精神世界の鉄人

UFOやチャネリング、霊、輪廻、超古代文明などの不思議な話題から、ビジネス、経済、政治、歴史、文化などの社会問題、そして、恋愛や結婚、ダイエット、旅などの現実的な話題まで、幅広く、日々感じたことを、書き綴ってみますね。

アヌンナキ 1 アヌ王

先月は、主に関東地方を古代史の調査でまわったのですが、その中でも、千葉県と茨城県と山梨県で、特に集中的に調査しました。

 

その時に、茨城県にある、「雀神社」にも行ってきました。

ネットで調べると、だいたいこういう説明です。

「茨城県古河市宮前町(厩町)にある神社。社名の「雀」は、「鎮め(しずめ)」が変化したものとされる」

私は、「厠」という地名に、反応してしまいました。

「便所」の意味ですね。(笑)

 

着きました。

「雀」という名前から、とても小さな神社をイメージしていたのですが、着いてみたら、その広い敷地に驚きました。

鳥居の前にある大きな楠に、特にビックリしました。

 

着いたのは夕方だったのですが、夕陽がとても綺麗に写っていました。

f:id:tomaatlas:20180701195156j:plain

 

鳥居をくぐって、参道を歩いていきました。

f:id:tomaatlas:20180701195231j:plain

 

とてもユニークな狛犬が二体、私たちを出迎えてくれました。

狛犬については、また別の機会に詳しく書きますね。

f:id:tomaatlas:20180701195311j:plain

 

f:id:tomaatlas:20180701195420j:plain

 

f:id:tomaatlas:20180701195504j:plain

 

手水舎には、最近のマイブームの「人類創世」に関わるシンボルが、描かれていました。

f:id:tomaatlas:20180701195555j:plain

 

例の「特別な土」、つまり、「大便」ですね。(笑)

f:id:tomaatlas:20180701195625j:plain

 

側面には、「一角獣(ユニコーン)」も描かれていました。

さすがに古い神社は、奥深い歴史が刻まれていますね。

f:id:tomaatlas:20180701195652j:plain


最後の鳥居を抜けて、拝殿で参拝しました。

f:id:tomaatlas:20180701195719j:plain

 

f:id:tomaatlas:20180701195743j:plain

 

案内板です。

f:id:tomaatlas:20180701195816j:plain

 

さて、ここからが本題です。

「雀」とは、どういう意味でしょうか?

これを、「宇宙考古学」で読み解いてみましょう。

 

まずは、「雀」の写真です。

f:id:tomaatlas:20180702162534j:plain

 

あたりまえのことですが、「雀」という鳥そのものを、「神様」として崇めたり、奉ったりした歴史には、日本にはありません。

おそらく、世界全体でも、そうだと思います。

だとしたら、ここで発想の転換をしてみましょう。

「雀の姿に似た神様」

顔や姿が、雀に似ていた神様は、長い歴史の中で、我が国にいたのでしょうか?

 

それが、いたのです。

私の脳内にある膨大なデータの中で、ヒットした神様がこれです。

奈良県の興福寺にある、「迦楼羅(かるら)」の像です。

まさに、「雀に似た顔」ですね。

f:id:tomaatlas:20180702164251j:plain

 

一般的な説明では、インド神話に登場する炎に包まれた聖なる鳥、「ガルダ」が前身とされています。

この鳥は鳥類の王で、口から火を吹き毒蛇(龍)を食べるとも言われています。

また、神様の乗り物とされていました。

 

宇宙考古学的な解釈では、「迦楼羅」という日本の神様は、「ホルス」というエジプトの神様と、同一神だと言われています。

なるほど…、ですね。
短いくちばしの鳥の顔ですね。

f:id:tomaatlas:20180702162429j:plain

 

そして、これは、古代エジプトのシンボルで、「ホルスの目」です。

f:id:tomaatlas:20180702162505j:plain

 

古代エジプトでは、非常に古くから、太陽と月は、「ハヤブサ」の姿であり、「天空神ホルスの目」だと考えられていたそうです。

「隼」です。

f:id:tomaatlas:20180702162342j:plain

 

日本語では、「隼」と「雀」は、漢字が似ているのが、とても興味深いです。

おそらく、日本でもエジプトでも、鳥の姿をした同じ神様が活動していたのだと思います。

そして、それを、それぞれの土地の住人が、その土地の鳥の名前をつけたりして、認識していたのだと思います。

 

だとしたら、こういう等式が成り立ちますね。

「雀」=「隼」=「迦楼羅」=「ホルス」

つまり、この神社に祀られている神様の正体は、エジプトの神である、「ホルス」だったということです。

ここまで、いいですね?

