精神世界の鉄人

UFOやチャネリング、霊、輪廻、超古代文明などの不思議な話題から、ビジネス、経済、政治、歴史、文化などの社会問題、そして、恋愛や結婚、ダイエット、旅などの現実的な話題まで、幅広く、日々感じたことを、書き綴ってみますね。

平和の少女像 

毎日、凄い暑さですね~!

こんなクソ暑い中、まだ、「マスク真理教」の信者たちが、街中にウジャウジャいるのに驚きます。

 

すでに、ドイツやイギリスなど、諸外国では、「新型コロナウイルス感染拡大」という大嘘がバレて、100万人以上の人々が、大規模なデモを行っています。

コロナ後進国である日本でも、そのうち、このムーブメントは広がると思います。

f:id:tomaatlas:20200807011838j:plain

 

f:id:tomaatlas:20200807011853j:plain

 

 

この記事は、衝撃作である「赤い靴」、それから、「生麦事件の真相」の二つの記事の続編になります。

こららの過去記事を読んでいないと、内容がわからないと思うので、まだ読んでいない方は、先に、こちらから読んでから、今回の記事を読み始めてください。

 

〇「赤い靴」

https://tomaatlas.hateblo.jp/entry/2020/04/02/231637

 

〇「生麦事件の真相」

https://tomaatlas.hateblo.jp/entry/2020/07/21/174133

 

 

8月8日(土)から10日(月)まで、主に宮城県で調査旅行をしていました。

その最終日に、郡山市で、例の爆発現場に行く機会があり、そこの現場でも現地調査しました。

詳しいことは、別の機会に旅行記でまとめます。

今回は、ちょっとだけ書いておきます。

 

郡山市の事件現場に、着きました。

f:id:tomaatlas:20200811133137j:plain

 

近くで見ると、凄い迫力です。

f:id:tomaatlas:20200811133112j:plain

 

爆風で、シャッターが凹んでいます。

f:id:tomaatlas:20200811132804j:plain

 

こちらも、窓にヒビが入っています。

f:id:tomaatlas:20200811132742j:plain

 

表のメディアでの報道では、

「ガスボンベの爆発が、事件の原因である」

こういう内容ですが、もちろん、これは表向きの話です。

f:id:tomaatlas:20200811132953j:plain

 

実際には、もっと複雑な事情があり、複数の理由で起こった事件だと思います。

そのうちの一つが、新しくできた小型核爆弾の実験だった可能性もあります。

福島の旅行記でも紹介した、比較的安全な核爆弾、つまり、放射能が短時間で無害になる設計で、製造された兵器かもしれません。

f:id:tomaatlas:20200811133021j:plain

 

「福島アースツアー」で、

「福島県は、地球のひながたであり、縮図でもある。だから、福島県で起こったことは、世界でも起こる」

こう書きましたが、そのとおりになっていますね。

 

記念撮影しました。

f:id:tomaatlas:20200811132935j:plain

 

この事件の後、立て続けに地球全でも、爆発が相次いでいます。

おそらく、日本の福島県で、実験をした後、今度は、次のステップである、地球全体での爆破に移行したのかもしれません。

 

ロシアでの爆発です。

f:id:tomaatlas:20200811133422p:plain

 

現在、ネットで囁かれている噂に、興味深いものがありました。

最近、爆発が起こっている国名の頭文字を並べると、ある文字が浮かび上がってくるという話です。

「レバノン」、「アラブ首長国連邦」、「イラク」、「中国」、「イラク」、「フランス」、「イギリス」、「ロシア」です。

 

こうなります。

L=Lebanon

U=UAE

C=Chaina

I=Irag

F=France

E=England

R=Russia

「ルシファー (Lucifer)」ですね~!

凄いですね~!

 

「ルシファー」の石像です。

f:id:tomaatlas:20200811133439j:plain

 

「ルシフェリアン」ともいわれている、悪魔崇拝主義者たち、つまり、「悪魔教」のグループの意味ですね。

現在では、「カバール」や「ディープステート」とも呼ばれていますね。

だとしたら、現在、「Qアノン」と呼ばれているグループとの激戦が、知られていますが、一連の爆発事件は、やはり、この戦いに関係しているということですね。

 

「悪魔教」とは、「赤い靴」に関わった、悪のグループです。

こういう組織も、そうですね。

よく見ると、「赤いハイヒール」と「黒いハイヒール」の絵ですね。

f:id:tomaatlas:20200728141727j:plain

 

これらのグループも、「カバール」と呼ばれている組織の一部であり、現在、トランプ大統領をリーダーにした、「Qアノン」というグループが、戦っているようです。

f:id:tomaatlas:20200728141636p:plain

 

過去記事の「赤い靴」でも書いたように、この組織は、太古の昔から現在まで、世界中で、子供の誘拐に関わり、沢山の子供たちを生贄の儀式で殺し、その子たちの脳内物質である、「アドレノクロム」という物質を抽出して、その液体を飲むという行為を繰り返してきたようです。

 

彼らは、殺した子供たちの生皮で、「赤い靴」を作り、それを履くという狂人たちです。

「悪魔教」のメンバーです。

f:id:tomaatlas:20200807012508p:plain

 

f:id:tomaatlas:20200807012704p:plain

 

f:id:tomaatlas:20200807012644p:plain

 

最近では、この情報も急速拡大で、世界中に広がっていますね。

アメリカでは、こういう看板も設置されているそうです。

f:id:tomaatlas:20200811133408j:plain

 

凄い時代に突入していますね。

 

 

さて、旅行記です。

先週、東京都内で、仲のいい友人たちと、裏の歴史の調査をしました。

 

場所は、「JR高輪ゲートウエイ駅」の近辺でした。

f:id:tomaatlas:20200807005822j:plain

 

この駅で降りたのは、初めてでした。

f:id:tomaatlas:20200807011702j:plain

 

暑い中、汗をダラダラ流しながら、目的地に向かいました。

f:id:tomaatlas:20200807011820j:plain

 

「生麦事件の真相」でも書いたように、幕末の頃には、鎖国が終わり、開国した途端に、沢山の良い外国人も、入国したのですが、同時に、一部の悪い外国人も、日本に入ってきました。

 

それは、当時の江戸でもあったようです。

その事件が、「東禅寺事件」です。

 

「東禅寺」に着きました。

扉には、意味深な形のシンボルがありました。

f:id:tomaatlas:20200807010209j:plain

 

「最初のイギリス公使宿館跡」と書かれた石碑がありました。

f:id:tomaatlas:20200807005904j:plain

 

案内板を読みながら、皆で、意見交換をしている場面です。

f:id:tomaatlas:20200807011628j:plain

 

現在の境内は、ひっそりと静まりかえっていました。

f:id:tomaatlas:20200807010101j:plain

 

拝殿に着きました。

f:id:tomaatlas:20200807011723j:plain

 

拝殿です。

f:id:tomaatlas:20200807010523j:plain

 

「東禅寺事件」は、江戸時代末期に、攘夷派志士が、東禅寺に置かれたイギリス公使館を襲撃した事件です。

1861年7月、1862年5月に、事件は2回発生したようです。

この2回の事件のすぐ後、1862年9月に、有名な「生麦事件」が起きているようです。

 

いろいろ調べると、当時の日本に本格的に、「悪魔教」が進出したことから、始まっているようです。

そして、この動きに気が付き、本質を見抜いた侍たちが、西洋から来た悪魔どもに、正義の鉄槌を下したというのが、真相みたいです。

正義の志士たちが、悪魔どもを斬ったということです。

 

その後、1922年(大正11年)に、「赤い靴」の唄が、作詞作曲されています。

これは、前述したように、

「赤い靴をはいた女の子」

こういう意味ではなく、実際には、

「赤い靴にされた女の子」

これが、真相だったみたいです。

やはり、明治維新や大正時代から、日本人と悪魔教の戦いは、始まっていたと考えたほうがいいと思います。

 

境内は、過去に、そんな暗黒の歴史が、ここであったことを感じさせないくらい、穏やかで平和な空間が広がっていました。

 

仏像です。

なぜか、オレンジ色の帽子を被っています。

f:id:tomaatlas:20200807010624j:plain

 

三重塔の前で記念撮影です。

f:id:tomaatlas:20200807010307j:plain

 

ここからさらに、ちょっと歩いた場所にある寺にも行きました。

「承教寺」という名前のお寺です。

距離的には、昔は、「東禅寺」とは同じお寺だった可能性もあります。

そのくらいの近さにあります。

 

着きました。

f:id:tomaatlas:20200807010755j:plain

 

とても珍しい狛犬がいました。

「件(くだん)」という怪物だそうです。

皆で、この狛犬を見て、盛り上がっている場面です。

f:id:tomaatlas:20200807011644j:plain

 

「件(くだん)」とは、19世紀前半ごろから、日本各地で知られる妖怪だそうです。

「件」=「人」+「牛」

この文字通り、半人半牛の姿をした妖怪だそうです。

f:id:tomaatlas:20200807010934j:plain

 

シュメール文明の狛犬ですね。

f:id:tomaatlas:20200723180055j:plain

 

斜めからの視点だと、たしかに、その説明通りの狛犬です。

f:id:tomaatlas:20200807010819j:plain

 

しかし、視点を変えて、正面から眺めると、「達磨」に見えます。

f:id:tomaatlas:20200807010905j:plain

 

これです。

f:id:tomaatlas:20200728153637j:plain

 

「生麦事件の真相」という記事でも、紹介しましたが、

「達磨」=「トマス」=「サンタクロース」=「サタン(悪魔)」

こうなります。

だから、実は、「達磨」の正体は、「悪魔教」のボスの意味なのです。

つまり、江戸時代には、この辺りのエリアは、「悪魔教」の拠点があり、そのリーダーが、住んでいたということです。

おそらく、この寺の近くのどこかにいたのだと思います。

 

境内の奥に向かいました。

f:id:tomaatlas:20200807011742j:plain

 

「赤門」がありました。

東京大学の「赤門」もそうですが、こうやって、赤色で塗られた門や建物は、東京大空襲などの災害から逃れているものも多いです。

旧約聖書に出てくる、「過ぎ越しの祭り」の意味が込められているのです。

f:id:tomaatlas:20200807011106j:plain

 

門の奥に、本堂がありました。

f:id:tomaatlas:20200807011137j:plain

 

f:id:tomaatlas:20200807011306j:plain

 

釣鐘もありました。

f:id:tomaatlas:20200807011200j:plain

 

f:id:tomaatlas:20200807011232j:plain

 

宇宙考古学的な解釈をすれば、この釣鐘は、太古の時代、インドの辺りで、核戦争をやった宇宙人グループが乗っていた、UFOの形と似ていることから、それを模した形の可能性も考えられます。

f:id:tomaatlas:20200807011435j:plain

 

この時の核戦争で、地球上に核爆弾を、108発投下したという説もあります。

大晦日に鳴らす鐘の音は、これからきているという話もあります。

「同じ過ちは、もう二度と繰り返さないぞ!」

こういう誓いを、毎年の最後に行う儀式が、「除夜の鐘」だということです。

 

わりと最近では、ナチスが、これと同じ形のUFOを製造していたみたいです。

f:id:tomaatlas:20200807011452j:plain

 

意味深な石碑もありました。

f:id:tomaatlas:20200807011406j:plain

 

この夜は、JR品川駅の近くのカラオケボックスに行き、アニメソング大会をしました。

楽しかったですね~!

f:id:tomaatlas:20200807011523j:plain

 

 

前置きが長くなりましたが、ここからが本番です。

 

横浜市の山下公園にある、「きみちゃん」の像です。

「赤い靴はいていた女の子」のシンボルとして、像になっていますね。

 

ここでは、たまにイベントも行われるようです。

演歌歌手が来て、ガールスカウトの女の子たちが、楽器の演奏などをやるそうです。

f:id:tomaatlas:20200807012307p:plain

 

これは、形を変えた抗議やデモだと思います。

つまり、あからさまに、「悪魔教」のメンバーに、抗議したり、敵対すれば、彼らも、金と権力を使って、抗戦してくるからです。

場合によっては、暗殺される人も出てくるかもしれません。

だから、こういうイベント、それから、「赤い靴」という唄に、メッセージを隠して、抗議していたのだと思います。

 

 「きみちゃん」の像が、太平洋を向いていますね。

これは、自分を殺した悪魔たちが、アメリカやヨーロッパにいることを、暗示しているのだと思います。

f:id:tomaatlas:20200807011958p:plain

 

 

ここで、ちょっと頭を柔軟にして、視点と思考の角度を変えてみてください。

 

ご存じのように、大昔から現在まで、世界中で、「悪魔教」の被害に遭っている国は、山ほどあります。

日本だけではありません。

だとしたら、日本以外でも、静かに、そして、それとはわからないように、形を変えて、「悪魔教」の組織に、抗議やデモをしている国や人々がいるはずです。

 

これは、フィリピンにある像だそうです。

韓国を拠点にしているグループが、設置したそうです。

最初に、世界中に、100以上の像を置いたそうですが、その後、9割以上の像は、撤去されてしまったそうです。

f:id:tomaatlas:20200807012045p:plain

 

これも、韓国の団体が置いた像だそうです。

f:id:tomaatlas:20200807012022p:plain

 

これも、同じく韓国に置いてある像です。

f:id:tomaatlas:20200807012137p:plain

 

「慰安婦像」や「従軍慰安婦像」と呼ばれている像です。

f:id:tomaatlas:20200807012111p:plain

 

 しかし、もう一度、よく見てください。

「従軍慰安婦像」であれば、18歳以上の女性が多かったはずです。

しかし、ほとんどの像は、「少女」ですよね。

だんだん、わかってきましたか?

 

メディアなどでは、表向き、

「慰安婦とは、第二次世界大戦中に、戦地で将兵の性の相手をした女性のことであり、一般に慰安婦というと、日本軍慰安婦を指すことが多い」

こういう説明が多いですね。

もちろん、これも事実です。

しかし、75年前の戦争中の売春の話を、今頃、蒸し返して、抗議をするというのは、いくらなんでも、バカすぎます。

連日の報道を見ていると、

「韓国の人たちは、バカばかりだな?」

こういう感想をもつ人が、ほとんどだと思います。

 

そうなのです。

これは、形を変えた抗議の意味も含んでいたのです。

つまり、

「悪魔教の生贄で、命を落とした少女たちに、謝罪しろ!」

こう言っているのです。

f:id:tomaatlas:20200807012243p:plain

 

そういう視点で、もう一度見ると、日本にある、「赤い靴をはいていた女の子(きみちゃん)」の像と、ソックリですね。

f:id:tomaatlas:20200807012200p:plain

 

見てください!

この少女が見ている方向にある建物は、韓国にある、「日本大使館」だそうです。

f:id:tomaatlas:20200807012223p:plain

 

この韓国の団体は、「日本軍」に抗議していたわけではなったのです。

世界中の「悪魔教」に、抗議をしていたのです。

その中の下部組織の一つとして、「日本の政治家」も含まれたいるということです。

「日本の政治家の中の悪魔達、殺した韓国の少女に、謝りなさい!」

遠回しに、こう言っているのです。

 

これも、有名な像ですね。

アメリカのグレンデール市にある像です。

この像に、花束を捧げているのは、市長みたいです。

f:id:tomaatlas:20200811173627j:plain

 

「グレンデール」という街は、昔、「悪魔教」から弾圧を受け、多くの国民が虐殺された、「アルメニア」から亡命した人たちが、たくさん住んでいる土地です。

 だから、悪魔たちが、どれほど、残虐で狡賢いかを、よく知っている所なのです。

だから、この抗議に賛同して、一緒にやっているのだと思います。

f:id:tomaatlas:20200811173652j:plain

 

 

極めつけは、この記事です。

「慰安婦」や「従軍慰安婦」という呼び方は、日本で報道される時に、無理やり意味を変えて翻訳されているようです。

f:id:tomaatlas:20200811153224p:plain

 

そうです。

元々、韓国で制作した人は、

「平和の少女像」

こう名付けていたようです。

繰り返します。

この像の正式名称は、

「平和の少女像」

これなのです。

世界中で、悪魔達から誘拐され、生贄の儀式で殺害された子供たちの象徴が、この像だったのです。

 

つい最近でも韓国で、この少女に、日本の安倍首相が、土下座している場面を表現した場面が、どこかの公園に設置されましたね。

f:id:tomaatlas:20200728035633j:plain

 

これは、「平和の少女像(生贄の子供たち)」が、「悪魔教(日本の安倍首相)」に、強制的に謝罪をさせている場面を、表現していたのです。

 

「今までに殺した子供たちに、謝りなさい!」

こう言っているのです。

f:id:tomaatlas:20200728035646p:plain

 

どうですか?

裏の歴史から読み解くと、世界情勢も、真逆に見えてくる部分もあるでしょう。

人間の歴史とは、とても奥深く、罪深い歴史ばかりなのです。

 

 

 

☆私の著書、「地球を創った魔法使いたち」の1巻~2巻も発売中です。
ぜひ読んでみたください。

https://tomaatlas.hateblo.jp/entry/2019/11/25/212315

 

 

☆記事の感想などは、下記のアドレスに、お気軽にメールくださいね。(お手数ですが、メルアドは、コピーして貼り付けてください)
toma_atlas@yahoo.co.jp

 

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 

☆ランキングにも、参加しています。

記事が面白かったら、応援クリックもお願いします。

 


スピリチュアルランキング

 


にほんブログ村

 

☆下記が、私のメインサイトの「精神世界の鉄人」のエッセイ集です。

不思議な体験談や精神世界の探求が、たくさん書いてあります。
現在は、ほとんど更新していませんが、遊びにいってみてくださいね。

http://www.tomaatlas.com/library.htm

 

 ☆フェイスブックもやっています。

www.facebook.com

 

☆インスタグラムもやっています。

www.instagram.com

 

 ☆ツイッターもやっています。

twitter.com

 

☆私が自信をもってオススメする、ヒーリンググッズの王様、「不思議なペンダント・アセンション」のサイトです。

http://triplehimawari.ocnk.net

 

☆個人セッションも、ぜひ体験してみてくださいね。

tomaatlas.hateblo.jp

 

福島アースツアー 7 福島第一原発

前回の続きです。

旅行記に入る前に、ここでも、おさらいしておきましょう。

 

私の感じていることは、「令和」という新しい時代は、「真実の時代」でもあると思います。

この世の中の本当のことが、どんどんわかってくる時代が、やってきたと思います。

 

この世界の真実を知らない人は、どんどん取り残されていき、生きづらくなってくるということです。

自分で積極的に情報を調べて、自分の頭でしっかりと考えている人、反対に、完全に受け身になり、テレビや新聞などのメディアからの情報を、何も考えずに鵜呑みにしている人、この両者の間が、現在、修復不可能なほど、開いていくばかりになっていることに、気が付いている人も、多いと思います。

 

大切なことだと思うので、2016年に書いて大反響だった記事の一部を、この機会に似、再掲載しようと思います。

 

 

 2016年に、「東日本大震災」の被災地をまわったときに、

「自分が、この真実を広げなくてはいけない…」

と強く思いました。

 

「東日本大震災追悼施設」に行った時の写真です。

f:id:tomaatlas:20190306215223j:plain

 

f:id:tomaatlas:20190306215235j:plain

 
現在、世界情勢について、いろいろな人が自説を述べています。
しかし、テレビや雑誌などでは、本当のことは絶対に発信されません。
さらに、インターネットなどで、陰謀論がたくさん展開されていますが、これらのほとんどは事実なのですが、表現が下手だったり、視野狭窄になってしまったり、やたらと難しい話になってしまっているものが多く、一般の人たちにうまく伝わっていないのが残念です。


5年くらい前から、友人たちと食事すると、

「トーマさん、そろそろ、あなたが本当の話を公開したらどうですか? あなたの話、とてもわかりやすいから、きっとたくさんの人たちの意識が変わると思いますよ」

こう言われました。
私自身は、ここ数年は、「宇宙考古学」のほうに興味の関心が移ってしまい、人間の欲が関わっているような権力やお金などの陰謀論よりも、太古の時代に地球に関わった宇宙人たち(神々)のほうに、関心があったのですが、この時あたりから、少しづつ、こういう陰謀に関する情報も、公開しています。


たくさんの人が、ブログやSNSなどで、

「自民党が、戦争を起こそうとしている!」

というような発言をしていますね。

この発言は、根本的なところで、勘違いをしているような気がします。

真実は違います。


これから、本当の話をします。

「戦後、日本も世界も、常に戦争状態であって、平和になったことなど一度もない」

これが真実です。

これから、時系列的に簡単にまとめて書いていきますね。

まず予備知識として、軍事の話です。


ご存知のように、昔も今も、最先端の科学は、軍事利用から始まります。

どこの国でも、最初に軍隊が、最先端の武器を生み出し、それから数十年してから、民間に、その技術がおりてきます。


たとえば、1940年代に、アメリカ軍は、3方向から電磁波を照射して、地下などに隠れている敵兵を焼き殺す兵器を、開発していました。

それから、40年後の1980年代に、各家庭に、その技術を使った「電子レンジ」という製品が、広く普及しました。

爆弾も航空技術もインターネットも、どの製品も、最初は軍事利用から始まるのです。


だから今、私たちが日常で使っている製品の大半は、40年前に軍隊が開発したものだということです。
逆に言えば現在、軍で開発中の秘密兵器が、世間一般に広まるのは、40年後だということです。

おそらく、「タイムトラベル」などの技術も、すでにあると思います。

しかし、私たち庶民が、それを普通に使えるのは、40年後だということです。

 

