精神世界の鉄人

UFOやチャネリング、霊、輪廻、超古代文明などの不思議な話題から、ビジネス、経済、政治、歴史、文化などの社会問題、そして、恋愛や結婚、ダイエット、旅などの現実的な話題まで、幅広く、日々感じたことを、書き綴ってみますね。

堺フェニックスツアー 6 鳥の神様

宇宙考古学や古代史の最近の流行として、「共通項を探す」という動きがあります。
数学でいえば、それまで、「違い」を探して、どんどん、「展開」していった流れから、現在は、「共通項」を探して、「因数分解」するような作業に、流れが変わっているのです。

時代や土地、それから、神話や伝説、また、人間と神々など、時空間や存在に関わらず、「似たような人生」、「似たような名前」、「似たようなシンボルマーク」、「似たような服装」など、どこかが似通っていたら、それらの複数の人物たちは、とりあず、「同じ魂のグループ」、もしくは、「生まれ変わり」だと見なすのです。
このやり方だと、面白いことがわかったり、意外な事実に気が付いたりして、最高に面白い作業になります。


たとえば、一般的な伝承によれば、「キリスト」は、「馬小屋」で生まれたと言われています。

f:id:tomaatlas:20190926000040j:plain


同様に、「聖徳太子」も、「馬小屋」の近くで、生まれたと言われています。

f:id:tomaatlas:20190926000051j:plain


このことから、
「キリストと聖徳太子は、同じ魂の生まれ変わり、もしくは、同じソウルグループのメンバーだった可能性がある」
こういう仮説が成り立つのです。
「キリスト」=「聖徳太子」
だということです。

他にも、こういうものもあります。
ロシア正教の宗教画には、「キリスト」が、不思議なハンドサインをして描かれているものがあります。

f:id:tomaatlas:20190926000100j:plain


そして、京都の広隆寺にある、「弥勒菩薩半跏思惟像」も、同じようなハンドサインで、彫られています。

f:id:tomaatlas:20190926000112j:plain


よく見ると、この二人の人物の指の形が、同じですね。
このことから、
「キリストと弥勒菩薩も、同じ魂の生まれ変わり、もしくは、同じソウルグループのメンバーだった可能性がある」
こういう仮説も、また成り立つのです。
「キリスト」=「弥勒菩薩」
だということです。

つまり、いつの時代でも、画家や彫刻家が、いろいろな作品を作るのですが、意識しているか無意識かに関わらず、天界の神々が、未来の人々に、いつの日か、神の世界のカラクリを、解き明かしてくれる日のために、暗号のように、様々な仕掛けをしていたということです。

 

 

大昔から、世界中に、「鳥」の姿をした神様の信仰があります。

 

上空を飛んでいるのが、父親の「アヌ王」で、下の二人が、息子たち、「エンキ」と「エンリル」でしたね。

{58E61391-AF08-4B64-A265-0FE9E807938B}

 

「東京大神宮」で行われている蝶の舞いです。

人類創世の神である、「アヌンナキ」の一族への感謝の舞いだと思います。

{3205E7AE-5804-4AF5-A3D4-E2F498941E94}

 

聖書の中では、「キリスト」が、洗礼者である、「ヨハネ」から、バプテスマ(洗礼)を受けるとき、天から聖霊が、降りてきたと言われています。

「イエスは、洗礼を受けると、すぐ水の中から上がられた。その時、天が、イエスに向かって開いた。イエスは、神の霊が、鳩のように御自分の上に降ってくるのを、ご覧になった」

「マタイによる福音書」第3章16節

 こういう記述があるのです。

 

「キリスト」の頭上に、「白い鳥」がいるのが、わかりますね。

ついでに、その右下にも、「黒いカラス」のような存在があることにも、注目していてください。

{3C69E642-7933-43B8-9559-04FBD7E7A142}

 

宇宙考古学の視点では、この場面に対して、とてもユニークな解釈をすることができます。

大胆な仮説です。

「この白い鳥は、アヌ王だったのではないだろうか?」

こういう視点で、一度考えてみませんか?