 

 

では、さらに深く、この神様の正体を究明していきましょう。

 

これは、エジプトの遺跡の壁画に描かれた「ホルス」の別の絵です。

f:id:tomaatlas:20180702163035j:plain

 

 古代史を勉強したり、調査したり、考察する時には、違いを見るのではなく、「共通点」に着目するのです。

そして、数学の「因数分解」のように、共通項をまとめる作業をすると、シンプルになり、その本質がわかるのです。

 

これは、最近のマイブームでもある、「スカラベ(フンコロガシ)」です。

f:id:tomaatlas:20180702163058j:plain

 

ちなみに、「アメリカ合衆国」の国章です。

f:id:tomaatlas:20180701194847j:plain

 

ここでも、コンセプトが同じだということから、これらは、同一神だと見なすことができます。

シルエットが似ていることから、同じ神様が、シェイプシフト(変身)しているのだと考えるのです。

 

 

 

ここで、「アヌンナキ」の一族について、再度、説明しておきます。

この宇宙人ファミリーが、地球という惑星において、私たち人類にとって最重要な神様です。


太古の昔から、夜になると、人々は星空を眺めていました。
星空の下で、いろいろなことを語りあったと思います。

世界中に、星占いがあることからも、夜空の星々が、私たち人間に、とても大きな影響を与えていることを、知っていたのだと思います。

 

古代エジプトでも、星は崇められていたようです。
エジプトの神殿や王墓などの天井には、「星」を表す絵文字が、たくさん描かれています。

f:id:tomaatlas:20180702154032j:plain


興味深いのは、「☆(星)」を表現する絵文字が、漢字の「大」に、そっくりだということです。

f:id:tomaatlas:20180702154120j:plain

 

いわゆる、「五芒星(☆)」が、「星」の代名詞であり、日本語では、「大」という漢字になったようです。

昔、日本のことを、「大和(やまと)」と呼んでいましたね。
「大」は、「星」の意味。
「和」という文字は、「禾」は「設計」、「口」は「国」の意味。

合わせて、

「星から来た神々が設計した国」

という意味だったそうです。

 

「日本」という国は、現在は、国旗の「日の丸」に代表されるような、「太陽信仰」が、メインの国ですが、太古の昔、ある期間は、「星信仰」の国でもあったようです。

全国で行われている、「大文字焼」は、「星から来た神々」に、感謝の祈りを捧げる祭りだとも言われています。

f:id:tomaatlas:20180702154226j:plain


「エジプト」という国は、一般的には、日本同様に、「太陽信仰」のイメージですが、「太陽」も「星」も、両方ともバランスよく、信仰していたようなような気がします。
「陰」と「陽」というのは、やはり、表裏一体なのだと思います。

これも、エジプトの壁画からです。
左が、「太陽」で、右が、「星」ですね。

f:id:tomaatlas:20180702171232j:plain

 

 

ほとんどの宇宙人は、宇宙の法律のようなものがあって、地球への直接介入は、認められていないそうです。

しかし、「アヌンナキ」の一族は、地球にとっては、「親戚」のような存在だったため、太古の時代においては、わりと直接的に、人間に関わることが、許されていたようです。

 

この一族は、シェイプシフト、つまり、変身能力があるために、いろいろな姿形になるので、この一族を論じる時には、話がとても複雑になります。

ここでは、思いっきり簡単に書いておきます。


「二ビル」という名前の惑星から、50万年前くらいに地球にやってきたとも、言われています。

「アダムとイブ」などの人類創世にも関わった神様です。

 