世界情勢の話を、1980年代から始めます。
1980年代は、「米ソの冷戦時代」でした。

私はこの頃、中高校生だったのですが、今でもよく覚えているのは、当時の欧米などの「反戦集会」などでは、集まった人々が、全員で仰向けになって、横たわるパフィーマンスをやっていました。

つまり、

「今度戦争が起こったら、地球が滅びるぞ…」

こういうメッセージを、皆で発信していたのです。


アメリカも旧ソ連も、

「私たちの国は、地球を何百回も破壊できるだけの核ミサイルを持っているぞー!」

という狂った発言をやっていました。
そういう状況だったので、ほとんどの人は、

「次に大きな戦争が起こったら、地球が滅びるだろう。でも、いくらなんでも、そこまで、人間は馬鹿じゃないだろう。だから、もう戦争は無いだろう…」

こんな世界観をもっていたと思います。

f:id:tomaatlas:20190307152156j:plain


さらに、アメリカのレーガン元大統領が、「スターウォーズ計画」などを発表して、

「ソ連が、ミサイルで攻撃してきても、アメリカの軍事衛星のビームが焼き払う!」

こう言ったので、私たちは、

「もう大丈夫だな。もう戦争は無いな…」

こんなことを思ったりしていたのです。

 

しかし、大方の予測は外れて、1991年1月に、「湾岸戦争」が勃発しました。

たくさんの国が、この戦争に参加したので、事実上の「第三次世界大戦」のようなかんじになりました。

f:id:tomaatlas:20190307152208j:plain


この開戦の時には、たくさんの人が、

「まさか!」

と思いました。

こういう大きな戦争は、前述したように、もう起きないと思っていたからです。


「平和な時に戦争の準備がされている。平和だと思っている時期は、戦争の準備期間である」

こういう話を、どこかで聞いていたのですが、それを実感しました。


あとから、いろいろ調べてわかったのですが、「湾岸戦争」が始まった根本的な理由は、

「比較的安全な核爆弾の開発に、成功したから」

とだということが、わかりました。


それまでの核ミサイルなどは、威力が強すぎて、使えなかったのです。

「敵を攻撃したら、自分たちも攻撃され、しかも双方とも、しばらくは、放射能の恐怖に脅えなくてはいけない」

こういう認識だったのです。
それが、アメリカ軍が、

「敵の陣地だけ、局所的に狭い範囲だけで爆発して、しかも48時間で、その放射能は無害になる」

こういう小型の新型爆弾の開発に、成功したようなのです。


「死の商人」たちは、この時期からこの武器を、世界中で売り始めたのです。
「純粋水爆」という技術らしいので、興味のある方は調べてみてください。
1990年代には、「常温核融合」などとも呼ばれ、日本の大学でも、その現象が、いろいろな実験でも、確認されました。

一説によると、この新型爆弾は、1985年に完成したそうです。


勘のいいかたは、もうわかったと思いますが、その爆弾が使用されたのが、翌年の1986年の「チェルノブイリ原発」だったのです。

前述したように、この爆弾は、たしかに48時間は、とても危険な放射能をまき散らして、周囲の人々の肉体に、多大なダメージを与えますが、3日目くらいからまったく無害になります。

つまり、あれは、「事故」ではなく、「テロ」だったということです。

f:id:tomaatlas:20190307152222j:plain


これを仕掛けたのは、いわゆる、「ユダヤ系金融財閥」だとか、「ハザールマフィア」だとか呼ばれている、「闇の権力」に属する民族です。

別の呼び名では、「偽ユダヤ人」ともいわれています。

現在では、「カバール」だとか、「ディープステート」などとも、呼ばれていますね。


目的は、

「自分たちの国を、つくりたかったから」

だと言われています。

この民族は、5000年くらい前から、世界中でいろいろな悪さをしてきたようです。

「悪魔崇拝主義者」とも呼ばれています。

私は、シンプルに、「悪魔教」と表現することが多いです。


彼ら自身の歴史では、いきなり、

「私たちのユダヤの民族は、長いこと迫害されてきた…」

という話から始まりますが、

「どうして、迫害されてきたのか?」

という話は絶対にやりません。

世界中から嫌われるような悪事を、たくさんやってきたから、皆から嫌われてずーっと国がもてなかったのです。

一番の悪さは、現在、話題になっている、「子供の誘拐」や「アドレノクロム」に関わることです。


第二次世界大戦の後に、ヒトラーを使って、「イスラエル」という国を建国したのですが、それでも、二つ目の国が欲しくて、それで、「ウクライナ」という国を、「チェルノブイリ」を、キッカケに乗っ取ったとも言われています。

「放射能で危ないぞ~!」

こういう話を、世界中のメディアを使って広めて、その後、自分たちの民族が住み着いたようです。

戦争をしないで、国を乗っ取ることに成功したということです。

 

この小型の核爆弾は、それ以降、世界中の戦争や紛争やテロなどで、たくさん使われています。
その後、使用された中で有名なのは、「911」の時の「ワールドトレードセンター」です。

f:id:tomaatlas:20190307152241j:plain

 

このビルの爆破にも使われていたのです。

各階に、この小型爆弾が仕掛けれていたことがわかっています。

だから、ビルが崩壊した直後に建物に近づいた、多くの消防士や警察官は放射能で被爆して、白血病などで亡くなっています。

 

まとめると、この爆弾は、世界中で使用されています。

日本に関係のある事件だけでも、4回ありました。

1回目が、「チェルノブイリ」で、2回目が、「湾岸戦争」、それから、3回目が、「ワールドトレードセンター」です。

 

そして、4回目が、今回のメインテーマである、「福島第一原発」なのです。

ここも実際には、「事故」などは起こっていないことが、いろいろな状況証拠から、わかっています。

学者の先生方が、一番勘違いしているのは、

「福島で、原発の事故が起こって爆発した」

と思っていることです。

実際には、

「福島で、特殊な爆弾テロが行われて爆破された」

というのが、本当の話なのです。


わかりますか?

事故だったら、原発は、「メルトダウン」して、東京など、とっくに「死の街」になっています。

なっていませんよね。
理由は、「テロ」だからです。

皮肉なことに、「テロ」だったから、東京は今でも安全なのです。

当時の指令部隊が、国会議事堂にいたために、東京に被害がでるような状況は避けたのです。

f:id:tomaatlas:20190307152257j:plain


これは、第二次世界大戦の時の「東京大空襲」でも、国会議事堂が無事だったことからも、わかりますね。

日本において悪さをする連中は、常にここに拠点を置くのです。


こういう本当のことは、国内がパニックになるので言えなかったようです。

「事故が起こった!」

というだけでも、あれだけの騒ぎになったのに、

「テロが起こった!」

なんて、本当の情報が広がったら、大変なことになっていたのです。

 

「原発」の話は、このくらいにして、そろそろ本題に入っていきますね。

1940年代から開発が進められていた兵器に、「人工地震」の兵器があります。

もしかしたら、もっと前からあったかもしれません。

「二コラ・テスラ」が、19世紀に、すでに開発していたとも言われていて、1923年の「関東大震災」も人工地震だったという説もあります。

 

1990年代から世界中で、これが本格的に使用され始めています。

実際には、第二次世界大戦が終わってから現在までの間に、世界中で起こった震度7以上の地震の7割が、人工だったというも言われています。

 

ここでようやく、冒頭の話に戻りますが、1990年以降、戦争の形態が変わったのです。

「湾岸戦争」の後、世界中の世論が、空爆などのあからさまな戦争行為に厳しくなり、ハッキリと目に見えるような武器が、使えなくなったのです。


そこで登場したのが、「地震兵器」と「気象兵器」です。
1970年代に、すでに、旧ソ連とアメリカの二国間では、

「戦争になっても、この兵器だけは、両国の間では使用しない」

という条約まで結ばれています。

これは調べれば、英語での原文も、ネットで見ることができます。

 

「気象兵器」については、最近の直角や鋭角で、角度を変える台風などから、これに気が付いている人は、増えていると思います。

現在は、「天候」も操作できるのです。
気象庁も、まったく隠しているわけでもありません。

遠回しの表現で伝えています。

「ゲリラ豪雨」

「爆弾低気圧」

そのまんまの単語ですね。(笑)

 

「人工地震」の話を、わかりやすく説明します。

まず問題です。

地震は、どうやって起こると思いますか?

この質問をすると、ほとんどの人の脳裏に、自動的に、こういう映像が浮かぶと思います。

「プレートテクトニクス理論」というやつです。

思いっきり簡単に言うと、

「地震は地下で起きる、岩盤のズレにより発生する現象である」

という理論です。

f:id:tomaatlas:20190307152313j:plain

 
たくさんの人が、地震は、こうやって起こると思っています。

しかし…
「これっ、誰か見た人いるんですか?」

と言いたいのです。


実は、地震が起こる原因については、たくさんの仮説があり、これは、その中の一つの仮説、もしくは、要因にすぎないというのが真相なのです。

 

20年くらい前から、地震のメカニズムがわかってきて、

「ほとんどの地震は、自然の核融合反応で起こっている」

ということが、わかってきているようなのです。

細かいことを言うと、

「地中には、たくさんの空洞があり、そこには超高圧の水素が充満している。その空洞に、地下水や海水が流れこんで、そこの空洞内で、自然の水素爆発が起こる。それが、ほとんどの地震の原因である」

ということです。

f:id:tomaatlas:20190307152329j:plain


最初は、小さい空洞が、
ボン! ボン! ボン!
と、小さく爆発し始めます。

これが、いわゆる、「初期微動(P波)」になるようです。
それから、その小さい空洞の爆発が、だんだん他の空洞にも連鎖していき、最終的には、大きな空洞も、同じように爆発します。

それから、
ボ~~~ン!!! ボ~~~ン!!! ボ~~~ン!!!
と、大きく爆発するのです。

これが、「主要動(S波)」なのです。

f:id:tomaatlas:20190307152345p:plain


地震の正体は、これだったのです。
どうしてわざわざ、この話をするのかというと、「人工地震」を信じない人たちの多くが、

「あれだけ、大きなプレートが、人間の力で動かせるわけがない。どんな方法でも、人工で、あの巨大なプレートを動かすことは不可能だ」

と、思い込んでいるということに、気が付いたからです。


そもそも、「地震のメカニズム」の認識が間違っているのです。

プレートなど、ほとんど交差していないような、中国やアメリカなどの大陸でも、大きな地震は起こっています。

だから、「岩盤やプレートのズレ」というのは要因として、たまには、そういうケースもあるようなのですが、地震の根本的な原因ではないのです。

 

オマケの話をしておくと、こういう場面が、テレビのニュースで放映されますよね。

f:id:tomaatlas:20190307152359j:plain

 

f:id:tomaatlas:20190307152412j:plain

 
こういう「岩盤のズレ」が、地震の「原因」のような話を聞くことも、多いと思いますが、実際には、「岩盤のズレ」は、地震の「結果」みたいです。

地震の後に、「岩盤のズレ」が生じることが多いのです。

 
要するに、「東日本大震災」も間違いなく、「人工地震」による、「人工津波」が起こしたものだということです。

「自然の核爆発」で地震が起こるならば、「人工の核爆発」を使えば、地震を起こすことはできるということです。

現在では、その方法は、6種類くらいの方法がわかっています。

実際には状況に合わせて、これらの6つを組みわせて起こしているようです。


だいたい、自然の津波だったら、360度同心円状に津波は広がるはずです。

あの時の津波は、日本の東北地方だけの方向に狙い撃ちされています。

横須賀や沖縄、ハワイ、アラスカ、カリフォルニアなど、米軍基地があるところには、大きな波は、やってきていません。

どう考えても自然ではありません。

 

現在では、これらの証拠が、山ほど出てきています。

これもご自分で、検索して調べてください。

 
9年以上前の話を、蒸し返すようですが、もう一度言及しておきます。

「東日本大震災は間違いなく、人工地震による日本国民の大虐殺だった」

ということです。


わかっているだけでも、2万人近くの尊い命が犠牲になっています。

これをやったのは、前述したように、現在では、「カバール」などと呼ばれている組織です。

日本では、その部下や共犯者が、当時の政府などにたくさんいました。
その目的については、複数あったようです。

 

それらを、ごまかすためのダミーが、「福島第一原発」であり、一連の「放射能騒ぎ」です。

これも、複数の目的があったようですが、主な目的は、宮城県沖の海底で起こした「人工地震」で、凄まじい量の放射能が出て、これが日本列島の太平洋側の海岸を汚染したので、これをごまかすためだったと言われています。

この海底からの放射能を、原発のせいにしたということです。


あれから、9年以上たつのに、福島の放射能で死んだ人は、正式な発表では、とても少ないです。


テレビなどでも、「放射能」の話をほとんど毎日、9年以上もやっていますが、基本的に、どうでもいいことだから、メディアで取り扱うのです。

これは、「ダミー」なのです。

たしかに、福島県などの一部の地域は危ないかもしれませんが、大半は大丈夫だと思います。


特に、東京が危ないなんて考えられません。
東京には、天皇も住んでいるし、首相も大臣も住んでいます。

各国の大使館にも、外交官が住んでいます。

何よりも、CIAの日本支部が東京にあります。

 

一方では、津波によって、大勢の人命が失われたのは事実なのです。
いいですか?

ここが大切です。


ほんとんど人が死んでいない「原発」の問題など、どんなに追及されても、「カバール」などの関係者は、困らないのです。

失脚するだけだからです。

しかも、一生遊んで暮らせるだけの賄賂をもらているから、捕まってもなんともないのです。

刑期もたかがしれています。


しかし、「人工地震」に関わった関係者たちの罪状は、「殺人」、及び、「殺人教唆」です。

間違いなく、「死刑」の判決がでます。

だから、この関係者は、これを恐れて震えあがっているようです。

 
日本の政治家の中で、この世紀の大犯罪を追求しようとする人は、ほとんどいません。

私は、これを追求しない政治家やジャーナリストは、偽物だと思っています。

勉強不足か情報不足、もしくは工作員です。
何の罪もない、同じ日本人が、「人工地震」で、2万人近く殺されているんですよ!

どうして、こんな大事件に目をつぶって、見ないようにしているんですか?

 

 

予備知識が整ったところで、そろそろ、旅行記に入りますね。

 

今回の福島の調査では、どうしても、「福島第一原子力発電所」まで行き、ギリギリ近づけるところまで、自分の足で歩いていき、この身体で、その場所を体感したかったのです。

冒頭で書いたように、これからの時代は、ますます真偽のあやふやな情報が、飛び交います。

そういう時、一番頼りになるのは、自分の目で見たり、触ったりするという、五感での実体験になるのです。

 

最終日に、現地の方の案内で、悪名高き、その原発まで行ってきました。

近づいてきました。

三本の煙突のような建物が、目に留まりました。

f:id:tomaatlas:20200709221732j:plain

 

そのうちの一つの近くまで、車で行きました。

f:id:tomaatlas:20200709221755j:plain

 

原発に近づくにつれて、いろいろな看板が立っているのが、目に入ってきました。

f:id:tomaatlas:20200709221841j:plain

 

やはり、規制や監視が厳しいです。

私には、「危険」だというよりは、何か大切なものを、「隠蔽」するために、こういうことをやっているように感じました。

f:id:tomaatlas:20200709221905j:plain

 

ここまでが、近づける限界でした。

f:id:tomaatlas:20200709222251j:plain

 

何かの作業が行われていました。

f:id:tomaatlas:20200709222341j:plain

 

「双葉町役場」にも、立ち寄りました。

ここは、ゴーストタウンになっている町です。

f:id:tomaatlas:20200709221930j:plain

 

建物の玄関付近には、雑草が生えっぱなしです。

f:id:tomaatlas:20200709222003j:plain

 

誰も、この雑草を刈る人がいないのですね。

f:id:tomaatlas:20200709222132j:plain

 

敷地内には、震災の時間に、止まったままの時計がありました。

あの日から、ここだけ、時が止まっているようですね。

f:id:tomaatlas:20200709222059j:plain

 

とりあえず、記念撮影しました。

f:id:tomaatlas:20200709222026j:plain

 

この町の建物です。

この光景を見ると、なんともいえない気持ちが、胸にわきあがってきました。

f:id:tomaatlas:20200709222201j:plain

 

 

ここからが、本番です。

 

「東日本大震災」も「福島第一原発」も、現代における、「戦争」の一種です。

形態は変わっても、構造や目的は一緒です。

この視点から、もう一度、「戦争」というものを、考えてみましょう。

 

わかりやすいように、「東京大空襲」を例にあげます。

 

この空襲は、権力者たちのエゴや金儲けも、もちろんありますが、一方では、壮大なプロジェクトでもあったのです。

当時の日本、特に「東京」という街を、古い町並みから、新しい近代国家に造り変えるためでもあったみたいです。

 

「復興」するためのビジネスも、目的の一つだったということですね。

「復旧」ではなく、「復興」という表現が大切です。

「スクラップ&ビルド」という単語も、よく聞きますね。

破壊がなければ、再生もないという考え方です。

 

ウィキペディアでは、こういう説明です。

 

スクラップ&ビルドとは、老朽化して非効率な工場設備や行政機構を、廃棄・廃止して、新しい生産施設・行政機構におきかえることによって、生産設備・行政機構の集中化、効率化などを実現すること。
工場設備や行政機構などで、非能率的な設備や組織を廃棄して、新しい能率的なものに立て直すこと。
小売業界では、老朽化した店舗や小規模店舗を閉店し、同じ商圏で、大規模の新店舗に置き換えることを指す。

 

昔から言われてきたことですが、戦争の目的の一つには、こういう側面もあるのです。

昔から現在まで、

「こういう冷徹非情なことを、定期的にやらなければ、地球の文明は発展や進化をしない」

こう思っているグループがあるのです。

その一方で、

「今が幸せだったら、それでいい。人間は、自然との共生のほうが大切で、そこまでやってまで、文明を発展させる必要などない」

こう思っているグループもいます。

 

私のセミナーは、詳しく説明していますが、日本においては、前者が、「神武派」であり、後者が、「天照派」になります。

 

学校においても、受験勉強をガンガンにやって、競争して賢くなることが好きな生徒と、学園生活を楽しみ、異性とデートしたりして、青春を謳歌することが好きな生徒に、大きく二つに分かれますね。

 

サラリーマンでも、仕事をバリバリやり、出世して偉くなることが好きな人と、仕事は、生活費を稼ぐためだと割り切って、趣味を充実させて、ノンビリと楽しく毎日を生きたいという人に、分かれると思います。


会社の場合、前者のバリバリタイプが多くなると、殺伐として、金の亡者の集団になりやすいです。

反対に、後者のノンビリタイプが多いと、安定期はいいのですが、激動期や低迷期は、害悪になります。

こういうタイプが多い会社は、景気が悪くなったりすると、倒産してしまいます。

これは、どちらがいいという話ではなく、それぞれの生き方の問題なのです。

 

戦争などの大規模な話ではなく、私たちが、身近に見聞きすることでは、ニュースなどで報道される、「立ち退き」の問題があると思います。

ある町の商店街の人々が、その土地で、これから先も、ずっと商いを続けたいという主張に対して、政治家や大企業などの権力者たちが、

「ここは将来、駅ビル開発で、大型のショッピングモールを建設するから、数年以内に、立ち退いてください!」

こう命令して、その付近の住民たちと、裁判をしたりして争うことは、よくあります。

1980年代のバブルの頃は、地上げ屋という集団が、ダンプカーで、立ち退かない店などに突っ込んだりする、荒っぽい事件もよくありましたね。

 

基本的な話をしておきましょう。

中学生の頃、社会科の時間に、「日本国憲法」を学びますね。

その時に、「基本的人権の尊重」も知りました。

つまり、

「この土地で、平穏無事に、いつまでも幸せに暮らしたい…」

こういう願いをもっている人々を、強制的に排除するという行為は、憲法違反になるのです。

 

しかし、一方で、当時の教師から、このことも同時に教えてもらいました。

「公共の福祉」

こういう考え方です。

憲法には、このことも明記されているのです。

「状況によっては、大人数の利便性のほうが、少数の人々の幸せよりも、優先することもある」

ということです。

 

大昔から世界中で、こういう問題は常にあったと思います。

どんなに話し合っても、議論が平行線になるという状況になり、その街の全てが硬直状態になるということです。

大切なことは、

「人々は、その時に、どうしていたのか?」

ということです。

 

もちろん、話し合いで円満に解決できれば、それが理想です。

しかし、どうしても、人間同士では、解決できない問題が出てきた時に、人々は、

「苦しい時の神頼み」

これをやっていたのです。

そしてその時、その神頼みを聞いて、実行に移していたのが、どうやら、「アヌンナキ」の一族だったようなのです。

日本では、「アラハバキ」と呼ばれている神々です。

「荒くはばく」

こういう意味です。

「荒っぽく、掃除する」

これをやるのです。

多くなりすぎた人口を削減したり、不必要な建物などを、破壊するのが、これらの神々の役目みたいです。

 

彼らは、神々なので、冷静に客観的に、その状況を把握します。

そして、全ての人々の潜在意識や集合無意識を読み取ります。

それから、過去や未来の世界も、全て透視します。

最後に、最大多数の幸福を基準に、決断をして行動していたようです。

ほとんどの場合、その結果として、

「いったん、リセットする」

という結論になることが多かったようです。

つまり、ちゃぶ台返しのように、無茶苦茶にするのです。

そして、「スクラップ&ビルド」を、彼らの支配下にいるような権力者側の人間にやらせるのです。

 

人間ではなく、神々になったつもりで、視点を上げてみてください。

ここでいう神々とは、この世界を創造した究極の創造主ではありません。

そもそも、創造主は、スケールが大きすぎて、いちいち、人間にかまってはいられないようです。

この神々の定義は、人間よりも、ちょっとだけ進化しような先輩のような存在、「アヌンナキ」のことです。

 

ちょっとした、シミュレーションをしてみましょう。

「もしも、東京大空襲がなかったら、今頃、東京は、どんな街になっているのか?」

という脳内ゲームです。

 

私の個人的な推察です。

もしも、あの空襲がなかったら、今でも、戦前のままの町並みが、多く残っていたと思います。

人情味のある、温かい町並みだったかもしれません。

しかし、とても不便ですね。

f:id:tomaatlas:20191018172249j:plain

 

f:id:tomaatlas:20191018172155j:plain

 

現在の東京の街です。

空襲で、いったん、全てが更地になったからこそ、戦後の高度経済成長ができ、急ピッチでの復興作業ができたのだと思います。

f:id:tomaatlas:20191018172416j:plain

 

f:id:tomaatlas:20191018172355j:plain

 
こういう視点から見た場合、空襲の弊害もありますが、もしも空襲がなかったら、戦前のまま、時間が止まったような街になっていた可能性もあります。

つまり、

「日本が、先進国の仲間入りができなかった」
この可能性もあるのです。

もっと言います。

「それほど、文明が遅れた国だったら、当時の近隣諸国、中国や旧ソ連に、簡単に侵略されて、アメリカの占領下よりも、もっと酷い地獄になっていた可能性もある」

こういうことです。

ここまで考えたことがある人は、あまりいないと思います。

 

私たちの集合無意識は、どちらの街を、心の奥底で願っていたと思いますか?