つまり、「アヌ王=アフラ・マズダー」が、「鳥」の形に、シェイプシフトして、さらに、サイズを小さくして、「キリスト」の頭上に、現れたのではないかということです。

 

こう考えると、ムチャクチャ面白い話になります。

何が言いたいかというと、

「特別な人を洗礼する場合、地球の真の王である、アヌ王自らが、宇宙からやって来て、次の地球の王になる人物を、直接、任命していたのではないだろうか?」

ということです。

 

たとえば、「神武天皇」にも、歴史上の最重要な場面で、「鳥」がやってきました。

「八咫烏」や「金鵄」などとも、呼ばれている「鳥」ですね。

上の「キリストの洗礼」の場面にいる、「黒いカラス」のような物体と、似ていませんか?

同じ存在だったのではないですか?

{47C60AEE-FCB6-4AC3-9FCA-624081E8CCBA}

 

だとしたら、「アヌンナキ」、「キリスト」、「神武天皇」も、同じ魂のグループだということになります。

 

もっと面白い写真を、お見せしましょう。

下記の写真は、北極上空を通過しながら、地球軌道を移動している、謎の巨大人工衛星です。
これは、「タイムズ誌」や「NASA」も認めているそうです。
謎の物体は、
「"Black Knight" Satellite" ブラック・ナイト・サテライト(黒騎士の衛星)」
と名づけられているそうです。

この人工衛星の存在は、1960年から、確認されているそうです。
有名な科学者、「ニコラ・テスラ」も、この存在を知っており、この衛星と、コンタクトをしていたようです。
ある学者のグループは、この物体は、近代からではなく、もっと大昔から、地球の上空に滞空していたのではないかと、考えているそうです。
「NASA」によって提供された、「黒騎士の衛星」の写真です。

{5A57300C-1230-4344-87DD-08BDE19AEC2D}


わりと近くからの写真です。


これは、想像図だそうです。

 
「アヌ王」の乗っているUFOなんじゃないですか?

もしくは、「アヌ王」が、UFOの形に、シェイプシフトしているんじゃないでしょうか?

 

これも、現在、世界中で目撃されている、「鳥型のUFO」です。

珍しく、編隊を組んで、飛んでいる場面です。

{119ECC32-93AD-4736-8F30-6F1692F9188B}

 

たくさんの宗教画にも、「白い鳥」は、描かれています。

{34899CF4-1A7B-41F1-8126-3E2E0F6203C1}

 

{136181E9-1E3D-4712-9762-9EAD7C7C8CB9}

 

{A08C40DB-9D02-405B-9AF6-81106789C49E}

 

これは、太陽の近くを飛ぶ、超巨大なUFOです。

地球の数十倍の大きさだそうです。

「火の鳥」と、呼ばれているそうです。

{E80FE63B-B404-4B7E-91A1-024ACCE90AC0}

 

これも、太陽の近くで、撮影されたものです。

{B114D6CE-746D-4285-A6EB-424D24E3EA71}

 

太陽から、「白い鳥」が、エネルギーを補給している場面だそうです。

{FB6D2528-6F42-4910-88A6-EE592DD38809}

 

「アヌ王」が、鳥の姿に、シェイプシフト(変身)した時の姿を、もう一度掲載しますね。

{C32A81EF-6547-44D0-A29B-68AE63DFBD6E}

 

「鳥の神様」へ捧げるお祭りは、世界中にあります。

{AB0AE69C-42D3-4F78-B1B4-6A7D5036E26C}

 

{4EA88DCC-50D1-4C33-9E87-DFD52542A851}

 

{79E8D6D3-8A6B-4AC2-80B6-2494C4CFB1DB}

 

何がいいたいか、わかりましたか?

