみてくださいね。
http://www.tomaatlas.com/library.htm

 

 ☆フェイスブックもやっています。

www.facebook.com

 

☆インスタグラムもやっています。

www.instagram.com

 

 ☆ツイッターもやっています。

twitter.com

 

☆私が自信をもってオススメする、ヒーリンググッズの王様、「不思議なペンダント・アセンション」のサイトです。

http://triplehimawari.ocnk.net

 

☆個人セッションも、ぜひ体験してみてくださいね。

tomaatlas.hateblo.jp