おそらく、前者の「温かみはあるけど、不便で遅れた町並み」よりも、後者の「冷たいけど、便利で進んだ街並み」のほうを、神様にリクエストしていたと思います。

つまり、現在の大発展した東京の街を、私たちは、「神頼み」したということです。

 

昔は、ビル解体技術が未熟でした。

だから、空襲などによる破壊しか、方法がなかったのかもしれません。

現在は、1980年代から世界中で、とても進んだ巨大ビルの解体技術がでてきました。

だから今は、空襲などやる必要がないのです。

これの切り替わりの時期にやった、大規模なイベントが、「911」だったのです。

 

しかしここで、さらに重要なことは、

「では、目的のためなら、手段は選ばなくてもいいのか? たくさんの殺された人々は、どうなるんだ?」

こういう素朴な疑問が出てきます。

これに対する明確な答えなど、いまだにありません。

世の中には、こういう答えのない問題が山ほどあるのです。

 

もしかしたら、亡くなった人々の魂は、そのことに同意をして、完璧なタイミングで、亡くなったのかもしれません。

でもこれは、あくまでも、スピリチュアル的な仮説であり、検証したり実証することはできません。

 

これは、答えではありませんが、ヒントになるかもしれません。

「空襲も原爆も、やったのは人間ですが、これをさせていた存在は、人間ではない」

ということです。

これほど酷い所業は、「悪魔」にしかできません。

ただし、「悪魔」も「天使」も「神々」も「宇宙人」も、源は同じなのです。

 

ここでは、

「神々が、なぜそれほど、残酷なことが、平気でできるのか?」

これについて、書いておきますね。

この問題は、とても大切なことなのですが、なぜか、これについて言及する人が、ほとんどいないので、この機会に書いておきます。

 

名前のついている神々のほとんどは、肉体をもっていません。

いわゆる、霊体だったり、意識体だったり、光の存在だったりします。

だから、高尚なことが言えるのです。

彼らのメッセージを聞いていると、

「すべては完全です」

「すべての人を愛しなさい」

こういうことを言います。

 

耳障りがよくて、聞いていて癒される言葉ばかりですが、でも、肉体をもった私たちは、そういうわけにはいきません。

歯が痛いときに、

「全ての状況は完全です」

と言われても、

「いいから、早く、この痛みを治したいよ! そういうことは、治ってから考えるよ!」

嫌な相手から、顔面をガツンと殴られて、前歯を折られて、口から血がダラダラと流れている時に、

「全ての人を愛しなさい」

と言われても、

「この野郎!」

と叫んで、自分も相手に、一発殴り返さないと、腹の虫がおさまらないのが、人間なのです。

 

 誰も言わなかったことを、ここで言いますね。

「神々は、時によっては、とても鈍くて鈍感である」

こういうことです。

 

もっと言いますね。

「高次元の存在ほど、人間よりも劣っていて、バカな部分もある」

どうして、今までに、これを言う人がいなかったのか疑問です。

私は、スピリチュアルなことを学び始めて、30年以上になりますが、常に、こういう意見をもっていました。

どんなに凄い存在だろうが、その教えを鵜呑みにすることはなかったのです。

逆にだから、ここまで、活動が続けられたのかもしれません。

「神々の言うことは、素晴らしいが、全てを信じなくてもいい」

ということです。

 

ここに、パラドックスがあります。

「それほど、鈍くてバカな存在だからこそ、人間にできないことを、汚れ役として、遂行することができた」

という側面もあるのです。

 

これからの時代は、それまで神々がやっていたことを、人間もできるようになっています。

地震、火山の噴火、津波、台風、洪水、などなど。

現在は、人間の技術でもできるのです。

それほど、鈍感ではない人間には、ある意味、やる側の権力者たちは、苦痛なのかもしれません。

 

しかし、地球も、少しづつですが進化しています。

「スクラップ&ビルド」という作業も、時代とともに、ちょっとだけ、ましになり、穏やかにはなっているのです。

前述したように、「東日本大震災」では、多くの尊い命が、人工的な大津波で犠牲になっています。

一方で、それとセットのようになって起こった、「福島第一原発」の事件では、死者は、ほとんどいません。

 

「原発の爆破」も、「スクラップ&ビルド」だとしたら、この作業は、年々、どんどん、穏やかで平和的になっていると、解釈することもできます。

 

「広島」や「長崎」、「東京大空襲」のような大規模な破壊。

これは、街全体を破壊するような大規模な破壊でした。

多くの人々が逃げまどい、大量殺人でした。

 

それから、「ワールドトレードセンター」のような中規模な破壊。

これは、建物だけを破壊するような中期防な破壊でしたね。

死者も出ましたが、見方を変えると、その建物内にいた人々だけでした。

 

その後に行われた、「福島第一原発」のような小規模な破壊。

これは、ほとんど死人が出ていません。

 

そして、現在のコロナ騒動でも、同じように、東京や大阪など、大都市の経済を破壊するために、政治家とメディアが組んで、デマや嘘で、小さな店を潰そうとしていますが。

 

こららの一連の流れは、手段は違っても、構造と目的は同じです。

「破壊と再生」であり、「スクラップ&ビルド」なのです。

視点を変えると、なるべく人を直接は、殺さないようにして、古い町並みから、いわゆる、「スマートシティ」と呼ばれるような未来型の新都市に、生まれ変わらせようとしているのだと思います。

 

この未来都市への移行は、確実に進んでいるようです。

現在の都知事が、推進している、「ソーシャルディスタンスと」という運動も、人々の距離が、1メートル以上空いていないと、未来都市において、「顔認証」がやりにくくなるので、今のうちから、人々に、そういう習慣をするようにしておこうという意図があるそうです。

 

効率のいい街になるかもしっれませんが、なんか、面白みのない、殺風景な景色の街になるかもしれませんね。

 

こういう権力者たちの未来の計画は、もちろん、いいとはいいません、

悪いことであることに、変りはないのです。

しかし、他に手段があるのでしょうか?

今、こういう「破壊と再生」である、「スクラップ&ビルド」をやらないと、もしかしたら、未来に起こる大きな流れがあって、その潮流に巻き込まれて、日本が大変なことになってしまう可能性も、あるのではないでしょうか?

 

こういう問題には、全員が納得するような答えなどありません。

100人いたら、100通りの意見や答えがあると思います。

大切なことは、こういうことを、他の誰でもなく、自分の頭で考えて、自分なりの意見をもっておくということです。

 

繰り返しになりますが、こういう問題を語る場合に、必ず、高尚で素晴らしいことを言う人が、出てくるのですが、そういう人も、所詮は人ごとだと思っているから、そういうことが言えるのだということも、頭の隅っこに、常においておくといいと思います。

これが、いきなり、当事者になり、自分や家族が被害に遭ったり、苦しんだりしたら、そんな綺麗ごと、言ってられないのです。

これは、全ての問題について、言えることだと思います。

 

神々や宇宙人、それから、天使や妖精など、高次元の存在というのは、とても視点が広いです。

地球全体を眺めているし、過去や未来なども、全て見通せます。

そして、とても正確なメッセージを、伝えてきます。

それが、自分に直接来るようなインスピレーションだったり、チャネリングによるメッセージを、書籍やブログや動画などを通じて、届けたりしてきます。

 

その時に、気を付けななくてはいけないのは、これらの高くて広く、そして、正しいメッセージに、従う必要なないということです。

彼らのアドバイスは、あくまでも助言です。

命令権はないのです。

 

いい例え話があります。

車を運転している時に、「カーナビ」というのは、とても便利ですね。

それは、宇宙空間から、地球全体を眺めているからです。

とても高くて広い視野で正確です。

f:id:tomaatlas:20200804222730p:plain

 

しかし、

「あと、200メートル先を、左折して、高速道路に入ってください」

こういう指示が、アナウンスされても、別の従わなくてもいいのです。

f:id:tomaatlas:20200804222749j:plain

 

なぜならば、状況によっては、財布に現金が無くて、本心では高速料金を払いたくないとい思っているかもしれません。

もしくは、時間がかかってもいいから、ノンビリとクネクネと蛇行した、海岸線の道路を、潮風を感じながら、ドライブしたくなるかもしれません。

 

「高次元の存在」=「神々」

「低次元の存在」=「人間」

確かにこうなりますが、視点が高くて広いからと言って、偉いわけでもないし、命令権もないのです。

 

 

旅行記に戻ります。

 

私たちの車は、カーナビの情報を、尊重しながらも、その時々で、面白そうな神社が、カーナビの画面に映ったら、直感で、その神社に向かい、参拝するということも、よくやりました。

このスタイルを、

「行き当たり、バッチリ」

こう呼んでいます。

f:id:tomaatlas:20200709222408j:plain

 

「鹿島御子神社」という神社が気になったので、そこに行きました。

場所は、南相馬市鹿島区です。

f:id:tomaatlas:20200709222440j:plain

 

拝殿です。

福島の旅では、ここが最後の調査地になりました。

f:id:tomaatlas:20200709222703j:plain

 

境内にには、特別な石がありました。

これが、御神体だと思います。

f:id:tomaatlas:20200709222542j:plain

 

「要石」と書かれていました。

「鹿島神宮」以外にも、この石のある神社はあったのですね。

f:id:tomaatlas:20200709222820j:plain

 

この形にも、何か深い意味があるような気がしました。

f:id:tomaatlas:20200709222611j:plain

 

境内には、「聖徳太子」の石碑もありました。

太古の時代、ここにも、訪れていたのかもしれませんね。

f:id:tomaatlas:20200709222505j:plain

 

 

ふーっ、ようやく、最後まで書き上げました。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

そして、福島の旅行に、同行してくださった皆さん、お疲れ様でした。

とっても楽しい旅でしたね~!

特に、長時間の運転をしていただいた、すみりんに、スペシャルサンクスです。

 

いつも書いているように、ブログによる文字と写真だけでは、伝達するのに限界があります。

できれば、これ以上の詳しい内容は、ぜひセミナーを受けてくださいね。

読者の皆さんと、本音で全力で語り合うのが、毎回、最高に楽しいです。

 

8月2日(日)の東京セミナー、「悪の根源」の後の懇親会です。

f:id:tomaatlas:20200805023702j:plain

 

「地球平面説(フラットアース)」についても、引き続き調べています。

とても面白い話ですね。

f:id:tomaatlas:20200728152712j:plain

 

いったい、地球の本当の姿は、どうなっているでしょうね?

f:id:tomaatlas:20200728152638j:plain

 

この旅行記では、「福島県=フラットアース」というユニークな説を、初公開しましたが、この視点で見ると、「福島第一原発」の位置は、「南極点」になり、「南半球」になります。

ここでも、2011年に爆発がありましたが、つい最近でも、「郡山市」でも、爆発がありましたね。

ここは位置的には、「ヨーロッパ」になり、「北半球」になります。

この2発の爆発も、何か地球全体への影響を、与えるためだったかもしれません。

これについても、現在、調査中です。

そのうち、これらの意味も、解明できるかもしれません。

 

 

オマケの話です。

 

今回、旅していて感じたのが、個人の時代が、やってきているということです。

これは、特に、「福島第一原発」のエリアを調査している時に、強く感じました。

 

日本では、まだまだ、多くの人々が、「マスク」を付けていますね。

私から見れば、「マスク真理教」の信者で、不気味に見えるのですが、まあ、こういうのも、その人の自由なので、とやかくは言わないです。

しかし、もしも外したくなったら、周囲の目など気にせずに、外せばいいだけの話です。

「自分の頭で考え、自分で判断し、自分から行動する。そして、その行動の結果は、全て自己責任である」

これが、これからの新しい時代を生きてく時に、最重要な姿勢だと思います。

いい意味での「個人主義」じゃないと、これらは、生きていけないのです。

 

今回、「福島第一原発」に調査に行き、とてもよかったです。

「福島の放射能って、大丈夫なの?」

こう思って、いろいろなブログや動画で、情報集めをしている人たちに、一言いいたいです。

「自分で、直接、現地に行って、たしかめてきたら、いいじゃないですか。どうして、行かないんですか?」

現地にいけば、原発の付近で警備している人たちが、沢山いることがわかります。

そして、ほとんどの人が、普通の服装でマスクもしていません。

私なども、半日ほど、原発の近くにいましたが、どこも悪くなっていません。

それどころか、かえって体調が良くなったくらいです。

 

また、福島県では、3日間、現地の食材の料理を、毎日食べていましたが、とっても美味しかったです。

こういう体験は、インターネットに書いてあるような、どんな情報よりも貴重で価値のあるものです。

自分にとっては、それは、間違いなく真実だからです。

 

最後に、これも書いておきます。

政治家やメディアなどの権力者には、私たちを縛り付けるような権限も命令権もありません。

そして、さらには、神々や宇宙人などの高次元の存在でさえ、私たちに指図したり、命令することはできなのです。

なぜならば、私たちは、「自由意志」という素晴らしいものを、もっているからです。

それは、私たちが、「神」であることの絶対的な証拠なのです。

 

 

いつものように、恒例の締めの言葉です。

今回は、これだな!

 

 

「我思う、故に我在り」

by デカルト

「方法序説」

 

 

 

☆私の著書、「地球を創った魔法使いたち」の1巻~2巻も発売中です。
ぜひ読んでみたください。

https://tomaatlas.hateblo.jp/entry/2019/11/25/212315

 

 

☆記事の感想などは、下記のアドレスに、お気軽にメールくださいね。(お手数ですが、メルアドは、コピーして貼り付けてください)
toma_atlas@yahoo.co.jp

 

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 

☆ランキングにも、参加しています。

記事が面白かったら、応援クリックもお願いします。

 


スピリチュアルランキング

 


にほんブログ村

 

☆下記が、私のメインサイトの「精神世界の鉄人」のエッセイ集です。

不思議な体験談や精神世界の探求が、たくさん書いてあります。
現在は、ほとんど更新していませんが、遊びにいってみてくださいね。

http://www.tomaatlas.com/library.htm

 

 ☆フェイスブックもやっています。

www.facebook.com

 

☆インスタグラムもやっています。

www.instagram.com

 

 ☆ツイッターもやっています。

twitter.com

 

☆私が自信をもってオススメする、ヒーリンググッズの王様、「不思議なペンダント・アセンション」のサイトです。

http://triplehimawari.ocnk.net

 

☆個人セッションも、ぜひ体験してみてくださいね。

tomaatlas.hateblo.jp

 

福島アースツアー 6 トラベラー

福島の旅の続きです。

また最初に、おさらいをやっておきましょう。

 

何度も紹介している、「地上絵」の話題です。

地球上には、まさに、「神々の足跡」と呼んでもいいような痕跡が、無数にあります。

その中でも、日本列島の中に、山ほどある地上絵は、とても芸術性も高く、素晴らしいものばかりです。

この人工的な作品は、ウルトラ級のサイズなので、もちろん、人間には造ることは不可能です。

だから、正確には、「神工的」なものなのです。

日本列島だけでも、ここ数年の間に、私は、沢山の絵を発見しています。

 

そして、これは同時に、地球最大の秘密でもあるのです。

つまり、

「地球という惑星には、自然現象で造られたものなど、一つも無かった。全ては意図的に、何かの計画のために造られている。空も陸も海も、ちょうど箱庭のように、神工的なものであり、地球そのものが、宇宙ステーションのようなものである」

こういうことなのです。

 

 

大昔から、「人」と「龍」が一緒に飛んでいたという神話や伝説は、世界中にあります。

両者は、ずーっと一緒だったようです。

日本においては、「まんが日本昔はなし」のオープニングのテーマソングの時のアニメが、有名ですね。

f:id:tomaatlas:20200717230631j:plain

 

海外では、もう少しメカニックなイメージもあります。

つまり、「操縦士」と「龍型のスペースシップ」という場面が描かれた土偶が、世界中でたくさん見つかっているのです。

 

「人」と「龍」の合体したものは、太古の時代、地球の支配者だった二人の王なのです。

シュメールでは、「エンリル」と「エンキ」ですね。

狛犬の「阿」と「吽」でもあります。

この二人が合体した姿が、「阿吽の呼吸」だったのですね。(笑)

 

これらの絵は、宇宙考古学では、「古代の宇宙飛行士」と呼ばれています。

私は、「時空間トラベラー」と名付けています。

最近では、略して、「トラベラー」と呼んでいます。

f:id:tomaatlas:20200618091604j:plain

 

これも、有名な壁画ですね。

f:id:tomaatlas:20190320215350j:plain

 

現在では、お寺や神社にある手水舎が、「龍型のスペースシップ」を表しているようです。

f:id:tomaatlas:20190307153812j:plain

 

必ずしも、龍のような形のスペースシップとも、限らないようです。

他にも、ナマズのような姿だったりもします。

手に持っているのは、コントロールレバーかもしれません。

f:id:tomaatlas:20190307153745j:plain

 

龍が身体に巻き付いている場合もあります。

f:id:tomaatlas:20190307153620j:plain

 

龍と合体していることもあります。

f:id:tomaatlas:20190307153637j:plain

 

「モーゼ」が持っていた杖も、時々は、「龍(蛇)」になっていたそうですね。

f:id:tomaatlas:20190307153911j:plain

 

f:id:tomaatlas:20190307153830j:plain

 

いずれにしても、原則として、「人間+龍(蛇)」というのが、コンセプトですね。

 

 

長年、不思議に思っていた神獣がいます。

これです。

ご存知、「玄武」ですね。

f:id:tomaatlas:20190307154657j:plain

 

実はこの神獣、「人間型のパイロット」と「龍型のスペースシップ」が合わさった存在だと考えたら、謎が解けるのです。

「亀」=「宇宙飛行士」=「人間型のパイロット」=「エンリル」

「龍型のUFO」=「蛇」=「エンキ」

どうですか?

面白い仮説だと思いませんか?

 

もう一度、エジプトの絵です。

f:id:tomaatlas:20190426101927j:plain

 

滋賀県には、昔から、「人間型のパイロット」と「龍型のスペースシップ」が合わさった存在としての「玄武」を表現している祭があるのです。

f:id:tomaatlas:20190307154555j:plain

 

これは、「玄武」の意味だと思います。

f:id:tomaatlas:20190307154713j:plain

 

私は最初、この装置は、「ロケット」だと思っていたのですが、最近では、「パラレルワールド」を旅するための時空間移動装置だと考えています。

 

面白いのは、この「人間型パイロット」と「龍型スペースシップ」の合体の絵は、地球の歴史において、最重要らしく、地球全体に、その絵がたくさん描かれているのです。

その「神々足跡」を紹介しますね。

 

地球上で1番大きな絵で、ウルトラサイズの超巨大絵です。

数年前ですが、北海道大学の博物館を訪れた時に、巨大な地球儀が、自転のように回転しているのを見ました。

 

そして、しばらくしていたら、この中に描かれている、ウルトラサイズの絵に、気が付きました。

あまりにも、超超超の巨大さから、しばらく気が付きませんでした。

ここまでデカイと地上絵ではなく、地球絵ですね。

 

見てください!

日本列島から、伊豆諸島、小笠原諸島、北方領土、南西諸島まで、地球の女神である、「イナンナ」です!

「日本列島」は、まるで、女神のネックレスのように、首に巻き付いていますね。

f:id:tomaatlas:20190703020922j:plain

 

「日本海」が、顔になっています。

f:id:tomaatlas:20190703020944j:plain

 

その後に、気が付きました。

日本列島の正体は、「縄文のビーナス」だったのです!