地球上のあらゆる土地で、信仰されてきた、「鳥の神様」は、もしかしたら、全て同じ神様の可能性があると言っているのです。

おそらく、その源は、シュメール文明の時代、地球の王だった、「アヌ王」だということです。

 

 

「鳥の神様」の神話も、世界中にあります。

 

これは、お隣の中国の霊獣、「三足烏(サンソクウ)」という名前です。

三本の足を持ったカラスで、アフリカなどにも、これと同じ壁画が見つかっているそうです。

周囲の「丸」は、「太陽」を表現していて、「カラス」は、「黒点」だという説もあるようです。

つまり、「太陽に住む鳥」だということです。

{31A60AA0-2F77-456A-BC5B-BEF1A322E619}

 

これも、同じくお隣の韓国の霊獣、同じく「三足烏(サムジョゴ)」という名前だそうです。

また、高句麗では、昔から、「火烏」とも呼ばれているそうです。

ここまで似た絵だと、上記の中国の霊獣と同じだと考えてもいいと思います。

{A53FB00C-506E-43F9-97E5-4346E8E409E8}

 

わかりましたか?

つまり、これらの霊鳥は、同じ存在だということです。

そうです。

日本では、熊野を拠点にしたグループ、「八咫烏」です。

ここでも、「丸」の中に入っていますね。

{926857FC-3910-4FAF-891B-7418E15E159A}

 

 

いろいろ調べると、これらの霊鳥は、他の存在、「金鵄」や「不死鳥(フェニックス)」とも同じ存在みたいです。

「鳳凰」と「朱雀」、「不死鳥(フェニックス」、そして、「火の鳥」の違いを知っていますか?
なんとなく、同じようなイメージで、認識しているのではないですか?

 

ネットで調べてみました。


まず、「鳳凰」は、中国の神話に登場する伝説の鳥です。
鳳凰は、平安を表すのですが、なぜかというと、鳳凰が現れるのは、徳の高い王によって、安定した政治がおこなわれ、世の中が平和な時か、知性の優れた人が生まれた時にのみ、姿を現すからだそうです。

また、「鳳凰」という言葉は、「鳳」が「雄」で、「凰」が「雌」だそうです。
京都にある「宇治平等院鳳凰堂」の鳳凰像が、有名ですね。
1万円札の裏側にも、描かれていますね。
151024_050224.jpg


この図柄は、品格があり、この世の動物達の長の一つであり、めでたい事の起こる前兆とされる鳳凰が、日本の最高額のお札には、ふさわしいということで、採用されたそうです。

「鳳凰」と「朱雀」は、違うものではなく、同じものとされることが、多いみたいです。
中国の思想では、
「万物は、木・火・土・金・水の5種類の元素からなる」
という五行思想がありますね。


これができる前は、「鳳凰」を、「風の神」として、信仰していた時代も、あったそうです。
それ以降は、「南と火を司る神聖な鳥」になり、「朱雀」とも、呼ばれるようになったそうです。

東西南北の四つの方角を司る霊獣、「四神(東の青竜、南の朱雀、西の白虎、北の玄武)」として参照する場合は、「朱雀」と呼び、単体の時は、「鳳凰」と呼ぶという使い分けをすると言う説もあるそうです。
要するに、この二つは、ほぼ同じ意味だということです。

一方で、「不死鳥」は、もともとは、「フェニックス」と言い、性別の区別のない鳥で、エジプトから伝わったそうです。
「フェニックス」は、数百年に一度、香木を積み上げて火を着け、火の海に飛び込んで、その体を燃やして灰となり、灰の中から再生して、幼鳥として再び現れるといった説もあります。

他にも、
「フェニックスの血を、口にすると不老不死になる」
と言う説から、別名「不死鳥」とも言われています。
それで、「フェニックス」と「不死鳥」は、同一とされています。

海外では、「復活」や「再生」や「新しい人生の始まり」と言った意味で、捉えられる事が多いそうです。
日本では、「不死鳥」の英語名が、「フェニックス」だというイメージで、定着していると思います。