「アヌンナキ」の意味です。
聖書などのヘブライ語の、「Elohim(エロヒム)」という単語は、本来、

「el(天)」+「im(人間の複数形)」=「天より地に降りし者たち」

つまり、

「天空より飛来した人々」

という意味で、れっきとした、人間の複数形なのです。

「他の惑星から、UFOで、この地球にやってきた人たち」

ということです。
さらに、「Anunnaki(アヌンナキ)」という宇宙人グループの名前は、古代シュメール語で、

「anu(天空)」+「na(~から)」+「ki(地球)」

これも、

「天より地に降りてきた」

という意味で、全体として、「エロヒム」と、同じ意味なのです。

「エロヒム」=「アヌンナキ」

だということです。
両方とも、

「星から来た神々」

という意味です。

 

太古の時代、地球においての最高神だったのが、「アヌ王」だったと言われています。

他にも、いろいろな名前があり、「天神アン」や「アン」など、土地によって、様々な呼び方がされていたようです。


この男性の神様(宇宙人)から、地球の歴史は、主に始まっているのです。
彼が、地球の計画書みたいなものを作成して、そのプラン通りに、歴史は動いているのです。
だから、「his story(彼の物語)」なのです。
この二語を組みわせた造語が、「history(歴史)」だということです。
「歴史」の秘密は、そのまま、文字に表現されていたのです。

そのまんまなのです。
素直に解釈すればいいだけの話です。

 

諸説ありますが、これらの写真は全て、「アヌ王」だと言われています。

ライオンを、ペットのように抱いていますね。

f:id:tomaatlas:20180701191131j:plain

 

これは、アフリカのお祭りの写真です。

おそらく、「アヌ王」だと思います。

f:id:tomaatlas:20180701195010j:plain

 

一般的な「アヌ王」の姿です。

f:id:tomaatlas:20180701191000j:plain


鳥の姿に、シェイプシフトした時の「アヌ王」だそうです。

f:id:tomaatlas:20180701191036j:plain

 

鳥と人間の中間の姿、つまり、背中から翼を生やした姿でも、よく空を飛び回っていたようです。

f:id:tomaatlas:20180702173220j:plain

 

彼は、「ゾロアスター教」の最高神、「アフラ・マズダー」でもあったみたいです。

「ユダヤ教」や「イスラム教」や「ミトラ教」それから、「バラモン教」などの最高神でもあります。

中近東のあたりで発生した宗教の源を辿ると、全てがこの神様にいきつきます。

f:id:tomaatlas:20180701191538j:plain

 

わかりやすいイラストにすると、こうなります。

f:id:tomaatlas:20180701191405j:plain

 

これは、「シュメール文明」の壁画に描けかれている絵です。
これらの空を飛んでいる物体も、そうだと思います。

f:id:tomaatlas:20180702174457j:plain

 

前半で紹介した、「ホルス」や「スカラベ」、それから、「アメリカ合衆国」の国章とも、コンセプトが似ていますね。

 

 

聖書の中では、キリストが、洗礼者であるヨハネから、バプテスマ(洗礼)を受けるとき、天から聖霊が降りてきたと言われています。
この絵では、キリストの頭上に、「白い鳥」がいるのが、わかりますね。

f:id:tomaatlas:20180701191714j:plain

 

ついでに、その白い鳥の右下にも、「黒いカラス」のような存在があることにも、注目していてください。

f:id:tomaatlas:20180701191822j:plain

 

宇宙考古学の視点では、この場面に対して、とてもユニークな解釈をすることができます。
「この白い鳥、さらに、黒いカラスは、アヌ王だったのではないだろうか?」
つまり、「アヌ王=アフラ・マズダー」が、「鳥」の形に、シェイプシフトして、さらに、サイズを小さくして、キリストの頭上に、現れたのではないかということです。
何が言いたいかというと、
「特別な人を洗礼する場合、地球の真の王である、アヌ王自らが、宇宙からやって来て、次の地球の王になる人物を、直接、任命していたのではないだろうか?」
ということです。

 

たとえば、神武天皇にも、歴史上の最重要な場面で、「鳥」がやってきました。
「八咫烏」と呼ばれている鳥ですね。

f:id:tomaatlas:20180702174404j:plain

 

上の「キリストの洗礼」の場面にいる、「黒いカラス」のような物体と、似ていませんか?
同じ存在だったのではないですか?