そして、この土偶の正体は、「イナンナ」です。

お尻の可愛いさなど、ソックリですね~!

f:id:tomaatlas:20200617183747j:plain

 

それから、東南アジア全体は、「龍」です。
「台湾」が、エサみたいになっています。
「イナンナ」がエサで、「龍」を手なずけている絵が、日本と東南アジアです。

f:id:tomaatlas:20190703021044j:plain

 

海底にある「龍」の顔の絵がわかりますか?

f:id:tomaatlas:20190703021113j:plain

 

わかりやすいように、「龍」の横顔の部分を赤ペンで囲った画像です。 

f:id:tomaatlas:20190709203754j:plain

 

もう一度、この写真を見てください。

今度は、よくわかったと思います。

f:id:tomaatlas:20190703021148j:plain


女神が、ライオンや龍などの神獣を、手なずけている絵は、昔から世界中にありますね。

f:id:tomaatlas:20190705113054j:plain

 

さらに面白いのは、龍の下部のあたりは、「時空間のトラベラー」が描かれていることです。

f:id:tomaatlas:20190705003124j:plain

 

これです。

上記のニュージーランドのマオリ族に伝わる土偶と、ソックリですね。

f:id:tomaatlas:20190705113155j:plain

 

宅配スクーターですね。

f:id:tomaatlas:20190705113211j:plain

 

「フィリピン」という国の正体は、「トラベラー」だったのですね~!

f:id:tomaatlas:20200615203620p:plain

 

太平洋には、「イナンナ」が、「トラベラー」と「龍型のスペースシップ」を導いている絵が描かれているのです。

f:id:tomaatlas:20190705003145j:plain

 

もう一度、全部をまとめます。

 

 地球の女神である、「イナンナ」が、「エンリル(トラベラー)」と「エンキ(龍型のスペースシップ)」を手なずけたり、導いたりしているのが、「地球史」の真相だったと、地球絵に刻まれていたのです。

f:id:tomaatlas:20190709203815j:plain

 

 

では、これらの基礎知識を知ったうえで、旅行記に進みましょう。

先に結論から言いますね。

例の福島県の地図にも、「トラベラー」の絵が、描かれていました。

「エンリル」で、狛犬の「阿」の方の神様でもあります。

わかりやすように、赤ペンで補助線を描いておきます。

f:id:tomaatlas:20200729232033p:plain

 

「トラベラー(ピンク色の部分)」と「龍型のスペースシップ(黄色の部分)」、それぞれの「目」の部分を描いておきました。

 

もう一度、上記の絵を見てください。

「ちょっと濃い黄色の部分」がありますね。

何度か紹介していますが、これは、「仏像」の「留め金」です。

こちらも、おさらいしておきましょう。

 

京都の「清水寺」で見かけた、「阿弥陀如来」です。

こういう仏像を見た時に、全員が、

「仏様がいて、その後ろには、後光が輝いている様子を表現しているのだろうな…」

こう思って、眺めていると思います。

f:id:tomaatlas:20200618013757j:plain

 

しかし…

その常識は、真実なのでしょうか?

何でもそうですが、一度、全てを疑って、根本から視点や認識を変えると、見えてくるものがあります。

 

ある時に、頭に浮かんだのが、映画「マトリックス」でした。

ご存じのように、世界中で大ヒットした作品ですね。

ちなみに、あるサイトによると、この単語の意味は、こういう説明でした。

 

本来は、「子宮」を意味するラテン語であり、「 Mater母+ix」に由来する「Matrix」の音写で、英語では、「メイトリクス」。

「そこから何かを生み出すもの」を意味する。

「生み出す機能」に着目して、命名されることが多い。

また、子宮状の形状・状態に着目して、命名される場合もある。

映画では、コンピュータの作り出した仮想現実を、「MATRIX」と呼んでいる。

 

なるほど、ですね。

「子宮」という意味に納得です。

 

「悟りを開く」

というのは、

「時空間の差をとり、時間と空間から、自由になる体験」

こういうことだったのかもしれません。

 

そして、この装置に注目してください。

f:id:tomaatlas:20200606041255j:plain

 

背中には、コードを接続する穴が開いていましたね。

f:id:tomaatlas:20200618091220j:plain

 

この背中の装置で、「パラレルワールド」の体験をしていましたね。

f:id:tomaatlas:20200606041158p:plain

 

f:id:tomaatlas:20200606041139p:plain

 

この背中の穴は、縄文土偶にもあります。(やはり、ウルトラマンレオだよな~笑)

f:id:tomaatlas:20200618091400j:plain

 

宇宙服の背中に、コードを差し込む装置があります。

f:id:tomaatlas:20200618091432j:plain

 

だとしたら、彼らも、パラレルワールドを旅していた存在だったということです。(ウルトラセブンかな?笑)

f:id:tomaatlas:20200618091505j:plain

 

この土偶は、穴が二つあります。

f:id:tomaatlas:20200618091527j:plain

 

繰り返しますが、これは、パラレルワールドを旅する、「トラベラー」の土偶ですね。

f:id:tomaatlas:20200618091839p:plain

 

私の記憶では、映画の中で、こういう椅子のタイプで、「パラレルワールド」を体験する装置もあったような覚えがあります。

f:id:tomaatlas:20200606041217p:plain

 

不動明王の仏像です。

一般的には、後のものは、「炎」だと言われています。

f:id:tomaatlas:20200606040620j:plain

 

しかし、これは実は、「龍」なのです。

f:id:tomaatlas:20200606040650j:plain

 

「炎」だと思えわれていたものは、「エンキ」が変化した、「パラレルワールド」の装置だったのです!

 

他の仏像もそうです。

f:id:tomaatlas:20200606040636j:plain

 

この後ろの「後光」だと思われてたものは、全て、「パラレルワールドを旅する椅子」だったのです。

f:id:tomaatlas:20200606040718j:plain

 

飛行士が、座っているのは、特殊な椅子であり、「パラレルワールド体験」をしている様子だったのです!

f:id:tomaatlas:20200606040736j:plain

 

いつも、仏像を眺めるたびに、不思議だったのは、「後光」であれば、仏様と後光の間には、何も無くてもいいはずです。

f:id:tomaatlas:20200606040822p:plain

 

しかし、どの仏像も、横から眺めると、必ず、「留め金」がありますね。

実は、この部分が、最重要な箇所だったのです!

これは、「時空間移動装置」に接続するためのコードだったのです。

f:id:tomaatlas:20200606040837p:plain

 

ちなみに、最近気が付いたのですが、「仏」という文字を分解すると、

「仏」=「人」+「ム」

こうなりますね。

「人」は、「飛行士」で、「ム」というのは、「龍」の形をした装置の象形文字だったのではないでしょうか?

いや~、もう最高ですね~!

 

結論です。

清水寺の「阿弥陀如来」の正体です。

「時空間を自由に旅していた、トラベラー」

これが、あの仏像だったのです。

 

太古の日本には、こういう時空間を移動する、「トラベラー」たちが、大挙として押し寄せてきた、時空間の中心軸のような世界だったということです。

最高にロマン溢れる話ではないですか?

 

そして、この地上絵が、市町村を表現する地図に描かれている、「福島県」には、特に沢山の「トラベラー」が、いろいろな時代に、訪れていたということです。

 

 

話を戻します。

もう一度、「ちょっと濃い黄色の部分」に注目してください。

f:id:tomaatlas:20200729232049p:plain



「ちょっと濃い黄色の部分」=「鏡石町」

ここに相当しています。

地上絵を見ると、福島県内にある、この町が、「トラベラー」と「龍型のスペースシップ(時空間移動装置)」を繋げる、「留め金」になっているのです。

 

試しに、この町にある神社の一つに、調査に行きました。

「鏡石鹿嶋神社」という神社です。

拝殿の前には、「茅の輪」もありました。

「茅の輪」も、「パラレルワールド」を旅する、「スターゲート」だったかもしれませんね。

昔は、あちらこちらに、「トラベラー」がいたのだと思います。

f:id:tomaatlas:20200709212518j:plain

 

御祭神は、「武甕槌命」だそうです。

f:id:tomaatlas:20200709213003j:plain

 

わかりましたか?

そうです。

「トラベラー」です。

f:id:tomaatlas:20200709213027j:plain

 

境内には、「鏡石」と呼ばれている御神体がありました。

f:id:tomaatlas:20200709212833j:plain

 

「黒い球体」ですね。

「GANTZ」の球にも見えるし、「フラットアース」にも見えます。

あとは、古墳の形で言えば、「円墳」ですね。

いろいろな意味が含まれていると思います。

f:id:tomaatlas:20200709212739j:plain

 

写真も、パチリ。

「鏡石」=「留め金」

こういう意味だと思います。

「フラットアース(銅鏡)」でしたね。

その内部を旅する、「トラベラー」と「時空間移動装置」、この両者を繋ぐ、大切な「留め金」が、この町である、「鏡石町」なのだと、確信しました。

f:id:tomaatlas:20200709212810j:plain

 

どうですか?

宇宙考古学と地上絵から読み解く、「福島県」の秘密。

どんどん、謎が解けていきますね。

 

今回の旅で、一番感動した瞬間が、ここでした。

境内にある摂社です。

「朝日稲荷神社」という名前です。

f:id:tomaatlas:20200709212633j:plain

 

「朝」という文字を分解します。

「朝」=「十」+「月」+「十」+「日」

「十月十日」で、「生まれる」という意味です。

「人が母親の胎内にいる期間が書かれていて、朝を迎えるという」

こういう意味らしいです。

「毎朝は誕生である」

という意味です。

 

ここは昔、

「新しい世界に、トラベラーが生まれ変わって、出てくる空間」

こういう意味だったかもしれません。

f:id:tomaatlas:20200709212633j:plain

 

ここに祀られている、「鏡」を見て、思わず、

「うわ~~!!」

と大声を上げました。

f:id:tomaatlas:20200709213132j:plain

 

そうです。

これは、「地球平面説(フラットアース)」の地図の意味も、隠されていたのです。

 

隣に置いてあった酒の名前も、意味深でした。

f:id:tomaatlas:20200709213158j:plain

 

「心をもったまま、夢の世界にいる」

こういう意味だと思います。

つまり、

「パラレルワールド」

の意味なのです。

 

「鏡石町」の旗も、似たような形ですね。

凄い町ですね~!

f:id:tomaatlas:20200709200500j:plain

 

さらに境内には、不思議な旗もありました。

f:id:tomaatlas:20200709213414j:plain

 

最初の「厄を除く」の意味はわかりますが、「方位を除く」というのは、初めて見ました。

おそらく、

「ここの空間には、もう3次元的な意味の方向や方角など、存在しませんよ。ここからは、異次元の世界の入口ですよ」

こういう意味なのだと思います。

面白すぎますね~!

f:id:tomaatlas:20200728152653j:plain

 

 

「時空間移動装置」は、「古墳」でもあったかもしれません。

「古墳」というのは、複数の用途があったと思いますが、「トラベラー」たちの操縦室でもあったかもしれません。

ちょうど、漫画の「GANTZ」に出てくるように、球体の内部に入り込み、操縦するための空間でもあったかもしれないのです。

f:id:tomaatlas:20200701130520j:plain

 

f:id:tomaatlas:20200701130552j:plain

 

これは、奈良県の「キトラ古墳」ですが、この内部に描かれていた絵などを見ても、「トラベラー」が、ここに入って、無限の宇宙を旅行していた可能性を、感じますね。

f:id:tomaatlas:20200804043422p:plain

 

内部です。

f:id:tomaatlas:20200804043500p:plain

 

模式図です。

f:id:tomaatlas:20200804043342p:plain

 

これはイメージですが、内部には、こういう感じで、宇宙が描かれていたそうです。

f:id:tomaatlas:20200804043403p:plain

 

この古墳の形は、いわゆる、「円墳」ですが、この中には、小型の「地球」があり、その人の望む、「パラレルワールド」の世界へ行くことができ、いろいろな体験ができる装置だったのかもしれません。

 

さらに、創造を広げると、「古墳」というのは、ご存じのように、いろいろな大きさや形があるのですが、バスとタクシーのように、大きいサイズのものは大人数用で、小さいサイズのものは少人数用だったかもしれません。

また、「前方後円墳」は、遠くの宇宙まで行くための装置で、「円墳」は、地球内を移動する装置、こういう違いがあったのかもしれません。

いろいろ空想を膨らませると、楽しいですね。

 

 

今回の調査旅行では、「大安場古墳群」にも立ち寄りました。

ここも、行きたかった場所で、ようやく念願が叶いました。

場所は、 福島県郡山 田村町です。

 

着きました。

普通は、「古墳」というのは、平地になることが多いのですが、ここは、なぜか、岡の上にあります。

f:id:tomaatlas:20200709203717j:plain

 

案内版です。

f:id:tomaatlas:20200709202716j:plain

 

久しぶりに、大好きな「前方後円墳」を前にして、ワクワクしました。

f:id:tomaatlas:20200709203808j:plain


皆で、上までのぼりました。

f:id:tomaatlas:20200709203841j:plain

 

デカイです。

そして、美しい形をしています。

f:id:tomaatlas:20200709203106j:plain

 

記念撮影しました。

背後には、凄く強いエネルギーを感じる雲が出ていました。

f:id:tomaatlas:20200709202852j:plain

 

最初はここが、メインだと思っていたのですが、隣の「円墳」に目が留まり、そこにも行きました。

f:id:tomaatlas:20200709203038j:plain

 

こちらの方が、凄まじいエネルギーを放出していることがわかりました。

f:id:tomaatlas:20200709202918j:plain

 

同行したメンバーたちも、

「凄い!」

と叫んで、大はしゃぎでした。

ここでも、写真を撮りました。

f:id:tomaatlas:20200709203137j:plain

 

 

福島の旅では、もう一つの古墳にも、立ち寄りました。

いわき市にある、「大國魂神社」です。

f:id:tomaatlas:20200709221511j:plain

 

見てください。

こちらにも、「半球」の形をした石が置いてありました。

f:id:tomaatlas:20200709221445j:plain

 

今までに気に留めたことが、なかったのですが、これは、「フラットアース)」の意味だったのですね。

f:id:tomaatlas:20200709221406j:plain

 

境内には、こういう意味深な石もありました。

「GANTZ」の球体ですね。

f:id:tomaatlas:20200709221114j:plain

 

記念撮影です。

f:id:tomaatlas:20200709221135j:plain

 

拝殿です。

f:id:tomaatlas:20200709221159j:plain

 

この拝殿に対して、90度の方向に、「円墳」がありました。

本当の御神体です。

f:id:tomaatlas:20200709221053j:plain

 

ここも、「パラレルワールド」を旅する、「トラベラー」の中継地点だったかもしれません。

f:id:tomaatlas:20200709221625j:plain

 

上の方には、意味深な祠もありました。

f:id:tomaatlas:20200709221649j:plain

 

 

この古墳探索の後、「開成山大神宮」にも、立ち寄りました。

伊勢神宮の分霊が奉納されているため、「東北のお伊勢さま」とも呼ばれているそうです。

f:id:tomaatlas:20200709203556j:plain

 

入口です。

f:id:tomaatlas:20200709203413j:plain

 

「茅の輪」です。

f:id:tomaatlas:20200709203442j:plain

 

境内には、「聖徳太子」もいました。

この人物も、間違いなく、「トラベラー」ですね。

f:id:tomaatlas:20200709203518j:plain

 

ちなみに、「聖徳太子」も、当時、「地球儀」を制作していたようです。

やはり、完全な球体ではないですね。

f:id:tomaatlas:20200804130946p:plain

 

最高に面白いですね~!

 

 

繰り返しになりますが、「福島県」を、「フラットアース」の地上絵だとした場合、「南極」に当たるのは、福島県の「海岸」になりましたね。

詳細は割愛しますが、いろいろ調べたところ、その中でも、「双葉町」のあたりが、「南極点」になるようです。

そうです。

「福島第一原子力発電所」のある所です。

「地球」の「南極」に当たる最重要箇所を、2011年3月に、爆破した存在たちがいたということです。

 

 

次回、「福島アースツアー」、感動のフィナーレです。

 

 

 

☆私の著書、「地球を創った魔法使いたち」の1巻~2巻も発売中です。
ぜひ読んでみたください。

https://tomaatlas.hateblo.jp/entry/2019/11/25/212315

 

 

☆記事の感想などは、下記のアドレスに、お気軽にメールくださいね。(お手数ですが、メルアドは、コピーして貼り付けてください)
toma_atlas@yahoo.co.jp

 

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 

☆ランキングにも、参加しています。

記事が面白かったら、応援クリックもお願いします。

 


スピリチュアルランキング

 


にほんブログ村

 

☆下記が、私のメインサイトの「精神世界の鉄人」のエッセイ集です。

不思議な体験談や精神世界の探求が、たくさん書いてあります。
現在は、ほとんど更新していませんが、遊びにいってみてくださいね。

http://www.tomaatlas.com/library.htm

 

 ☆フェイスブックもやっています。

www.facebook.com

 

☆インスタグラムもやっています。

www.instagram.com

 

 ☆ツイッターもやっています。

twitter.com

 

☆私が自信をもってオススメする、ヒーリンググッズの王様、「不思議なペンダント・アセンション」のサイトです。

http://triplehimawari.ocnk.net

 

☆個人セッションも、ぜひ体験してみてくださいね。

tomaatlas.hateblo.jp

 

福島アースツアー 5 北極点

前回の続きです。

 

「福島県」=「地球」

こうなっていましたね。

「福島」とは、実は、「地球の縮図」だったのです。

これを、さらに詳しく見ていきましょう。

 

ちなみに、「縮図」という単語の意味をネットで調べると、

「原形の寸法を一定比で縮小して描いた図」

「現実の様相を、規模を小さくして端的に表したもの」

こう説明されています。

「社会の縮図」という表現がありますが、まさに、「福島」こそ、現在の地球の縮図」だったのです。

 

これを見てください。

「地球」の大陸を合わせると、「日本列島」になります。

f:id:tomaatlas:20200803055004j:plain

 

いろいろな見方ができますが、私には、この大陸を組み合わせた地図の「日本」に、相当する地域が、「福島県」に感じます。

f:id:tomaatlas:20200803191700p:plain

 

しかも、もっと細かく見ると、「阿武隈高地」や「海岸線」のあたりが、「日本列島」になるような気がします。

f:id:tomaatlas:20200803191719p:plain

 

この「海岸線」の中心あたりに、「双葉町」があり、有名な「福島第一原子力発電所」もあります。

そうなのです。

相似形であり、シンクロしているのです。

 

2011年の3月に起こった、「東日本大震災」と「原発の爆発」、これらのダメージにより、ここは、立ち入りが困難な場所になり、現在でも、規制が厳しく、付近住民たちは、不自由な生活を強いられています。

それから、9年後、「日本列島」が、全て、連日の「コロナ騒動」により、全国的に、規制が厳しくなり、日本人のほとんどが、半強制的にマスクを付けさせられて、不自由な生活を強いられています。

それどころか、現在では、「地球」の全体で、世界中の人々が、不自由な生活を強いられています。

「福島県」で起こったことが、「日本」で起こり、それから、「地球」に起こっているのです。

こういう「縮図」になり、「相似形」になっている土地は、他にも、日本中に、いくつかありますが、「福島」も、そうみたいです。

 

だとしたら、「福島県」から良くなれば、その光の輪は、「日本」に波及して、最終的には、「地球」も良くなるということです。

今回の福島旅行では、そういうことも考えながら、皆で調査しました。

 

 

「福島県」が、「地球平面説(フラットアース)」の縮図なのですが、傑作なのは、福島の土地に、いろいろなメッセージが、暗号のように隠されていたのです。

 

ここで、また、おさらいしましょう。

 岐阜県の「位山」には、不思議な御神体があります。

f:id:tomaatlas:20200723175655j:plain

 

この黒い球体の正体に最近、気が付きました。

前回の記事でも書きますしたが、再度紹介します。

漫画の「GANTZ」に出てきた、球体です。

f:id:tomaatlas:20200723175804j:plain

 

パラレルワールドを旅する装置ですね。

f:id:tomaatlas:20200723175903j:plain

 

この御神体の両脇には、これまた不思議な狛犬がいます。

「パラレルワールド」を旅するトラベラーたちを管理したり、見守っている存在だと思います。

「エンキ(宇賀神)」です。

f:id:tomaatlas:20200723175633j:plain

 

今年の6月に新発見したのですが、福島の土地には、この神様もいたのです。

これは、ほとんどの地図に、必ず描かれている、「方角のシンボル」ですね。

左側には、「N」の文字がありますね。

そして、右側には、「4」と「十」があり、合わせて、「40」のナンバーになるのが、わかりますか?

f:id:tomaatlas:20200803040049j:plain

 

ちなみに、シュメール神話においては、「N」という文字は、「エンキ」のシンボルの形です。

さらに、「エンキ」のシンボルのナンバーは、「40」です。

f:id:tomaatlas:20200803040102j:plain

 

つまり、この「地球」という惑星において、「方角」というのを創造して、設計や建築をした神様は、「エンキ」だということです。

神社の狛犬では、「吽」にあたる神様です。

 

もう一度、「地球平面説」の地図です。

f:id:tomaatlas:20200801211957j:plain

 

その縮図である、「福島県」の地図です。

「赤丸」の近辺が、有名な「磐梯山」のある、だいたいの位置です。

f:id:tomaatlas:20200803201009j:plain


ここで、「磐梯山」のちょっと北のあたりに注目してください。

白い部分が、「桧原湖」などの湖です。

この近辺に、「五色沼」もあります。

f:id:tomaatlas:20200803040136p:plain

 

わかりましたか?