いずれも、現在、肉体を持った鳥ではなく、「霊獣」の分類になっているので、学者の先生たちの間でも、あまり細かく分けられてはいないようです。

さらに、手塚治虫先生の名作、「火の鳥」というマンガでは、これらの鳥の特徴が、混ざったような鳥が登場したために、日本人の中では、
「不死鳥(フェニックス)」=「鳳凰」=「朱雀}=「火の鳥」
といったかんで、全部の存在を、同一視するようなイメージになっているようです。
151024_050801.jpg


結論は、
「どれも、名前が違うだけで、同じ存在だったかもしれない」
ということです。

「鳥の神様」

というグループで、まとめてもいいと思います。


私個人は、「鳳凰」や「朱雀」などは、実在していた鳥だと思っています。
ついでに、「不死鳥(フェニックス)」も、いただろうと思っています。

 

 

これから、凄い話をします。

2018年の12月に、発見した地上絵です。

「日本海」の中心にある、「大和灘」を見てください。

f:id:tomaatlas:20181201091735j:plain

 

わかりましたか?

実はここに、地球上最大の「鳥の神様」の地上絵があるのです。

わかりやすいように、赤ペンで輪郭を描いてみました。

ジャーン!

f:id:tomaatlas:20181201092020j:plain

 

わかりましたか?

「鷲」のような存在が、「日本海」の中心を頭部にしています。

「大和灘」が、「目」です。

「九州」から「北海道」まで、「両翼」を広げています。

「伊豆諸島」のあたりが、「尾羽」にあたると思います。

「鳳凰」にも見えますね。

さらに、「伊豆半島」と「三浦半島」と「房総半島」が、この鳥の足の部分だと見なすと、三本足になり、「八咫烏」になります。

私には、こちらのほうが、しっくりくるので、この地上絵を、「八咫烏」だと思っています。

まあ、「不死鳥(フェニックス)」でもいいと思います。

全部、同じですから。

 

つまり、

「日本列島」=「アヌ王」=「八咫烏」=「不死鳥(フェニックス)」

こうなるのです。

「日本列島」の正体は、古代において、地球の最高神だった、「アヌ王」つまり、「八咫烏」であり、「不死鳥(フェニックス)」だったのです。

凄いですね~~~!!!

 

他にも凄い話があります。

「鳥の神様」の地上絵は、日本列島においては、他にも、東北地方に刻印されていたのです。

 

まずは、「東北地方」を中心にしたエリアの普通の地図を見てください。

これだと、この地図は、なんの変哲もありませんね。

f:id:tomaatlas:20181130174716j:plain

 

次に、樹木を剥ぎ取り、剥き出しになった地形の地図です。

ジャーン!

f:id:tomaatlas:20181023215052j:plain

 

わかりましたか?

これも、わかりやすいように、赤ペンで輪郭を描きました。

f:id:tomaatlas:20181130172521j:plain

 

どうですか?

ちゃんと、脚も三本あるように見えますね。

「八咫烏」です。

 

つまり、東北地方の日本海に、この超巨大な「八咫烏」の地上絵が存在することから、太古の時代において、ここにも、地球の最高神だった、「アヌ王」の本部があったということが推測されるのです。

 

ご存知の用意、「奥羽山脈」とは、東北地方の中央部を、青森県から栃木県にかけて南北に延びる日本最長の山脈ですが、この山脈そのものが、ウルトラサイズの超超巨大地上絵だったのです!

 

「奥羽」とは、

「地面の奥のほうに、羽が隠れている」

という意味もあるし、

「東北地方全体を覆う羽」

の意味もあるのかもしれません。

さらには、

「王の羽」

の意味も含んでいるのかもしれません。

いや~、凄まじい地上絵ですね~!

 

日本の古代史というのは、このように、私と私の友人たちのチームが、多くの地上絵を発見したことにより、今、大革命が起こっているのです!