だとしたら、「アヌ王」、「キリスト」、「神武天皇」これらの三者は、同じ魂のグループだということになります。

 

下記の写真は、北極上空を通過しながら、地球軌道を移動している謎の巨大人工衛星です。
謎の物体は、「"Black Knight" Satellite" ブラック・ナイト・サテライト(黒騎士の衛星)」と名づけられているそうです。
この人工衛星の存在は、1960年から確認されているそうです。
有名な科学者、ニコラ・テスラも、この存在を知っており、この衛星とコンタクトをしていたようです。
NASAによって提供された、「黒騎士の衛星」の写真です。

f:id:tomaatlas:20180701191748j:plain

 

「アヌ王」の乗っているUFOなんじゃないですか?
もしくは、「アヌ王」が、UFOの形に、シェイプシフトしているんじゃないでしょうか?

 

ちなみに、これは、有名な「ケネス・アーノルド」という人が、目撃したUFOです。

f:id:tomaatlas:20180701194222j:plain

 

1947年6月24日に目撃して、「空飛ぶ円盤(フライングソーサー)」という言葉にもなりましたね。
そして、この日は、現在でも世界中で、「UFOの記念日」になっています。
もしかしたら、このUFOも、「アヌ王」が、シェイプシフトしたUFOだったのかもしれません。


福岡県の「竹原古墳」に描かれている壁画を、わかりやすく描き直した絵です。

この絵は、宇宙考古学的に最重要な絵です。

f:id:tomaatlas:20180701191903j:plain


遠くの「黒い三日月」のような物体が、「アヌ王」が、シェイプシフトしたUFOだと思います。
「黒い三日月」に、注目してください。

f:id:tomaatlas:20180701192224j:plain

 

最近、どこかで、見かけませんでしたか?
SF映画、「メッセージ」の中に出てきますね。

f:id:tomaatlas:20180701192028j:plain

 

f:id:tomaatlas:20180701192108j:plain

 

この映画の内容は、「フィクション」というよりは、私は、
「別のパラレルワールドの地球で、実際に起こっている出来事」
だと捉えています。
この映画の凄いのは、人によって、受け取るメッセージが、全く違うということです。
「愛」だったり、「パラレルワールド」だったり、「生き方」、「宇宙人」、「言語学」、「未来」などなど、いろいろな捉え方ができると思います。


ここでは、「宇宙考古学」の視点から、解釈しますね。
これは、前述したように、地球の支配者である、「アヌ王」が、「黒い半月型のUFO」に、シェイプシフトした存在を、表現していると思います。
映画の中では、雲の中から出てきてましたね。

f:id:tomaatlas:20180701192136j:plain

 

「雲の中から、出てきた神様」
こう言えば、すぐにわかりますね。

「出雲大社」ですね。
「出雲」に祀られている神様は、このUFOと縁が深い神様だということです。

このUFOを、「神」と崇めている宗教は、他にも、世界中に、たくさんあります。


有名なのは、旧約聖書の中で、「モーゼ」が、
「あなたのお名前は、なんと言うのですか?」
と、神に質問した時に、返ってきた答えが、
「わたしは、有って有る者です」
という返答だったと言われています。
全地を創った神の御名は、「有る」なのです。

神は、全ての存在の根源ですから、その御名が、「ある」や「存在する」であることは、ピッタリで、ふさわしいのかもしれません。


「出雲大社」のシンボルマークにも、これが書かれています。

「有」という文字は、「大」と「月」から構成されていますね。
わかりましたね。

「大きな月」という意味です。

「出雲大社」の本当の御神体は、このUFOなのです。
つまり、古代の地球で、絶対的な支配者だった、「アヌ王」だということです。

f:id:tomaatlas:20180701192506j:plain

 