「桧原湖」です。

f:id:tomaatlas:20200709201702j:plain

 

そうです。

この湖の正体は、

「エンキ(宇賀神)」の頭部だったのです。

f:id:tomaatlas:20200701132628j:plain

 

まとめます。

この辺りのエリアの解説をしますね。

まずは、

「方角のシンボル」=「エンキ(宇賀神)」=「桧原湖」+「秋元湖」

そして、この「エンキ(宇賀神)」が、大切に守っている、5つの玉、つまり、5つの「ドラゴンボール」にあるのが、「五色沼」だったのです。

f:id:tomaatlas:20200803202249j:plain

 

この湖にも、向かいました。

神秘的な湖です。

f:id:tomaatlas:20200709202111j:plain

 

地図です。

「山神社」という湖底に沈んでいる神社もありました。

まさに、「水神」や「蛇神」とも呼ばれている、「エンキ」の象徴ですね。

f:id:tomaatlas:20200709201954j:plain

 

 「エンキ(宇賀神)」の頭部に相当する位置には、「五輪の塔」という石碑もありました。

この石像は、「エンリル」だと思います。

狛犬の「阿」の神様です。

 

f:id:tomaatlas:20200709201925j:plain

 

こういう石像もありました。

f:id:tomaatlas:20200709201852j:plain

 

この後、「五色沼」にも行きました。

「毘沙門沼」という看板もありました。

ちなみに、七福神の中の「毘沙門天」の正体も、「エンキ」です。

見事に繋がりました。

f:id:tomaatlas:20200709202319j:plain

 

綺麗な沼です。

ここには、5種類の沼があり、それぞれ色が違うそうです。

f:id:tomaatlas:20200709202416j:plain

 

ここには、「♡(ハート)」の模様のある鯉がいるそうです。

f:id:tomaatlas:20200709202443j:plain

 

沼の入り口には、神社もありました。

f:id:tomaatlas:20200709202135j:plain

 

屋根の上の「黒い球体」が気になりました。

「GANTZ」の玉ですね。

「フラットアース」にも見えました。

f:id:tomaatlas:20200709202219j:plain

 

凄いですね~!

再度まとめます。

この辺りのエリアは、「桧原湖」+「秋元湖」が、「エンキ(宇賀神)」であり、「フラットアース」の地上絵では、「方角のシンボル」が描かれていたのです。

 

 

では、この地図の中では、「北極」に当たる所は、どこでしょうか?

 「福島県」の土地名には、「地球」の地図だという視点で見れば、辻褄が合うものが、たくさんあります。

 

まず、「北半球」でもあり、「北極」の意味の街は、すぐにわかりました。

ここです。

ハイ!

「喜多方市」ですね。

もちろん、「北方」の意味です。

 

そこにある、「新宮熊野神社」に行きました。

場所は、福島県喜多方市慶徳町新宮字熊野です。

不思議な形の注連縄ですね。

f:id:tomaatlas:20200709210209j:plain

 

もうわかりましたね。

旅行記の最初の方で書いた、「補陀落渡海」に関係している神社です。

熊野から小舟でやってきた、「天照派」の人々が辿りつき、拠点にした土地です。

この注連縄の形は、もちろん、「補陀落渡海」の「小舟」ですね。

 

ここは以前から行きたかったのですが、念願かなって、ようやくの参拝になりました。

f:id:tomaatlas:20200709210230j:plain

 

狛犬は、「狛球」でした。

よく見ると、「半球」になっています。

これも、「フラットアース」の意味かもしれません。

f:id:tomaatlas:20200709210416j:plain

 

f:id:tomaatlas:20200709210444j:plain

 

重要文化財に指定されている、「熊野神社長床」と呼ばれている拝殿もあります。

f:id:tomaatlas:20200709210302j:plain

 

もしかしたら、

「長床」→「ながとこ」→「ナーガ(蛇神)の所」

この意味かもしれません。

もちろん。「エンキ(宇賀神)」のことです。

 

貫禄がありますね。

f:id:tomaatlas:20200709210513j:plain

 

f:id:tomaatlas:20200709210540j:plain

 

f:id:tomaatlas:20200709211005j:plain

 

境内の奥には、本宮・新宮・那智の熊野三山も祀られています。

f:id:tomaatlas:20200709210835j:plain

 

そうなのです。

この土地が、地球における、「北極」なのです。

「喜多方」の意味は、「北方」だったのです。

 

 

では、この地図において、最重要な「北極点」は、どこなのでしょうか?

車で走ったり、いろいろ調べているうちに、すぐにわかりました。

それは、「福島県」の最大の山でした。

そうです!

「磐梯山」だったのです!

 

どうして、そう思ったかというと、名前です。

漢字を調べたら、こういう説明でした。

 

「磐」の意味です。

f:id:tomaatlas:20200803212713p:plain

 

見てください!

「どっしりと平に大きくすわった石。いわお。平らに広がる。平らに円をかく。ぐるぐるまわる」

こう書かれていますね。

これは、まさに、

「この山を中心にして、平面の地球が、ぐるぐる回転している」

こういう意味ではないでしょうか?

 

さらに、「梯」という文字です。

f:id:tomaatlas:20200803212316p:plain

 

「大地を覆う木」

この表現は、超巨木である、「世界樹」を連想させます。

そして、

「矛になめし皮を、順序良く、螺旋形に巻き付けた形」

 とは、二重螺旋構造である、「DNA」や「エンキ」を思いうかべますね。

さらに、最初の頃の旅行記で紹介した、「栄螺堂」も、思い出しました。

 

もしかしたら、太古の昔、「磐梯山」は、地球の縮図である、この土地に、「世界樹」として、聳え立っていた、超巨木だったかもしれません。

 

結論です。

「磐梯山」=「北極点」

こうなるのです。

この山の正体は、地球の頂点だったのです。

 

ドライブ中に撮影した、「磐梯山」の写真です。

f:id:tomaatlas:20200709204229j:plain

 

いや~、もう最高ですね。

「福島県」、凄すぎますね~!

 

 

次回の旅行記も、お楽しみに!

 

 

 

☆私の著書、「地球を創った魔法使いたち」の1巻~2巻も発売中です。
ぜひ読んでみたください。

https://tomaatlas.hateblo.jp/entry/2019/11/25/212315

 

 

☆記事の感想などは、下記のアドレスに、お気軽にメールくださいね。(お手数ですが、メルアドは、コピーして貼り付けてください)
toma_atlas@yahoo.co.jp

 

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 

☆ランキングにも、参加しています。

記事が面白かったら、応援クリックもお願いします。

 


スピリチュアルランキング

 


にほんブログ村

 

☆下記が、私のメインサイトの「精神世界の鉄人」のエッセイ集です。

不思議な体験談や精神世界の探求が、たくさん書いてあります。
現在は、ほとんど更新していませんが、遊びにいってみてくださいね。

http://www.tomaatlas.com/library.htm

 

 ☆フェイスブックもやっています。

www.facebook.com

 

☆インスタグラムもやっています。

www.instagram.com

 

 ☆ツイッターもやっています。

twitter.com

 

☆私が自信をもってオススメする、ヒーリンググッズの王様、「不思議なペンダント・アセンション」のサイトです。

http://triplehimawari.ocnk.net

 

☆個人セッションも、ぜひ体験してみてくださいね。

tomaatlas.hateblo.jp

 

福島アースツアー 4 地球平面説

ここから、一気に佳境に突入します。

急激な衝撃に備えて、シートベルトの着用をお願いします。(笑)

 

数年前から、一部のマニアの間で、話題になっている、「地球平面説(フラットアース)」について、考えてみましょう。

太古の昔は、こちらのほうが主流でした。

いわゆる、地球が静止していて、天が動いているという、「天動説」ですね。

一方で、地球が球体で、地球が動いているという、「地動説」は、比較的最近で、まだ、数百年の歴史です。

 

これには、いろいろな解釈ができるようです。

「そもそも、宇宙には、絶対的な中心などないので、どちらも正しい」

という考え方もあるようです。

どちらか片方だけに決めるよりも、こちらの宇宙観のほうが、柔軟性があるような気がします。

 

私も現在、調査中で結論は出ていませんが、今の時点では、この両方正しいというポジションで、考えています。

宇宙の全てを、実際に調査してまわった人間など、ほとんどいないと思うので、わからないというのが、ほとんどの人の正直な感想だと思います。

私も、直接、地球全体もそうだし、宇宙全体など、歩いてまわったことがないので、わかないのです。

 

そもそも、私たちの住んでいる、「地球」という学びの場は、「惑星」です。

これは、

「惑わされる星」

という意味です。

つまり、

「考えれば考えるほど翻弄され、何が何だか、サッパリわからなく所」

こういう場所なのです。(笑)

 

結論だけ言うと、スピリュアル業界で、最近流行っている、「パラレルワールド」という概念をいれると、少しだけイメージができます。

つまり、この世界そのものが、私たちの意識が創り上げた、想像の世界であり、夢の世界のような幻だという世界観です。

これだと、そもそも、夢の世界なので、正解などありません。

全て主観の世界であり、100人いたら、100人の世界があり、どの世界も、その人にとっては、全て正しいという結論になるのです。

f:id:tomaatlas:20200801050708p:plain

 

もしかしたら、

「ある時は、球体になり、またある時は、平面になり、その人のイメージに合わせて、球体だと思えば、球体になり、平面だと思えば、平面になる」

こういう収縮自在であり、千変万化するような不思議な生命体、それが、私たちの「地球」という存在なのかもしれません。

 

 

では、頭を思いっきり柔軟にしながら、この未知の宇宙観を考えてみましょう。

まずは、ウイキペディアによる、説明を読んでみましょう。

だいたい、こういう内容です。

 

「地球平面説」とは、地球の形状が平面状・円盤状であるという宇宙論である。

古代の多くの文化で、地球平面説がとられており、そのなかには古典期に入るまでの、ギリシャ、ヘレニズム期に入るまでの近東、グプタ朝期に入るまでのインド、17世紀に入るまでの中国がある。

地球平面説の典型的には、ネイティブアメリカンの文化でも受容されており、「逆さにした鉢のような形状の天蓋が、かぶさった平面状の大地」という宇宙論は、科学以前の社会では一般的であった。

地球球体説というパラダイムは、ピュタゴラス(紀元前6世紀)によって、生み出されてギリシャ天文学において発展したが、ソクラテス以前の哲学者は、ほとんどが地球平面説を維持していた。

紀元前330年頃に、アリストテレスが、経験的見地から地球球体説を採用し、それ以降ヘレニズム時代以降まで、地球球体説が、徐々に広がり始めた。

コロンブスの時代のヨーロッパでは、教養人も地球平面説を信じており、コロンブスの世界一周航海によって、それが反証されたと言われている。

 

こういう流れだったのですね。

なるほど、ですね。

 

 

スピリチュアルなことが好きな友人たちとも、お茶しながら、たまに、これについて語りのですが、皆で話すことで、こういう話があります。

悟りを開いた人たち、聖者と言われている人たち、瞑想をおこなう人たちなど、ほとんどの人たちの意見で、共通するのは、「静けさ」です。

瞑想中に、

「地球が、凄いスピードで、グワ~と、自転や公転で動いているのを感じた!」

こういうことを言う人は、あまりいません。

皆、

「穏やかで静かな世界だった」

こういう感想が多いです。

このことからも、私たちの住んでいる、この惑星、「地球」は、原則として、

「静止している」

というふうに、認識してもいいのではないでしょうか?

 

科学的な観点からも、考えてみましょう。

「地球平面説(フラットアース)」を支持する学者たちは、最近、世界中で増えているようです。

既存の「地球球体説」でも、天文学的には、いろいろな説明ができ、辻褄も合います。

その一方で、「地球平面説」でも、いくつかの疑問が説明できるし、辻褄が合うのです。

 

その科学的な根拠は、たくさんあるようなのですが、私が面白いと思ったものを、いくつか紹介します。

まず、わりと古くから考えられている、「地球平面説」の地図です。

f:id:tomaatlas:20200701140014j:plain

 

そして、現在の「地球平面説」で考えられている、「地球」の姿です。

真ん中の白い部分が、「北極」や「グリーンランド」の氷です。

そして、周囲を取り囲んでいる白い部分が、「南極」なのだそうです。

f:id:tomaatlas:20200801050538j:plain

 

「地球平面説」の地図は、「国連」のシンボルにも使用されています。

f:id:tomaatlas:20200701125302p:plain

 

なんと、アメリカなどの軍事会議では、この地図が使用されているのだそうです。

この写真は、オバマ前大統領が、会議している場面みたいです。

f:id:tomaatlas:20200801050525j:plain

 

「この地図、他にも、どこかでも見たけど、どこだったかな?」

こう思っていたら、ある日、わかりました。

日本の首相官邸の庭にも、大きな石が、置かれていますが、これも、そうかもしれません。

f:id:tomaatlas:20200701135941p:plain

 

なかなか、上空からの写真がないのですが、ある漫画に、こう描かれていました。

どうですか?

「地球平面説」の地図に、似ていませんか?

f:id:tomaatlas:20200701135835p:plain

 

海外旅行が好きな人たちに、話を聞くと、

「どこかの国に行くときに、思っていたよりも、早く着いたり、逆に、なかなか着かなかったりして、時間と距離の感覚が、狂ってしまうこともある」

こういう感想を言う人たちもいました。

 

これは、私たちが、普段使っている地図が、「地球球体説」をベースに作られたもので、実際の地球は、「地球平面説」だから、こういう誤差が生じるという説もあります。

 

たとえば、南半球の国から南半球の国に、飛行機で移動する場合、直接の航路は少ないそうです。

ほとんどが、一旦、北半球の国の空港に行き、そこを経由したり、乗り継いだりしてから、渡航するようです。

f:id:tomaatlas:20200801052223j:plain

 

これは、実は、このほうが、距離が短く、効率がいいからなのだそうです。

その根拠が、「地球平面説」だというのです。

たしかに、もしも、そうだったら、こちらのほうが、ほぼ直線になり近いですね。

f:id:tomaatlas:20200801052234j:plain

 

こちらもそうですね。

f:id:tomaatlas:20200801052247j:plain


もしも、この説が、本当だとすれば、世界中の航空会社に勤めている、パイロットたちは、この事実を知っていて、飛行機を操縦しているということになります。

これは、世界がヒックリ返りますね。

 

「地球平面説」によると、地球は周囲を、南極大陸の分厚い氷の山が、取り囲んでいて、そこが、この世の果てだという意見もあるそうです。

f:id:tomaatlas:20200801052319j:plain

 

たしかに、南極の氷の山は、謎が多いですね。

f:id:tomaatlas:20200801052356j:plain

 

「地球平面説」を主張している学者たちは、

「南極点に行けば、その謎が解ける。そこに立ってみてください」

こう言っているそうです。

しかし、いろいろな事情で、なかなか、南極点まで行くのは、難しいみたいです。

f:id:tomaatlas:20200801052343j:plain

 

「南極点」に立ち、方位を測ろうとすると、地球の全ての方向は、「北」を指すという奇妙な状態になるそうです。

f:id:tomaatlas:20200801052331j:plain

 

「地球平面説」も、一枚岩ではなく、学者たちよっても、いろいろなイメージがあり、それぞれが、微妙に違う地球像みたいです。

私が現在、理解しているイメージだと、「平面」というよりは、天空を含めて、「半球」のようなイメージで認識しています。

f:id:tomaatlas:20200801052409j:plain

 

昔の漫画、「AKIRA」でも、似たようなシーンが出てきましたね。

f:id:tomaatlas:20200709223137p:plain

 

これも漫画ですが、「GANTZ」に登場する、「黒い球体」にも似ていますね。

f:id:tomaatlas:20200701130503j:plain

 

f:id:tomaatlas:20200701130535j:plain

 

 

あとは、「地球平面説」の中には、「平面」だけではなく、「円盤状」というイメージもあります。

たしかに、現在天文学でも、「銀河系」などは、「球体」ではなく、「円盤状」だと認識されています。

こちらのほうが、宇宙においては、自然な形なのかもしれません。

f:id:tomaatlas:20200801203415j:plain

 

「地球平面説」を主張する学者の中には、

「地球の外の空間には、星などない。実は、星空にある星々は、プラネタリウムで上映されているようなホログラムのようなものである」

こういう意見を述べる人もいるそうです。

もしも、そうであれば、今までの宇宙論は、本当に、根底から見直さなくてはいけなくなります。

何よりも、

「もしかしたら、宇宙においては、星は、地球だけだった」

この可能性まで出てきたのです。

これは、あまりにも寂しい宇宙観ですね。

f:id:tomaatlas:20200801052208p:plain

 

そういうことを考えていた、ある日のこと、ふっと面白い考えが閃きました。

思い出したのは、古代史マニアの間では、有名な話ですが、日本の三種の神器の中の、「銅鏡」に関する、面白い仮説でした。

 

実は、「銅鏡」のほとんどには、反対側は、ツルツルの鏡のような面ですが、反対側には、方角を現す、玄武や青龍、白狐、朱雀などの神獣の絵が刻まれていたりします。

f:id:tomaatlas:20200801050631p:plain

 

驚いたことに、この真ん中に描かれている、取っ手のような部分にある、錆のような模様が、最重要で、これは、実は、地球儀だったようなのです。

しかも、前述した地図のように、北極を中心にして描かれた、まさに、「地球平面説」の地球儀なのです。

f:id:tomaatlas:20200801050618j:plain

 

この時に、私が気が付いたのは、

「これは、もしかしたら、地球儀ではなく、宇宙儀なんじゃないか?」

ということでした。

 

つまり、半球状の地球の周囲が、比較的狭い、太陽系なんじゃないかということです。

f:id:tomaatlas:20200801050603j:plain

 

そして、確かに、星々はつくられたホログラムかもしれませんが、星がないのではなく、この「宇宙儀」である、半球状の地球と宇宙が、無数に、存在しているというこかもしれません。

f:id:tomaatlas:20200801051202j:plain

 

だとしたら、これが、無限に存在している、「パラレルワールド」だということになります。

そして、この無数に存在している宇宙を、毎瞬毎瞬、無意識的に移動しているのが、人間という存在なのかもしれません。

f:id:tomaatlas:20200801205454j:plain

 

こちらのほうが、凄くないですか?

つまり、

「宇宙に、無限の星々が存在している」

という宇宙観ではなく、

「無限の宇宙が、存在している」

こういう新しい宇宙観です。

 

 

では、いよいよ、本番に入ります。

心の準備はいいですか?

いきますよ。

 

ご存じのように、私は、3年くらい前から、世界中、特に日本にある、地上絵に気が付いて、それらを、現在までに、150個以上発見してきました。

その中でも、以前から、不思議だったのは、47都道府県の中で、46の都道府県の中には、必ず何らかの絵が刻まれていました。

それは、山や川や海岸線などで描かれた、ウルトラサイズの絵でした。

神の造形物としか思えないくらいの超巨大絵でした。

特に沖縄県に、その絵が多く、沖縄本島だけでも、10個以上の地上絵がありました。

 

それがなぜか、「福島県」だけには、1個も無かったのです。

だから今までに、福島には、調査旅行に行かなかったのです。

私の宇宙考古学は、3年前から、だいたい、「地上絵」とセットで読み解くパターンが多いからです。

「どうして、福島県だけに、地上絵がないのだろうか?」

ずーっと、心の奥底で、引っかかっていたのが、これだったのです。

 

それが、6月中旬くらいに、ある夜のこと、なんとなく、インスピレーションが降りてきて、この土地に凄い地上絵があったことに、気が付いたのです。

ウキペディアで、「福島県」を調べていた時に発見しました。

 

これです。

ジャ~~ン!!

f:id:tomaatlas:20200801142429j:plain

 

上が北になっている、「福島県」の地図です。

ピンク色が、「市」で、それ以外の色、水色や黄色は、「町」や「村」だそうです。

このピンク色の部分だけに、注目してください。

ちなみに、真ん中の白い部分は、「猪苗代湖」です。

 

わかりやすいように、角度を90度回転させてみます。

f:id:tomaatlas:20200801211643p:plain

 

わかりましたか?

もう一度、「地球平面説」の地図を見てください。

これも、わかりやすいように、角度を変えました。

f:id:tomaatlas:20200801211957j:plain

 

そうです。

ちょっと、角度的にはズレていたり、大きさが違っていますが、大まかで地球の大陸を描いているのがわかりますか?

 

もう一度、わかりやすいように、補助線を描きますね。

「ピンク色」が、「地球の大陸」で、それ以外は、「海」だと思ってください。

f:id:tomaatlas:20200729232018p:plain

 

こうなります。

「赤色」=「南北アメリカ大陸」

「青色」=「ユーラシア大陸」

「黄色」=「アフリカ大陸」

「緑色」=「オーストラリア大陸」

「白色」=「北極」&「グリーンランド」

「海岸」=「南極」

 

そうなのです!

「福島県」=「地球」

こういう地上絵だったのです!

「福島県」は、地球の縮図だったのです!

一番凄い絵が、ここに隠されていたのです。

山や川や海岸線ではなく、「市町村」という線引きで、描かれていたのです。

 

おそらく、政治的な関係で、他の都道府県や市町村では、このようなことができなかったのかもしれません。

何かの理由で、福島が、一番こういうことが、やりやすかったのかもしれません。

だとしたら、明治維新が終わって、廃藩置県の後、福島県の政治や行政に関わっていた人物の中には、人間ではなく、神様や宇宙人たちが、紛れ込んでいたということにもなります。

いや~、最高に楽しいですね~!

 

面白いシンクロもありました。

この地図では、

「グリーンランド」=「猪苗代湖」

になります。

ご存じのように、「グリーンランド」の景色のイメージは、「氷の山」ですね。

そして、「猪苗代湖」の近くには、「郡山市」があります。

だから、こうなるのです。

「郡山(氷山)」=「グリーンランド(猪苗代湖)」

「郡山」という地名は、「氷の山」のシャレだったのかもしれません。

 

地元の友人に教えてもらったのですが、「郡山市」で結成された、男性のボーカルグループが、「GReeeeN(グリーン)」だそうです。

これも、面白いシンクロですね!

こういうのに、神様の遊び心を感じますね。(笑)

 

さらにオマケです。

これも、興味深いです。

「福島県」の旗であり、シンボルマークです。

これも、「地球平面説」の地図に見えませんか?