 

 

さて、旅行記に戻ります。

 

実は、今回の調査地である大阪府堺市にも、「鳥の神様」の地上絵があったのです。

 

現地調査に行く前までは、知らなかったのですが、現地で、あるマップを見た時に、この地上絵を、発見しました!

 

いきますよ!

ジャ~ン!

この地図です。

f:id:tomaatlas:20210427000900j:plain

 

わかりにくいと思うので、いつものように、赤ペンで、補助線をいれますね。

「鳥の神様」が、二羽いるのがわかりましたか?

地図全体に、「親鳥」のような大きな鳥が描かれていますね。

左側に頭部があり、大きな翼を広げています。

 

f:id:tomaatlas:20210505182953p:plain

 

わかりやすいように、「目」も記入して、さらに、「大」と記入しました。

どうですか?

「日本列島」や「東北地方」に刻まれた、「鳥の神様」とソックリの姿ですね~!

だとしたら、大阪府堺市も、地球の王の拠点だったということです。

おそらく、このあたりに、本部のような基地があったのかもしれません。

もちろん、その中心は、「大仙陵墓(仁徳天皇陵古墳)」です。

おそらく、この地上絵の正体は、「アヌ王(八咫烏)」だと思います。

f:id:tomaatlas:20210505183018p:plain

 

 頭部の拡大地図、それから、「目」です。

f:id:tomaatlas:20210505183051p:plain

 

そして、「親鳥」の足元のあたりには、「雛鳥」のような小さな鳥がいます。

これは、「小」と記入しました。

この地上絵では、「大仙陵墓(仁徳天皇陵古墳)」が、片翼になっていますね。

「雛鳥」の正体は、「アヌ王」の息子である、「エンリル」だと思います。

f:id:tomaatlas:20210505183034p:plain

 

「この雛鳥の地上絵、どこかで見たことあるデザインだな… どこで見たのかな?」

ちょっと考えたら、すぐに思い出しました。

なんと、「堺市」のマークだったのです!

 

つまり、こういうことです。

「エンリル」=「堺市」

いや~、面白いですね~!

f:id:tomaatlas:20210426160404j:plain

 

もしかしたら、「堺(さかい)」という地名には、「社会(しゃかい)」という意味も含まれるのかもしれません。

なざならば、地球の二代目の王である、「エンリル」が、もしかしたら、初めて地球に、「社会」というものを構築した可能性があるからです。

「堺」というのは、古代のある時期、地球に誕生した初めての「社会」だったのかもしれません。

いろいろ想像すると、楽しいですね。

 

 

私たちは、「雛鳥」の地上絵の胴体部分である、「大仙公園」にも、向かいしました。

次回をお楽しみに!

 

 

 

☆私の著書、「地球を創った魔法使いたち」の1巻~2巻も発売中です。
ぜひ読んでみたください。

tomaatlas.hateblo.jp

 

 

☆記事の感想などは、下記のアドレスに、お気軽にメールくださいね。(お手数ですが、メルアドは、コピーして貼り付けてください)
toma_atlas@yahoo.co.jp

 


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 

☆ランキングにも、参加しています。

記事が面白かったら、応援クリックもお願いします。

 


スピリチュアルランキング

 


にほんブログ村

 

☆下記が、私のメインサイトの「精神世界の鉄人」のエッセイ集です。

不思議な体験談や精神世界の探求が、たくさん書いてあります。
現在は、ほとんど更新していませんが、遊びにいってみてくださいね。
http://www.tomaatlas.com/library.htm

 

 ☆フェイスブックもやっています。

www.facebook.com

 

☆インスタグラムもやっています。

www.instagram.com

 

 ☆ツイッターもやっています。

twitter.com

 

☆私が自信をもってオススメする、ヒーリンググッズの王様、「不思議なペンダント・アセンション」のサイトです。

http://triplehimawari.ocnk.net

 

☆個人セッションも、ぜひ体験してみてくださいね。

tomaatlas.hateblo.jp