大阪の「住吉大社」にも、御神体として祀られていました。

f:id:tomaatlas:20180701192326j:plain

 

多くの神社にある、「鏡」も、このUFOが支えているのが、わかりますね。

f:id:tomaatlas:20180701192409j:plain

 

これは、「熊野本宮大社」の御社殿に入る前の門です。

ここに、飾られている「しめ縄」に注目してください。
ハイ!
「ゾロアスター教」の最高神、「アフラ・マズダー」ですね。

f:id:tomaatlas:20180701192550j:plain

 

「八咫烏」の正体も、「アフラ・マズダー」であり、「アヌ王」だったということです。

「アヌ王」=「アフラ・マズダー」=「八咫烏」=「黒い半月型のUFO」
こういうことです。

f:id:tomaatlas:20180702174544j:plain

 

 

前半部分で、「ホルス」という神様の話をしましたね。

ハイ!

もうわかりましたね。

そうです。

この神様の正体も、「アヌ王」だったのです。

f:id:tomaatlas:20180701194252j:plain

 

これは、江戸時代に、奈良県の「等彌神社」で発掘された土偶です。

年代測定では、二千年前の物だと言われているそうです。

「アヌ王」のグループが、スペースシップから、宇宙服を着て、降り立った姿だとも言われています。

この宇宙服を着た宇宙人の正体も、「ホルス」だと言われています。

f:id:tomaatlas:20180701194447j:plain

 

 

鳥の姿の神様を崇拝する文化は、世界中にあります。

アフリカにも、たくさんいます。

f:id:tomaatlas:20180701194937j:plain

 

f:id:tomaatlas:20180701195050j:plain

 

中国の壁画に描かれている有翼人です。

f:id:tomaatlas:20180701194152j:plain

 

インドの壁画に描かれている有翼人です。

f:id:tomaatlas:20180701194131j:plain

 

エジプトの壁画に描かれている有翼人です。

f:id:tomaatlas:20180701194107j:plain

 

北海道のフゴッペ洞窟に描かれている有翼人です。

f:id:tomaatlas:20180701194043j:plain

 

 

 最初の話から、トータルでまとめます。

 前半の神様を後半の神様と合わせて考えます。

「雀」=「隼」=「迦楼羅」=「ホルス」=「スカラベ」=「アヌ王」=「アフラ・マズダー」=「八咫烏」=「黒い半月型のUFO」

こうなるのです。

 

長々と書きましたが、この話の結論は、

「雀神社の本当の御最新は、太古の時代に地球の最高神だった、アヌ王である」

ということです。

面白いでしょう~!

 

太古の時代において、地球の最高神だった、「アヌ王」という存在は、現在でも、その活動の痕跡が、世界中にたくさん残っているのです。

 

 

☆さらに詳しい話は、私の著書、「地球を創った魔法使いたち 1」に書いてあります。

ぜひ読んでみてくださいね。

tomaatlas.hateblo.jp

 

 

 

☆ランキングにも、参加しています。

記事が面白かったら、応援クリックもお願いします。


スピリチュアルランキング

 


にほんブログ村



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 
http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

 

☆下記が、私のメインサイトの「精神世界の鉄人」のエッセイ集です。
不思議な体験談や精神世界の探求が、たくさん書いてあります。
2001年6月から、アメリカで書き始めたものです。
ぜひ、遊びにいってみてくださいね。
http://www.tomaatlas.com/library.htm

 

☆メインサイトです。
http://www.tomaatlas.com

 

 ☆フェイスブックもやっています。

www.facebook.com

 

☆インスタグラムもやっています。

www.instagram.com

 

 ☆ツイッターもやっています。

twitter.com

 

☆私の著書、「地球を創った魔法使いたち」も、絶賛発売中です。

ぜひ読んでみたください!

http://www.tomaatlas.com/magicalearth.htm

 

☆私が自信をもってオススメする、ヒーリンググッズの王様、「不思議なペンダント・アセンション」のサイトです。

http://triplehimawari.ocnk.net/