「白い線」が、「南極」だということです。

f:id:tomaatlas:20200701140433p:plain

 

今回の調査旅行は、この視点から、福島県を眺めることが、メインの目的だったのです。

郡山市にも向かいました。

 

今回は、JR郡山駅の近くに宿をとり、二泊しました。

見てください、この建物を!

f:id:tomaatlas:20200709213915j:plain

 

この球体の正体は、「郡山ふれあい科学館スペースパーク」と言って、「ビッグアイ」という建物の最上部にある「スペースパーク」だそうです。

ギネス認定もされた、地上から世界一高いプラネタリウムだそうです。

 

思いっきり、「GANTZ」に登場する、「黒い球体」ですね。

この街は、もしかしたら、地球における、「パラレルワールド」の中心地なのかもしれません。

f:id:tomaatlas:20200801191859p:plain

 

 

この視点で、福島県をまわると、凄い発見がたくさんありました。

次回もお楽しみに!

 

 

 

☆私の著書、「地球を創った魔法使いたち」の1巻~2巻も発売中です。
ぜひ読んでみたください。

https://tomaatlas.hateblo.jp/entry/2019/11/25/212315

 

 

☆記事の感想などは、下記のアドレスに、お気軽にメールくださいね。(お手数ですが、メルアドは、コピーして貼り付けてください)
toma_atlas@yahoo.co.jp

 

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 

☆ランキングにも、参加しています。

記事が面白かったら、応援クリックもお願いします。

 


スピリチュアルランキング

 


にほんブログ村

 

☆下記が、私のメインサイトの「精神世界の鉄人」のエッセイ集です。

不思議な体験談や精神世界の探求が、たくさん書いてあります。
現在は、ほとんど更新していませんが、遊びにいってみてくださいね。

http://www.tomaatlas.com/library.htm

 

 ☆フェイスブックもやっています。

www.facebook.com

 

☆インスタグラムもやっています。

www.instagram.com

 

 ☆ツイッターもやっています。

twitter.com

 

☆私が自信をもってオススメする、ヒーリンググッズの王様、「不思議なペンダント・アセンション」のサイトです。

http://triplehimawari.ocnk.net

 

☆個人セッションも、ぜひ体験してみてくださいね。

tomaatlas.hateblo.jp

 

福島アースツアー 3 白虎隊

今回は、有名な「白虎隊」の話題です。

ウィキペディアでの説明です。

 

白虎隊は、会津戦争に際して、会津藩が組織した、16歳から17歳の武家の男子によって構成された部隊である。

中には志願して生年月日を改め、15歳で出陣した者もいたほか、幼少組として、13歳の少年も加わっていた。

名前の由来は、中国の伝説の神獣である、「白虎」からである。

 

私は、宇宙考古学的に見た場合、この史実には、二つの神様グループが、関与していたと考えています。

結論だけを言うと、その関与の理由などは、基本的には、よくわかりません。

なぜならば、神様や宇宙人たちは、未来も過去も、全部わかっていて、指図したりするからです。

場合によっては、500年後や1000年後の未来のために、人間を動かすこともあるのです。

だから、人間の狭い視点では、

「どうして、そういう戦争を、今、起こすのか?」

その理由がわからないことも多いです。

 

では、宇宙考古学の視点から、「白虎隊」の背後にいた神様グループを推察してみます。

「白虎隊」に関与しいていた神様グループ、最初の一つ目の話です。

 

福島県の旅では、郡山市にある、「高屋敷稲荷神社」にも立ち寄りました。

f:id:tomaatlas:20200709220243j:plain

 

境内には、「白狐社」という摂社がありました。

f:id:tomaatlas:20200709220338j:plain

 

拝殿です。

f:id:tomaatlas:20200709220411j:plain

 

この文字を見ていたら、「白虎隊」と繋がりました。

f:id:tomaatlas:20200709220432j:plain

 

ここで、「お稲荷さん」のことも、簡単に、おさらいしておきましょう。

シュメール文明の石像です。
「イナンナ」だと言われています。

「レプティリアン(爬虫類人)」ですね。

子供を抱いています。

「聖母マリア」の正体も、この宇宙人だったようです。

ちなみに、陰謀論などで言われているような悪い存在ではありません。

f:id:tomaatlas:20180703000236j:plain

 
「イナンナ」の顔、「キツネ」に、そっくりではないですか?

昔の日本人で、「イナンナ」を見た人は、他にピッタリ当てはまる動物がいなくて、一番姿が似ている、「キツネ」だと認識して、それが全国に広まったんじゃないかな?

「稲荷(いなり)=イナンナ」

音も、そっくりですね。


昔から、日本の各地で、

「狐の嫁入りを見た!」

という目撃談がありますが、それは、「イナンナ」が、部下を引き連れて歩いていたのを、たまたま、目撃したんじゃないでしょうか?

これは、あるお祭りで、女性がキツネのお面を被って、花嫁衣裳を着ている姿です。
「イナンナ」が、上記のような素の顔で、頭からヘルメットのようなものを被って歩いていたら、こういう姿なんじゃないでしょうか?

f:id:tomaatlas:20180703000908j:plain

 
そもそも、もしも、「動物霊」が、それほど偉い存在なのであれば、なぜ、「キツネ」と、いつも、ペアで登場する、「タヌキ」の神社が、極端に少ないのでしょうか?

なぜ、「狐の婿入り」の姿は、見た人がいないんでしょうか?

こう考えていくと、

「お稲荷さん=イナンナ」

この説は、かなり状況証拠が整っているように思えてきます。


日本で、一番勢力のある神様、「お稲荷さん」の正体は、地球の支配者であった、「イナンナ」でもあったのです!

 

特に、「白い狐」の姿の「お稲荷さん」は、「イナンナ」だと思います。

つまり、

「白虎隊」というのは、「白狐隊」の意味も、隠されていたのかもしれません。

つまり、この隊には、霊的な存在として、「お稲荷さん」が背後についていたと思うのです。

「イナンナ」という女神は、「愛の女神」でもありますが、同時に、「戦闘の女神」でもあったのです。

「聖母マリア」でもありのですが、この女神は、一般的なイメージでは、やさしい神様のイメージですが、同時に、「戦いの神様」でもあるのです。

詳しいことは、後述しますが、「アヌンナキ」のグループは、日本においては、「神武派」になります。

 

「聖母マリア」のソウルグループが、太平洋戦争を仕切っていたという状況証拠は、たくさんあります。

 

歴史を調べると、聖フランシスコ・ザビエルが、日本に初めて上陸した日が、1549年8月15日で、聖母被昇天の祭日だったそうです。
このように、上陸した日まで決まっていたのです。
これも、別に悪気があったわけではなく、ザビエル本人は、
「聖母の保護のもとに置けば、日本国民は、幸せになれると思った」
と記述しているそうです。

太平洋戦争が始まったのは、1941年12月8日ですね。
この日は、「無原罪の聖マリアの祭日」という記念日でした。
太平洋戦争が終わったのが、1945年8月15日です。
この日は、「聖母マリアの被昇天の祭日」です。
戦後のサンフランシスコ講和条約の調印の日は、1951年9月8日です。
この日は、「聖母マリアの誕生日」だそうです。

 

戦争などの本当の黒幕は、人間ではなかったのです。

なんと、「稲荷=聖母マリア=イナンナ」という女神だったのです。

私は、いろいろな状況証拠から、この結論は、間違いないと確信しています。

詳しいことは、割愛させていただきますが、これも、絶対悪ではありません。

神の視点では、深い理由があって起こした戦争だったみたいです。

 

 

次に、「白虎隊」に関与しいていた、二つ目の神様グループです。

ちょっと長い話になりますが、お付き合いください。

 

古代の日本は、ある期間、二つのグループが存在していたそうです。

ハッキリとした名前が、ついていたわけではありませんが、ここでは、わかりやすいように、「神武派」と「天照派」という名前で呼びますね。

 

「神武派」は、今から50万年前に地球では、中近東を拠点に、「アヌンナキ」という宇宙人の一族が活躍していましたが、そこから流れてきた大陸のグループです。

この中のメンバーには、前述した、「イナンナ」もメンバーに入っています。

日本では、神武天皇が、そのグループのリーダーだったようです。

 

「天照派」は、もっと太古の時代に、すでに宇宙の根源からダイレクトに、日本にやってきてたグループです。

それは、720万年前の出来事だったそうです。

このグループのほうが、古くから地球にいたのです。

イザナギとイザナミが、このグループのリーダーです。

日本人の始祖ですね。

f:id:tomaatlas:20180804230928j:plain

 

 結論だけ、先に言いますね。

「天照派」と「神武派」の二つのグループの構成は、こうなっていたようです。

 

 〇「天照派」=「イザナギ」と「イザナミ」

〇「神武派」=「神武天皇」

 

太古の日本においては、「イザナギ」と「イザナミ」が、最初に日本の国造りをしたそうですが、これは、絶対平和主義のグループで、本当に「愛の存在」だったそうです。

それに対して、後から、日本の土地にやってきた、「神武天皇」は、大陸からやってきた渡来人や帰化人のグループと組んだ、「権力志向の存在」だったそうです。

そして、かなりの長期間にわたって、「神武派」が「天照派」を弾圧したり圧政下におくということを、続けていたそうです。

 

「イザナギ」と「イザナミ」は、38人の子供を生んだそうです。
この子孫が、日本の古代史において、とても重要な流れなのです。

38人は、その後に、たくさんの子孫を増やしたそうです。


この一族の直系である、長男と長女の子孫は、「大丹生・皇」の称号を名乗り、後に、「天皇家」になったそうです。

ある時期に、この子孫の一人が、「初代天照(アマテル)」を名乗ったそうです。

この頃から、「天皇」という称号が、生まれたそうです。

念のために書いておきますが、この天皇は、古事記などに登場する、「アマテラス」とは別人で意味も違うそうです。
「古事記」は、後の天皇などが、かなり歴史を湾曲して書いているそうです。

 

さて、「初代天照(アマテル)」の時代から、何百万年も経った後、新しい時代が始まったそうです。

その時代は、それまでの平和な時代ではなく、動乱の時代になったようです。

きっかけは、大和地方に、「神武天皇」がやってきたのが、始まりだったようです。
この天皇のグループは、権力志向だったようです。


「天照派」のグループは、「平和」が何よりも大切だと思っていて、「愛」のグループだったと思います。

そして後から、日本の歴史に登場した「神武天皇」が、「平等」を大切だと思っている神様だったようです。
さらに、「力」の崇拝者でもあったようです。
権力によって、人々を平等に統治するという考え方ですね。

 

私は、どのグループがいいとか、悪いとかの判断は、やらないほうがいいというスタンスです。

国政というのは、世の中の状況によって、穏やかに統治したほうがいいこともあれば、多少は荒っぽく、人々を弾圧しなくては、治まらない時もあるからです。


この二つのグループを、さらに、わかりやすく表現すると、

〇「天照派」=「理想主義」
〇「神武派」=「現実主義」

こうなると思います。

 

現在の日本でも、これは、引き継がれていて、目まぐしく変化する国際情勢の中で、常に、「理想」と「現実」の問題で、政治は論争されますね。

具体的には、「平和憲法」と「自衛隊」の問題なのです。

これも、いろいろな見方ができるので、

「どの意見が正しいか?」

というのは、とても難しい問題なのです。

 

私が面白いと思ったのは、前述したように、「天照派」の人々は、古事記の「天照大神」とは、直接は関係ないのが、やはり、性格が似ているのです。

つまり、このグループは、

「絶対に戦わない」

という共通の姿勢があるのです。


古事記には、「アマテラス」が、弟の「スサノヲ」の乱暴ぶりに、腹を立てる場面がありますが、その怒り方が、ユニークなのです。

ご存知のように、天岩戸に隠れるのです。
要するに、「引きこもった」ということです。

本来の日本人の怒りの表現は、これなのです。

 

たとえば、江戸時代なども、「鎖国」をやっていますが、あれは、当時の日本人たちが、西洋人たちが、「大航海時代」などと言って、世界中を植民地化して、残酷で酷い行いをしているのを見て、怒ったのだと思います。

「あんな野蛮な人たちとは、お付き合いできません」

こう思って、国内に引きこもったのが、あの時代だったのだと思います。

 

おそらく、現代の日本でも、「ニート」や「引きこもり」をやっている若者は、世の中に対して、怒っているのだと思います。
生粋の日本人の怒りの表現は、「引きこもる」のです。
それに対して、「神武派」は怒ると、相手を殺したり、殴ったり、怒鳴ったり、場合によっては、戦争をしたりします。
怒りの表現の仕方が、ストレートで、わかりやすいのです。


この視点から見ると、現在の日本人にも、「天照派」と「神武派」の二つのタイプの日本人がいるような気がします。

現代の日本の社会では、やはり、「天皇家」は、「天照派」だと思います。
そして、「内閣」に代表されるような政治家たちは、「神武派」が多いような気がします。

私は完全に、「天照派」ですね。
あなたは、どのタイプですか?(笑)

 

生粋の日本人というのは、本来争ったり、喧嘩したりすることが、とても苦手な民族みたいです。

とても愛に満ちていて、平和が好きな民族なのです。

何かに腹を立てて、怒っても、相手に仕返ししたり、怒鳴ったりせずに、静かにその場を立ち去ったり、無言になったり無視するという態度をとります。
本当に頭にきた時も、天岩戸に隠れるように、「引きこもる」という行動で抗議するのです。

f:id:tomaatlas:20180804231507j:plain


何かに対する怒りが、頂点に達しても、頭にきた相手を、殺すのではなく、その怒りを、自分に向けたりして、自殺という抗議行動を選択する人も多いのです。

現代の日本において、多くの人々、特に感性が豊かで、敏感な若者たちが、引きこもったり、ニートになったり、登校拒否や出社拒否、それから、すぐに職場を辞めて、転職を繰り返したりするのも、静かな怒りの表現なのだと思います。
社会に対して、無言の抗議をしているのです。


ストレートな感情表現に慣れている大人たちは、これらの行動が、わかりません。

「どうして、学校に来なくなったんだろう?」

「どうして、入社したばかりの会社を、すぐに辞めたりするんだろう?」

「どうして、いつまでも親元にいて、社会に出て働かないんだろう?」

こう思っていると思います。


これが、彼らの怒りの表現の仕方なのです。
口に出して反論したり、抗議したりしないのです。

「静かな怒り」

なのです。


これは、政府に対してもそうです。

あまりにも酷い政治をしても、生粋の日本人の多くは、大規模なデモなどの行動はしません。

ただ単に、

「投票に行かない」

という無言の抗議行動をします。

 

引きこもってしましまった人々が、世の中に出てくるようにするには、怒ってもダメだし、なだめたり、おだててもダメです。

「天照大神」を、天岩戸から出そうと思ったら、皆で、裸踊りをするくらいの宴会を、やらなくてはいけないのです。

 

つまり、

「ワクワクすること」

これが、世の中に、たくさん出てきた時に、引きこもっている人たちも、隙間から、外の世界を覗きこみ、岩戸から出たくなるのです。

「世の中は面白い! ワクワクすることで溢れている!」

私の旅行記は、一貫して、そう主張しているのです。
だから、天岩戸の中に、引きこもっているような人たちに、特に読んでいただきたいのです。

 

もう一度まとめますね。

「神武派」に代表される武闘派、それから、「天照派」に代表される穏健派、古代の日本には、この二つのグループが存在していたようです。


「神武派」は、「天武天皇」などのように、名前に、「武」が入っている天皇が、多かったみたいです。
文字通り、イケイケの武闘派が多かったようです。

このグループは、穏健派の「天照派」を、徹底的に弾圧していたようです。

 

古代の日本は、最終的には、

「奈良」=「天照派」=「南朝」

「京都」=「神武派」=「北朝」

こうなったそうです。

 

そして、奈良を拠点にした、「天照派」が、リーダーとして選んだ天皇が、「後醍醐天皇」だったそうです。

「北朝」と「南朝」には、いろいろな複雑な流れがありますが、その根底には、この二つのグループがあったということがわかって、納得しました。

 
「天照派」の子孫たちは、その後、日本史の中で、途中から入ってきた外来の宗教である、「仏教」を隠れ蓑に活用したようです。
たくさんの人々が、僧侶になり、お寺に身を隠していたようです。

 

 

穏健派の「天照派」の人々は、武闘派の「神武派」から、いろいろな圧力によって、精神的にも肉体的にも、とても不自由な思いをしていたと思います。

そして、西日本を中心に、囲い込まれているような形になり、逃げ場のない状況で閉塞状態になっていたと思います。

陸地は、おそらく、関所みたいな場所があり、要所には見張りがいたと思います。
当時の東日本は、とても不便な場所だったし、大きな船を建造して、外国に逃げようと思っても、それもできなかったと思います。

 

天武天皇は特に酷い弾圧をして、「天照派」の人々には、

「土地をもってはいけない。職業についてもいけない。他の部族と結婚してもいけない」

こういう法律をつくり、乞食の立場に追いやったそうです。

それで仕方なく、お寺のお坊さんになって、そこで質素な生活を始めた人々も多かったようです。

 
「天照派」の人たちは、そうやって虐げられた状況の中、心の優しい、何人かの権力者たちに助けられながら、少しづつ移動していったようです。

私が調べたところ、関西地方に住んでいた、「天照派」の人々は、出雲地方にも拠点を移したグループが、一部いたようです。

その痕跡が、現在でも「出雲大社」に残っています。

広い境内の中に、こういう細長い祠が二つあることに、気が付いた人も多いと思います。

f:id:tomaatlas:20180801203039j:plain

 

これは、東に「十九社」あり、西にも「十九社」あるそうです。

f:id:tomaatlas:20180801203108j:plain

 

ハイ!

「イザナギ」と「イザナミ」の38人の子供たちですね。

「天照派」であり、日本の本当の天皇家ですね。

f:id:tomaatlas:20180801203147j:plain

 

2018年に、「出雲大社」に行ったのですが、これを知って驚きました。

見てください。

「十九社」の御祭神が、「八百万萬神」と書かれています。

いわゆる、「八百万の神々」ですね。

f:id:tomaatlas:20180801203227j:plain

 

つまり、旧暦10月に、毎年、全国の「八百万の神々」が出雲の国に集まり、他の土地では、神様が留守になるので神無月で、出雲では神在月になるのですが、ここに集まる神々である、「八百万の神々」の正体は、「イザナギ」と「イザナミ」の子供たち、38人のことだったということです。

f:id:tomaatlas:20180801203315j:plain

 

このグループは、その後も、少しづつ日本中に散らばり、歴史の表舞台には出ないで、裏から地味な活動を続けていたようです。

 

 

もう少し、この38人の神様、つまり、「八百万の神々」のグループについて、説明しておきますね。

基本的には、このグループは、権力欲や金銭欲などが全くなく、宇宙から地球にやってきた、

「植物」-「動物」-「人間」

この三者が、バランスよく回転しているだけで、地球という惑星は、うまく循環するという考え方です。

だから、この世界観で動いているのです。

それが、多くの神社にあるシンボル、「三つ巴」なのです。

 

 

古代の日本列島の中で、「天照派」のグループは、常に、「神武派」の追っ手から、ひたすら逃げていたそうです。

関西地方からは、奈良県の吉野、それから、和歌山県の熊野の奥地に逃げたようです。

 

「熊野」の土地を旅していて感じたのは、「王子」という名前がつく神社が、たくさんあるということです。

一般的には、「王子」とは、「熊野権現の御子神」だと、考えられているようです。


昔から、不思議だったのですが、そもそも、どうして、「熊野」というのでしょうか?
この土地に、たくさんの「熊」が生息している「野山」というわけでも、なさそうです。

調べると、元々は、「熊」という文字は、「畏」だったそうです。

「畏れ多い」 

という表現で使いますね。

つまり、「熊野」という土地は、「畏の」という意味で、

「畏れ多い神々の住む聖地」

という意味だそうです。

 

「王子神社」というのは、大阪あたりから始まり、和歌山県の熊野まで、北から南に、広く分布しています。
それらは、総称して、「熊野九十九王子(くまのくじゅうくおうじ)」と呼ばれていたそうです。

一般的には、「九十九」というのは実際の数ではなく、「数が多い」という意味で使われることが多いですね。
しかし、実際、最盛期には、99ヵ所くらいの「王子」と呼ばれる土地があったそうです。

 

ここからは、私の想像です。

おそらく、このエリアには、「八百万の神々」、つまり、38人の子孫の末裔がいたのだと思います。
そして、99人の王子、つまり、天皇家のリーダーが、99人住んでいたのだと思います。
99のグループに、分かれていたのだと思います。

 

よくよく考えてみてば面白い話です。

歴史上、いつの時代も、どこの国でも、「王様」は一人だけです。
そして、「王子様」も、数人くらいしかいなくて、「王様」の椅子を狙って、王子様同士で、喧嘩したり、戦争することになると、だいだい決まっています。

また、「王子」という単語も、日本的ではありません。
中国などの大陸での称号ですね。

 

おそらく、「天照派」の人々は、絶対平和主義だったから、そもそも争わなかったのだと思います。
そして、「王座を狙う」などという椅子取りゲームにも、興味がなかったのだと思います。
99人も王子様がいたのならば、それから先の時代に、少なくする方向ではなかったと思います。
もっと多くしようと思っていたと思います。

 

最終的には、99人どころか、999人、9999人、99999人…
こんなかんじで、日本全国、全ての人々が、「王子」の身分になるような国家を目指したのではないでしょうか?

つまり、現代の「国民主権」や「民主主義」を、この時代に思い描いていたのではないでしょうか?

 

そして、そんな彼らが夢を見て、最初に、実現させたのが、天下泰平だった、「江戸時代」だったのではないでしょうか?

現代は、いつでも美味しいものが、食べれれて、皆が、飛行機や新幹線で、いろいろなところに、旅行に行けますね。
まさに、「国民皆王子」の時代ですね。

この時代に、未来の「民主主義」を思い描いた、99人の王子たちのことをイメージしていたら、目から涙が出てきました。

 

 

絶対平和主義で、他人への攻撃ができないために、弾圧されたり、冷や飯を食わされていた、「天照派」の人々は、ある時期から、関西を中心にした西日本では、閉塞状態になっていたようです。

陸地から、東日本を目指そうと思っても、要所には関所のようなものがあり、見張り番がいたと思います。

そもそも、仮に東日本に行っても、当時は、大半の土地は、荒れた僻地だったので、行ってもそこでは、過酷な生活が待っていることは、明白だったと思います。

 

それでも、西日本に住んでいても、これから先、永遠に苦しい生活が続くのは、目に見えていました。

「よし! 凄い冒険になるかもしれないけど、東日本に移住して、新しい土地で、新しい時代を築いていこう!」

ある時、こう決意したのだと思います。

しかし、海から、東日本を目指そうと思っても、そんなに遠くまで行こうと思ったら、大きな船を造船しないといけなし、そんな技術もお金もなかったので、途方に暮れていたようです。


そんなとき、一人の救世主が現れます。

「聖徳太子」

この人物が助けたのです。
聖徳太子の登場で、日本史の中で、最高にスリリングなドラマが始まったのです。

救世主というのは、「天照派にとっての救世主」という意味です。

 

私は、「聖徳太子=キリスト説」を主張していますが、まさに、日本においては、聖徳太子が出現する前と後では、西洋での「紀元前(B.C)」と「紀元後(A.D)」に分かれるくらいの時代の大変化だったのです。

聖徳太子というのは、この大プロジェクトを実行するために、日本に誕生したのだと思います。

f:id:tomaatlas:20180804233118j:plain


彼らにとっては、「西日本」は、まるで監獄にいるように、不自由な土地でした。

そこで、新天地の「東日本」への脱出を試みたのです。
よいよ、ここから、「プリズンブレイク」の古代日本版が、始まったのです!


熊野地方には、日本史における、最重要な寺があります。

「補陀落山寺」という小さなお寺です。

「世界遺産」に指定されています。

f:id:tomaatlas:20190320195946j:plain

 
「補陀洛山寺」は「補陀落渡海(ふだらくとかい)」の出発点だったことで知られているそうです。

私は、この渡海のことは、全く知りませんでした。

補陀落渡海のうち、半数以上が、熊野那智で行われています。

聖徳太子の時代から、江戸時時代まで、これは行われていたそうです。

f:id:tomaatlas:20180804233439j:plain

 

結論だけ、簡単に言いますね。

この小舟に、お坊さんを一人だけ乗せて、入水自殺に見せかけて、東日本に亡命させていた。

これが、「補陀落渡海」の真相だったのです。


奇妙な形をした小さな船です。
f:id:tomaatlas:20180804233822j:plain

 

途中まで、付き添いの数隻の舟が、綱を引っ張り、途中の小島から突き放したようです。

「よ~し! 行ってこ~い!」

こう叫んだかどうかはわかりませんが、沖の向こうまで、その小舟を流したそうです。
すると、浜辺から4キロくらいの所に、当時から、「黒潮」が流れていたのです。

そして、うまく、「黒潮」の乗れば、それは大きな河のような流れで、「東日本」まで、運んでくれたのです。

 

そして当時から、忍者のような存在たちがいて、秘密裏にいろいろな手配をして、「東日本」の浜に漂着したら、事前にその場所に着いていた人々が、その僧侶を助けたのだと思います。

その背後で、この秘密の脱出劇を計画して動かしていたのが、「聖徳太子」のグループだったというわけです。

 

黒潮です。

f:id:tomaatlas:20180804233914j:plain

 

「西日本」 ⇒ 「東日本」

これを繋ぐメインストリートが、海だったというのは驚きですね。
しかも、大きな船ではなく、「小舟」だったというのもビックリです。


私たちは、歴史においては、「民族大移動」というのは、大人数でのイメージがありますが、それは大陸の話です。

聖書には、そう書かれていますが、日本では全く状況が違い、秘密裏に一人づつ、長い年月をかけての移動だったようです。

 

その期間、聖徳太子の時代から、江戸時代にかけて、なんと、1000年間くらい続いていたそうです!

これだけの長い年月をかけて、少しづつ、「天照派」の僧侶、つまり、本当の天皇家の一族を東日本に逃がし、そこで、おそらく現地の女性と結婚して、子孫を広げていくという活動をしていたのだと思います。

目的は、「平和」と「愛」の遺伝子を、未来の日本に残すためです。

 

 

東日本にある、房総半島の痕跡です。
「補陀落渡海」の僧侶たちが、「西日本」から、「小舟」で辿り着いた場所に、行ってきました。

場所は、千葉県の「九十九里浜」です。

これも、もうわかりましたね。

「九十九人の王子のグループが辿り着いた浜」

こういう意味だったのです!


さらに、この「九十九里」という漢字を分解すると、

「九」+「十」+「九」+「十」+「口(くに)」+「土」

となり、意味は、

「三十八の国土」

という意味になります。

 

着く場所が、どうして港ではなく、ただのビーチだったのでしょうか?

砂浜だからいいのです。

砂浜だと、大きな船は接岸できません。
沖に錨を下ろして、小舟で来ることになります。
砂浜という地形は、小舟じゃないと上陸できないのです。

大きな船が接岸できる港だったら、すぐに追っ手に見つかってしまいます。


昔、ここで、「天照派」の僧侶が、「小舟」から仲間によって救助されて、上陸したと思ったら、大感動でした。
「浜鳥居」という名前だそうです。

f:id:tomaatlas:20180804235126j:plain

 

「補陀落渡海」によって、「九十九里浜」に上陸した後、辿り着いた僧侶たちは、このルートを歩いたようです。

「浜鳥居」→「神洗神社」→「神埼神社」→「玉前神社」

大まかな地図です。

f:id:tomaatlas:20180804235218j:plain

 
房総半島においては、「玉前神社」のあたりに、一旦、落ち着いたグループもいたようです。

f:id:tomaatlas:20180804235810j:plain

 

このように、絶対平和主義の「天照派」の子孫たちが、西日本から、「小舟」で、東日本に移住してきて、つくりあげたのが、「江戸」という町なのです。
だから、江戸時代が、260年くらい平和だったのです。

江戸時代が、なぜあれほど長い期間、大きな戦争がなかったかというと、この町の人々の遺伝子が、絶対平和主義の「天照派」だったからだというのが、真相だと思います。

そして、徳川家康を始めとする徳川幕府は、これを知っていたということです。

 

「徳川家康」は、「天照派」のリーダーだったようです。

「徳」は、「十九(とく)」だと思います。

つまり、19組で38人のグループである、「八百万の神々」の子孫だということです。

「川」は、横にすると、「三」で、「三つ巴」の意味だと思います。

「19」や「38」という数字は、このグループを象徴するナンバーみたいです。

 

栃木県の岩舟町にある、「将門神社」にも、「十九」の数字の神様が祀られていました。

f:id:tomaatlas:20200731114800p:plain

 

このように、「補陀落渡海」の痕跡は、関東地方にはたくさん残っています。
最終的には、和歌山県の熊野から渡海したグループは、栃木県の日光のあたりで落ち着いたようです。

それから、「埼玉県」を通って、北関方面の「群馬県」と「栃木県」に向かったのが、大きな流れだったようです。
京都の丹後半島から始まる、「天照派」の足跡ですが、和歌山県の「熊野」から、小舟で、「東日本」を目指したルートを、シンプルに書くと、赤線のようなルートになります。

f:id:tomaatlas:20190425150353j:plain


私は、「補陀落渡海」を調べていて、
「九十九里浜のあたりから、日光まで歩いて移動した時は、大変な道のりだったに違いない」
と思っていたのですが、実際には、小舟で流れに逆らいながらも、上流へと向かうことができたようです。
もしかしたら、追い風の時には、とても楽に行けたかもしれません。

現在の千葉県銚子市のあたりから、栃木県日光市まで、古代においては、「香取浦」という大きな湾と無数の川があり、なんと、太平洋から、「日光」のあたりまでは、「鬼怒川」を使って、舟で一気に行くことができたようです。
「熊野」 ⇒ 「日光」
この間は、小舟で行けたということです。
1000年前の想像図だそうです。

f:id:tomaatlas:20190425143532j:plain


「補陀落渡海」の僧たちが後に、「補陀落寺」を建てた場所は、この川沿いが多いですね。
こうやって、地形で推測すると、かなり正確な歴史が把握できますね。


2018年に、補陀落渡海について、本格的な調査を始めたのですが、宇都宮市内をまわっていたら、この神社の名前が目に飛び込んできました。
「二荒山神社」という名前の神社です。

f:id:tomaatlas:20190425143501j:plain


「二荒山神社(ふたあらやまじんじゃ)」と発音するそうです。
「補陀洛山寺(ふだらくさんじ)」=「二荒山神社(ふたあらやまじんじゃ)」
こうなるのです。
この神社は、和歌山県の「補陀洛山寺」と、完全に繋がっているのです。
つまり、和歌山県東牟婁郡那智勝浦町の「補陀洛山寺」の僧侶たちは、小舟で、「黒潮ロード」を渡って来て、関東の地へ上陸した後、栃木県宇都宮市にある、「二荒山神社」にも、辿り着いたということです。


栃木県日光市にも、同じ名前の神社があります。
「二荒山神社(ふたらさんじんじゃ)」という神社です。

f:id:tomaatlas:20190425143522j:plain


こうなります。
「熊野 補陀洛山寺」=「宇都宮 二荒山神社」=「日光 二荒山神社」

和歌山県の「補陀落山寺」、それから、栃木県の二つの「二荒山神社」が見事に繋がりましたね。
「天照派」のグループが、拠点に選んだ土地が、ここだったのです。
メインのグループは、ここで居住を始めたと思います。

 

そして、どうやら、福島県にも、このグループは、どこかの時代で、栃木県の日光から辿りつき、ここも、終の棲家に選んだようなのです。

だから、福島という土地も、「天照派」の子孫が、たくさんいるのだと思います。

「愛と平和」の遺伝子をもつ人々ですね。

 

ちなみに、「天照派」は、「日食」をシンボルマークにしています。

「いったん、闇の世界に入り、それから、光の世界に行く」

こういう世界観なのです。

だから、

「いったん死んでから、もしくは、死んだふりをしてから、再度生き返る」

というのが、彼らの生きざまのパターンなのです。

 

そして、彼らの世界観は、「星信仰」でもあり、「妙見信仰」とも繋がるようです。

だから、「妙見信仰」がある土地は、彼らの拠点だった所なのです。

 

 

福島県では、会津若松市にある、「栄螺堂」にも行きました。

螺旋構造や外観が、サザエに似ていることから通称で、「サザエ堂」と呼ばれているそうです。

f:id:tomaatlas:20200709211821j:plain

 

記念撮影しました。

f:id:tomaatlas:20200709211455j:plain

 

のぼっていきました。不思議な感じでした。

f:id:tomaatlas:20200709213743j:plain

 

私には、最上階は、小型のプラネタリウムに感じました。

f:id:tomaatlas:20200709213711j:plain


この建物の近くに、「白虎隊」の墓がありました。

案内を見てください!

f:id:tomaatlas:20200709211413j:plain

 

「十九士霊像」と書かれていますね。

そうです。

この隊には、もうひとつ、「天照派」の霊団も、サポートについていたのです。

f:id:tomaatlas:20200731114738p:plain

 

お墓に着きました。

そこには、19人分ありました。

実際の史実を語る時には、この人数には、諸説あるのですが、大切なのは、現在の祀られている人数なのです。

こういう数字に、メッセージが隠されているのです。

「十九」という数字に、意味があるのです。

ちゃんと数えて、19の墓があったのを確認したとき、身体が、じ~んと痺れるのを感じました。

f:id:tomaatlas:20200709212212j:plain

 

この墓から、ちょっと歩いた場所には、隊士たちが、壮絶な最期を遂げたと言われている、「白虎隊自刃の地」があります。

 

一説によると、白虎隊は、若松城周辺の火災を目にし、落城したと誤認して悲観したと伝えられています。

飯盛山に至った隊士たちは、若松城に戻って、敵と戦うことを望む者と、敵陣に斬り込んで玉砕を望む者とで、意見がわかれ、激論になったようです。
しかし、いずれにせよ、負け戦覚悟で行動したところで、敵に捕まり生き恥をさらすことになるだけと思い至り、武士の本分を示すため、ここで自刃を決行したということです。

 

この行動から、この隊が、二つの神様グループの合併型だったことが、推察できるのです。

つまり、「敵と戦うことを望む」や「敵陣に斬り込んで玉砕」の激論していた時の意識状態の時は、「イナンナ(聖母マリア)」の神様グループが彼らの意識に降りてきた状態だったかもしれません。

「戦いの女神」ですね。

でも、最終的に選んだ選択肢、「自刃を決行する」という意識状態の時は、「天照派」」のグループが、意識に降りてきたかもしれません。

 

簡単にまとめます。

「白虎隊」には、戦うグループである、「神武派」。

それと、平和のグループである、「天照派」。

二つの真逆の神様グループが、陰から指示を出していていて、最終的には、「天照派」の指示に従ったのが、この隊の決断だったと言えるのかもしれません。

 

ここにも、意味深な像がありました。

遠くを見ているような姿ですね。

この姿の深い意味が分かる人は、少ないと思います。

f:id:tomaatlas:20200731114712p:plain

 

東京都にある靖国神社には、大きな銅像が建てられています。

「大村益次郎」という人物だそうです。

この方は、近代日本陸軍の創設者で、靖国神社の創建に尽力されたそうです。

それで、ここに立派な銅像が立っているようです。

 

この像は、双眼鏡を持っています。

f:id:tomaatlas:20190312030400j:plain

 

幕末で活躍した、勝海舟や坂本龍馬などの志士たちには、「妙見信仰」の持ち主が多かったそうです。

これは、北極星や北斗七星などの「星信仰」でもあったそうです。

 

「妙見」には、いろいろな隠された意味があるそうです。

その中の一つには、こういうのもあるそうです。

「妙」という文字は、「絶妙」や「妙案」という単語に見られるように、

「いうに言われぬほど優れていること」

というニュアンスがあるそうです。

 

「妙見」とは、「優れた視力」という意味があるようなのです。

さらに、その奥底には、

「善悪や心理を、鋭く見通すことのできる力」

「まだ見ぬ未来を、見ることのできる力」

こういう意味もあるようです。

 

私は個人的に、さらに深い意味、

「歴史を長いスパンで、見渡すことができる力」

こういう意味もあったと思います。

つまり、

「過去と現在と未来という時間軸の流れの中で、500年や1000年という長いスパンで、世界全体のことを見渡すことができて、広い視点から、世の中を動かすことのできる能力」

これを身につけるための教えが、「妙見信仰」だったと思うのです。

 

 だから、この像は、「大村益次郎」という人物ではなく、本当に重要なのは、さりげなく手にしている、「双眼鏡」なのです。

この小道具には、

「遠くの未来を見つめている目」

という意味が隠されているのだと思います。

冒頭に書いたように、幕末や太平洋戦争の時には、500年や1000年先の日本と世界の未来のために動いた人々が、たくさんいたということです。

 

そうなのです。

「白虎隊」のメンバーも、そういう未来の日本を思い描きながら、その時点で、自分たちができる最善の選択をした人々だったのです。

だから、彼らの死は、決して無駄死にではなく、現在の日本の平和に、しっかりと繋がっているのです。

 

 

この日のメンバーで、調査の旅の終わりに、打ち上げしている場面です。

皆さん、お疲れ様でした。

f:id:tomaatlas:20200709213641j:plain

 

 

ウオーミングアップが終わったので、次回から、そろそろ佳境に突入します。

福島県の秘密の扉を、初めて開きます。

 

では、いきますよ。

 

ギッ、ギギギギギ…

 

 

 

☆私の著書、「地球を創った魔法使いたち」の1巻~2巻も発売中です。
ぜひ読んでみたください。

https://tomaatlas.hateblo.jp/entry/2019/11/25/212315

 

 

☆記事の感想などは、下記のアドレスに、お気軽にメールくださいね。(お手数ですが、メルアドは、コピーして貼り付けてください)
toma_atlas@yahoo.co.jp

 

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 

☆ランキングにも、参加しています。

記事が面白かったら、応援クリックもお願いします。

 


スピリチュアルランキング

 


にほんブログ村

 

☆下記が、私のメインサイトの「精神世界の鉄人」のエッセイ集です。

不思議な体験談や精神世界の探求が、たくさん書いてあります。
現在は、ほとんど更新していませんが、遊びにいってみてくださいね。

http://www.tomaatlas.com/library.htm

 

 ☆フェイスブックもやっています。

www.facebook.com

 

☆インスタグラムもやっています。

www.instagram.com

 

 ☆ツイッターもやっています。

twitter.com

 

☆私が自信をもってオススメする、ヒーリンググッズの王様、「不思議なペンダント・アセンション」のサイトです。

http://triplehimawari.ocnk.net

 

☆個人セッションも、ぜひ体験してみてくださいね。

tomaatlas.hateblo.jp

 

福島アースツアー 2 ラピュタ

旅行記の続きの前に、ここでも、おさらいをやっておきましょう。

縄文時代の縄文人たちの生活は、狩猟採集だったと言われています。
こんなかんじですね。

f:id:tomaatlas:20180706090107j:plain

 

f:id:tomaatlas:20180706090231j:plain


こんなことを言ったら、縄文人たちには失礼かもしれませんが、上記の絵のような生活をしていた人々は、とてもじゃないけど、彼らには、あの時代に、縄文土器や縄文土偶は、作れなかったと思います。
技術的に、不可能なのです。

例をあげますね。
青森県で発見された、有名な遮光器土偶は、現代の最先端のセラミック技術でも、かろうじで復元できるレベルの土偶だそうです。

この土偶は、摂氏9000度くらいの超高温で、40時間くらい熱しないと、ああいう焼け方はしないそうです。
さらに、粘土の中に植物繊維を混入させたりと、とても高い技術で制作されているそうです。

簡単に言うと、縄文時代には、すでに現代の科学と同等か、それ以上の科学力をもった人たちが、存在していたということです。

f:id:tomaatlas:20180706090327j:plain


ここで、疑問なのは、

「これほどの科学力をもった人たちが、どこに住んでいたか?」

ということです。

彼らの住居跡が、見つかっていないのです。


よく、木で作られたテントのような住居が、復元されていますが、あれは縄文人、つまり、人間の住居です。

遮光土偶を制作できたほどの科学者たちが、あんな原始的な住居に住むと思いますか?

優れた科学力をもった宇宙人たちの住居跡は、実はどこにもないのです。

私は、

「古代の科学者たちは宇宙人、もしくは、未来人で、普段は、現在の宇宙ステーションのような場所で、地球の上空に滞空して生活していた」

と思っています。

そして、たまに地上に降りてきたのです。

つまり、「ラピュタ」に住んでいたということです。

その降りてくる場所が、「古墳」だったと思います。

こんなかんじで、空から来たのだと思います。

f:id:tomaatlas:20180706090417j:plain

 

その後、船の底に穴が開き、搭乗員たちが、光のビームとともに、地上に舞い降りたのではないでしょうか?

f:id:tomaatlas:20180706090439j:plain

 
「縄文時代」というのを考察する時には、「縄文人(人間)」と「宇宙人(未来人)」を、区別して考えなくてはいけないということです。
ここでいう、「宇宙人(未来人)」とは、「アヌンナキ」だと定義してもいいかもしれません。

日本では、「アラハバキ」という名前でした。



何回か書きましたが、私は、古墳の用途として、

「超巨大な古墳は、最初は、宇宙船の離発着場として、宇宙人たちが建築した」

という仮説を支持しています。


もちろん、権力者たちが、「お墓」や「祭祀場」としても使ったのですが、それは、宇宙人たちが、これを使わなくなった、ずーっと後に、跡地を利用したのだと思っています。

そう考えたほうが、自然なのです。

数名の人間の遺体を埋葬するためだけに、あれだけの規模の墓を造るというのは、不自然なのです。
権力を誇示するためだけでは、あれほどの巨大建築物は造らないと思います。


前方後円墳の写真を見てみながら、
「ここに、超巨大な母船が、着陸していたんじゃないかな?」
と考えると、そういうふうに見えてくるんじゃないですか?

これは、群馬県高崎市にある古墳を、空撮したものです。
「保渡田古墳群」といいます。
雑草を取り除くと、このように、「古墳」の本来の姿が現れます。

真ん中が、司令官クラスのロケットやUFOの発着台で、四隅には、護衛用のUFOが、発着していたと思うと、シックリくるのではないですか?

どこからどう見ても、スペースシップの発着台ですよね?

f:id:tomaatlas:20180706090524j:plain

 
縄文土器ですが、生活用品以外にも、芸術品や記念品としての役割を目的にして、制作された物も、あったようです。

たとえば、「宇宙人のロケット」を、模造してつくった物もあったようです。

「土器」ということを前提にして、撮影されている写真ばかり、いつも見ているから、そう見えるのです。

 

土器を逆さにして、一度、「ロケット」として眺めてみてください。

土器の下部の模様は、ロケット噴射の時に出る「火炎」です。
垂直に上空に飛び立っている姿を、イメージしてみてください。

人間の目というものは、面白くて、一度でも、「ロケット」だと認識すると、他の写真も、そう見えてくるのです。

最初から逆さまにした写真を掲載すると、ロケットに見えますね。

ドッカ~ン!!! 

ゴゴッ、ゴ~~~~!!!

と炎を吹き出しながら、まっすぐ垂直に、宇宙に旅立っていくのが、わかりますか?

f:id:tomaatlas:20180706090707j:plain

 

 

以前に、エリザベス女王1世が、関ヶ原合戦の時、裏から徳川家康を助けたという話を書きましたね。

その時に、この女王の使者として、日本に武器を運んできた人物がいたのです。

 

イギリスから、「ウィリアム・アダムス」という人が、リーフレス号という船に乗って、日本に漂着しました。

このアダムスが、大量の武器を日本に密輸して、家康は、アダムスの武器を買って、関ヶ原の大戦に備えたようなのです。

この大量で、しかも強力な武器のおかげで、家康は、この戦で勝つことができたのです。


後に、アダムスは、徳川家康の外交顧問になりました。

そして、日本名を、「三浦按針」と名乗りました。

「按針」とは、「航海士」の意味らしいです。

晩年は、故郷への帰国を夢見ていましたが、1620年に、長崎県の平戸で亡くなったそうです。

 

現在でも、長崎県平戸市には、銅像が立っています。

f:id:tomaatlas:20180706090944j:plain

 

アダムスは、関ヶ原の戦いの約半年前、1600年4月29日に、日本に着いたと言われています。

それから、日本で、いろいろな活動をしていたようです。
アダムスが、日本の情報を、イギリスなどのヨーロッパに伝えていたようです。


ここで話は、一気に飛躍しますが、いろいろ調べた結果、私は、この人物も宇宙人のグループだったのではないかと考えています。

この人は、不思議なことや謎が多いのです。

そういえば、有名な宇宙人コンタクティー、「アダムスキー」とも、名前が似ていますね。(笑)

 

アダムスは、1620年に亡くなっているのですが、それから、約100年後に、一人の人物が、ある本を書きます。

その人物とは、アイルランドの風刺作家、「ジョナサン・スウィフト」です。
この人物が生まれたのは、1627年で、アダムスの死の7年後です。

f:id:tomaatlas:20180706091039j:plain

 

世界中で読まれている名作、「ガリバー旅行記」を書いた人です。
この本は初版が、1726年に出版されています。
アダムスの死後、106年後ですね。

f:id:tomaatlas:20180706091510j:plain


「ガリバー旅行記」を、ちゃんと読んだことがある人は、少ないと思いますが、実際の原作は、第4部から構成されている大作です。

第一篇 リリパット国渡航記(12分の一の小人の国)
第二篇 ブロブディンナグ国渡航記(12倍の巨人の王国)
第三篇 各国渡航記
    ラピュタ(空飛ぶ島 バルニバービの首都)
    バルニバービ(首都ラピュータの植民地)
    グラブダブドリッブ(魔法使いの種族)
    ラグナグ(大きな島国)
    日本
第四篇 フウイヌム国渡航記(理性を持った馬の種族と野蛮で下品な人間によく似たヤフー)

こうなっています。


実際に、日本語訳の原書を読んでみましたが、とても描写が細かく、とても想像だけで書かれたストーリーだとは、思えませんでした。


第三篇に注目してください。
「日本」と「ラピュタ」が出てきますね。

「ガリバー旅行記」に出てくる、大半の国の名前は、架空の存在なのですが、「日本」だけが、現実にある国として登場します。

主人公のガリバーが、日本を訪問しているという話、それから、物語のあちこちに、日本人の話が出てきます。
しかも、かなり正確に描かれているのです。

 

物語の中では、ガリバーは日本に、1709年に来たことになっています。

しかし、学者の間では、当時日本は鎖国していたので、イギリス人のガリバーが、日本を訪問できるはずはないだろと、言われているようです。

一説によると、先ほどのウィリアム・アダムスが、本国のイギリスに送った手紙などの情報を元に、この物語は書かれたとも言われています。


しかし私は、別の可能性を考えてみました。

「ウィリアム・アダムス」=「ジョナサン・スウィフト」

という可能性です。

アダムスが、宇宙人であったのならば、タイムトラベルやシェイプシフトして、別の時代の別人になることは、可能なのです。
もしくは、同じ魂が、生まれ変わった可能性もありますね。


本の内容では、ガリバーは、1699年から1715年にかけて、4度航海しているようですが、3度目の航海で、ガリバーが、「ラピュタ」と「日本」に行く話が出てきます。

 

だいたい、こういう内容です。


1707年、日本人の海賊船に襲われ、ガリバーは、単身海へ流される。

その後、ある島に漂着し思案に暮れていると、なんと空中から円形の巨大な飛行物体が、舞い降りてくる。

「ラピュタ島」と呼ばれる、この浮島では、男たちは音楽、天文学、数学に熱中し、まったく現実離れした抽象の世界に、遊んでいた。

一方、女たちは、夫を馬鹿にして、下の「バルニバービ島」に逃亡し、情交にふけることを夢見ているといったありさまだった。

次に、「バルニバルビ島」に降り立った、ガリバーは、最新流行の新学問の粋を集めたという、アカデミーを訪れた。

人間の糞便を、食物に戻そうと悪戦している者、胡瓜から、日光を抽出しようとする者、すべての言語を廃止して、物体言語を用いんとする者、そこはこうした気狂い科学者で、一杯だった。

とりわけ、奇怪だったのは、世界中の書物を集めた完璧なる百科全書を作らんと、印刷機を操作しているグループだった。

ガリバーは、そこから出たあと、「ラグナグ島」にも向かった。

そこでは、不死人間と対話し、最後に、ラグナグ王の弟君が統治する、「日本」に渡航した。

「ザモスキ」という土地に上陸して、エドに向かい、将軍に、ラグナグ国王の親書を提出する。

彼は、日本が、オランダとだけ貿易をしていたことを知っていたので、オランダ人と偽って入国する。

そして、

「あの十字架踏みの儀式(踏絵)だけは、免除していただきたい」

と願い出る。

将軍は、

「そんなことを願う外人は、初めてだ」

といっていぶかるが、ラグナグ国の特使であることから、その願いを許し、護衛をつけて「ナンガサク(長崎)」まで送り届けてくれた。

1709年、アンボイナ号というオランダ船にのって、アムステルダムに向かい、1710年に無事に帰国した。

f:id:tomaatlas:20180706091359j:plain

 

どうですか?
年代なども、細かく記述されていますね。
想像だけは、書けませんね。
どこからか情報を得ていたのです。

ウィリアム・アダムスからの情報、また、マルコポーロの「東方見聞録」も読んでいたのかもしれません。

いや、もしかしたら、

「ウィリアム・アダムス」=ジ「ョナサン・スウィフト」=「マルコポーロ」

という可能性もあります。


宇宙人たち、つまり、「アヌンナキ」は、もうなんでもありなのです。


「ガリバー旅行記」の原書の中の挿絵には、「ラピュタ島」や「バルニバービ島」、「ラグナグ島」、「日本」の位置まで、地図で描いてあります。
「ラピュタ」は、日本列島の北東、太平洋上にあったことになっています。

f:id:tomaatlas:20180706091656j:plain

 

これは、

「実際にあった島々で、その後、海中に水没した」

と、考えることもできますが、私は、ここで、「パラレルワールド」の可能性をあげておきます。

 

言葉で表現するのは、難しいのですが、時空間がズレている状態で、違う振動数の異世界が、ここの空間にあったという解釈もできるのです。
だから、見える人には見えて、見えない人には見えないという、霊的な空間都市だったのかもしれません。
いずれにしろ、当時のヨーロッパの人々にとっては、「黄金の国・ジパング」のイメージのオマケに、「ラピュタ」があったということです。

 

いやー、面白いですねー。
「日本」と「ラピュタ」は、ワンセットだったみたいです。

実は、太古の昔、「ラピュタ」だと思われる空中都市が、日本の空を飛び回っていた痕跡が、たくさんあるのです。

 

日本中に、「貴船神社」や、「岩船神社」など、「船」の文字が入る神社が、たくさんありますが、おそらく、そこの上空に、宇宙ステーションのように滞空していたと思います。

f:id:tomaatlas:20180706092807j:plain

 
アーティストというのは、チャネリングのような能力をもっていて、それで見たビジョンを、作品にすることも多いそうですが、有名な「ルネ・マグリッド」が、不思議な絵を描いています。

 

「ピレネーの城」という作品です。
これなど、完全に、「ラピュタ」ですよね。

「ラピュタ」にも、いろいろな種類があって、宮崎アニメに出てきたような巨大な天空の城は、「母船」のようなものだったのかもしれません。

これは、「小型機」みたいなものだったんじゃないかな?

f:id:tomaatlas:20180706091833j:plain

 

和歌山県在住の友人からの写真です。

これは、「狩場明神」の祖である「犬飼の神」が祀られている、「立岩」だそうです。

「狩場明神・犬飼の神」とは、「狼信仰」のことらしいです。

f:id:tomaatlas:20180706091852j:plain

 

そして、こちらは、「丹生都比売」が、最初に降りたったと言われている「明神岩」と呼ばれている岩だそうです。

f:id:tomaatlas:20180706091917j:plain

 

この二つの岩は、宇宙人たちが、前述の小型機のタイプのラピュタを、車を廃棄処分にするみたいに、乗り捨てた宇宙船だったかもしれませんね。


他にも、「ラピュタ」には、いろいろな種類があったそうです。
これは、昔のヨーロッパの本で、描かれている「ラピュタ」です。

ピラミッドですね~!

f:id:tomaatlas:20180706092001j:plain

 

アメリカの1ドル紙幣に描かれている、「プロビデンスの目」のピラミッドのような形で、飛行しているUFOですね。

f:id:tomaatlas:20180706092034j:plain

 

最近でも、こういうピラミッド型のUFOは、たまに目撃されていますね。

f:id:tomaatlas:20180706092100j:plain

 

宮崎アニメの「ラピュタ」、どうやら、本当にあったみたいです。
しかも、日本の隣の国だったみたいですね。
そして、たまには、日本の上空にも、アニメのように滞空していた痕跡も残っています。



さらなる面白い仮説を、展開しましょう。
「天空の城 ラピュタ」の作品の中に、「ロボット兵」が出てきますね。

f:id:tomaatlas:20180706092155j:plain


ロボットの頭部です。

f:id:tomaatlas:20180706092218j:plain

 

縄文時代あたりには、このロボット兵、もしくは、宇宙人が、頻繁に地上に降りてきていたのだと思います。

もちろん、いつの時代にも、「ラピュタ」は、日本の上空にいたと思いますが、縄文時代には、なんらかの理由で、特に、現在の東北地方から北海道の空に、滞空していたようです。

 

2014年に、青森県の「石神神社」に行った時の写真です。

「石神様」といって、神社の裏手に祀られています。

「ドクロ」や「宇宙人・グレイ」など、いろいろな解釈がありますが、私は、これは、「ラピュタ」から落ちてきた、「ロボット兵」の頭部、もしくは、「宇宙人・アヌンナキ」の頭部だと思っています。

f:id:tomaatlas:20180706092328j:plain

 

私は、このロボットたちを、土を使って、そのまま忠実に作ったのが、大半の縄文土偶だったのだと思っています。
「ラピュタ」のストーリーの中では、そのロボットが、地上に落ちてくるシーンがありましたね。

f:id:tomaatlas:20180706092405j:plain

 

私は、縄文時代あたりに、ラピュタから、ロボット兵、もしくは、宇宙人が、何かの理由で、実際にたくさん落ちてきたことが、あったのではないかと考えています。

その落ちてきたロボット兵や宇宙人の姿を、そのまま土偶にしていると思われる作品です。

 

いずれも、皆、東北地方で発見されたものです。

f:id:tomaatlas:20180706092429j:plain

 

体型が似ていますね。

f:id:tomaatlas:20180706092446j:plain

 

なぜか、皆、短足ですね。

f:id:tomaatlas:20180706092509j:plain


縄文土偶の中でも、特に、「遮光器土偶」のことを、「アラハバキ神」と呼んだという説もあるようです。

この神様は、謎が多く、いまだに定説らしきものもないのですが、私は、

「ロボット兵」=「縄文土偶」=「アラハバキ」=「アヌンナキ」

という仮説を主張しています。

 


オマケの話を、もう一つ書いておきます。

歴史認識について、話題になるときに、よく、「伝言ゲーム」のたとえが、つかわれます。

つまり、

「歴史というものは、長い年月が経つごとに、人から人への口伝えという行為では、事実が歪曲され、間違って伝わる」

という話です。


たしかに、ある程度は、解釈の違いなどにより変わりますが、大切なことは、歴史を語る場合、現代の感覚で考えてはダメだということです。

昔は、現代のように、テレビやゲーム、雑誌、インターネットなど、まったくなかった時代です。

だから、逆に正確に伝わりやすかったのです。

親から子へと、昔話くらいしか、娯楽がなかったので、皆、ほぼ正確に、話を覚えていたのです。


特に、時代が昔になればなるほど、これは顕著になります。

昔の時代のほうが、正確に情報は伝達したのです。

だから、神話や伝記の中には、かなりの真実が含まれているものなのです。

特に、権力者が横暴な時代には、庶民の間では、「物語」として、こっそりと、真実が語り継がれていることが、多かったみたいです。

 

前述の「プラビデンスの目」の形は、台形と三角形の二つに分かれたピラミッドは、二つの船を暗示しているそうです。

旧約聖書の中の「ノアの方舟」の話は、最近では、ほとんどが事実だったことが、わかっています。

ただし、その方舟が、二つあったという話は、あまり知られていないようです。

 

聖書以外の「エノク書」などの外伝や伝記などには、「アダム」と「イブ」から、10代目の子孫に、「エノク」という男性がいて、神様が最初、このエノクに、

「もうすぐ、大洪水が起こるから、たくさんの人を連れて逃げなさい」

と教えたそうです。

それで、エノクは、160万人の男女を連れて逃げたそうです。

名前の音からして、
「エノク」=「エンキ」
だと思います。

おそらく、「エンキ」の生まれ変わりだと思います。

 

160万人といえば、日本では、一つの県くらいの人口ですね。

逃げた船というのが、「空中に浮かぶ町」だだったようです。

そうです。

この町が、「天空の城 ラピュタ」だったのです。
聖書にも、登場していたのです。

 

その後に、エノクの曾孫である「ノア」が、有名な「ノアの方舟」を造って、少数の人間と全ての動物を、40日間、大洪水から避難させます。

面白いのは、この時に、乗船した人々は、8人だったそうですが、男と女、それから、4種類の人種に、4種類の血液型だったそうです。

さらに、日本語で、「船」と書きますが、「八」と「口」で、

「8人の口があった」

という意味になります。
ほかにも、「口」が、台形のピラミッドの下の部分で、「八」が、三角形のピラミッドの上の部分も、表現しているようにも見えます。

漢字って、凄いですねー!


日本の歴史でいえば、日本書記の「天の磐船」には、二つ意味があり、一つは、空を飛んだ、「天の浮き船」で、二つ目が、「海の浮き船」になります。

前者が、エノクの「天空の城 ラピュタ」で、後者が、有名なノアの「ノアの方舟」です。


細かい話は省略しますが、

「ラピュタは、当時の太陽に飛んで行った」

という記述があるそうです。

いろいろ調べると、この時代の私たちの太陽系の太陽は、現在の「木星」だったそうです。

それが、次第に輝きを失い、その後、太陽系内の最大の惑星になったそうです。

現在の太陽は、もともとは、シリウスにあった3つの恒星の一つが、この太陽系の中心に来たという説もあるようです。


興味深いのは、宮崎監督のアニメを見ると、最後のエンディングの歌のシーンで、ラピュタが浮かんでいる惑星の隣に、「土星」が出てきます。

このことから、宮崎監督は、アニメの中で遠まわしに、

「ラピュタは、最後は木星に帰った」

と表現しているのです。

恐るべし、宮崎アニメですねー!

 

このシーンです。
左上に、土星があります。

f:id:tomaatlas:20180706092730j:plain

 

さらなる仮説です。

「世界樹」=「ラピュタ」

でもあったのかもしれません。

反重力装置のせいなのか、超巨大樹が、根元から空を飛行していますね。

こういう「ラピュタ(世界樹)」が、太古の時代、世界中を飛び回っていたのかもしれません。

f:id:tomaatlas:20190221213941j:plain

 

「世界樹」は、大晦日に放映されている、「NHK紅白歌合戦」の時のフィナーレでも、登場することもあります。

f:id:tomaatlas:20190221214003j:plain

 

この時、「蛍の光」を、皆で合唱するのですが、この歌を聴いていると、なんともいえない感情が、魂の奥から湧き上がってくるのを感じている人も多いと思います。

 

ある知人から教えていただいたのですが、この歌は、実は、太古の昔、「レムリア&ムー」の時代に、大洪水で多くの島々が水没した時に、当時の地球人たちが、皆で歌った歌なのだそうです。

その時に、「蛍の光」のように輝きながら、無数のスペースシップが、人々を大災害から救ったそうです。

 

 

では、ようやく旅行記です。

福島県の旅では、いわき市にも立ち寄りました。

 

「いわき市 石炭・化石館」です。

f:id:tomaatlas:20200709221014j:plain

 

入口付近には、首長竜もいました。

前回の記事で紹介した、「イナッシー」かもしれません。

f:id:tomaatlas:20200730181216j:plain

 

館内には、大好きな恐竜たちの化石が、たくさん展示してあります。

大迫力で、見応えがあります。

f:id:tomaatlas:20200709220526j:plain

 

近くから見れるのが、嬉しいです。

f:id:tomaatlas:20200709220738j:plain

 

ティラノサウルスの頭部です。

f:id:tomaatlas:20200709220634j:plain

 

糞の化石もありました。

f:id:tomaatlas:20200709220609j:plain

 

そして、この化石に目が留まりました。

なんだと思いますか?

f:id:tomaatlas:20200709220944j:plain

 

説明書きによると、アメリカで出土された、「エリモテリウム」という哺乳類の化石だそうです。

身長が、6メートルで、別名が、「オオナマケモノ」だそうです。

f:id:tomaatlas:20200709220916j:plain

 

一般の人たちは、この説明だけで納得すると思いますが、宇宙考古学を学んでいる私は、別の可能性も思いつきました。

もちろん空想ですが、この化石の正体は、太古の時代に、天空の城であった、「ラピュタ」に乗っていた、アヌンナキの宇宙人が、記録を残すために、わざと何らかの方法で化石になった姿なのではないかという可能性です。

 

そして、その宇宙人の正体は、他でもない、アヌンナキの最高神だった、「アヌ王」だったのではないだろうかというのが、私の空想的な仮説になります。

シュメール神話に出てくる、「アヌ王」は、「天神アン」などの別名をもっているのですが、ニックネームは、「暇な神」でした。

いろいろな仕事は、息子の「エンリル」にやらせて、自分は、怠けてばかりいたそうです。

さらなる、呼び名に、「怠け者の王」というのもあったようです。

そうです。

「ナマケモノの王」=「オオナマケモノ」

こうなります。(笑)

偶然だとは思いますが、このシンクロは、私には、ただの偶然ではなく、意味のある偶然に感じました。

 

「ギルガメッシュ王」でもあり、「アヌ王」でもあると言われている姿です。

身長も、6メートル以上の巨人族です。

ライオンを抱いていますね。

f:id:tomaatlas:20200730181308p:plain

 

この展示してある、「オオナマケモノ」の足元にも、四本足の獣の化石が置かれていました。

f:id:tomaatlas:20200709220825j:plain


偶然にしても、設定が似ていますね。

もしかしたら、誰か、宇宙考古学をわかっている人が、わざと二体を並べた可能性もあります。

 

この短足の宇宙人の形、土偶の正体は、「アヌ王」かもしれません。

f:id:tomaatlas:20200709223112j:plain

 

記念撮影しました。

f:id:tomaatlas:20200730181240j:plain

 

博物館などを見学する時には、説明書きを読んで、納得するだけではなく、自分なりの新しい仮説を、いろいろな空想をしながら、頭の中で描くと、楽しみが倍増します。

その際、正しい史実がどうかは、二の次なのです。

思考を柔軟にして、世界観を広げることが、大切なのです。

こういう遊び心が、ある日、突然、凄い大発見に結びついたりするのです。

f:id:tomaatlas:20200730181227j:plain

 

 

次回もお楽しみに!

 

 

 

☆私の著書、「地球を創った魔法使いたち」の1巻~2巻も発売中です。
ぜひ読んでみたください。

https://tomaatlas.hateblo.jp/entry/2019/11/25/212315

 

 

☆記事の感想などは、下記のアドレスに、お気軽にメールくださいね。(お手数ですが、メルアドは、コピーして貼り付けてください)
toma_atlas@yahoo.co.jp

 

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 

☆ランキングにも、参加しています。

記事が面白かったら、応援クリックもお願いします。

 


スピリチュアルランキング

 


にほんブログ村

 

☆下記が、私のメインサイトの「精神世界の鉄人」のエッセイ集です。

不思議な体験談や精神世界の探求が、たくさん書いてあります。
現在は、ほとんど更新していませんが、遊びにいってみてくださいね。

http://www.tomaatlas.com/library.htm

 

 ☆フェイスブックもやっています。

www.facebook.com

 

☆インスタグラムもやっています。

www.instagram.com

 

 ☆ツイッターもやっています。

twitter.com

 

☆私が自信をもってオススメする、ヒーリンググッズの王様、「不思議なペンダント・アセンション」のサイトです。

http://triplehimawari.ocnk.net

 

☆個人セッションも、ぜひ体験してみてくださいね。

tomaatlas.hateblo.jp