精神世界の鉄人

UFOやチャネリング、霊、輪廻、超古代文明などの不思議な話題から、ビジネス、経済、政治、歴史、文化などの社会問題、そして、恋愛や結婚、ダイエット、旅などの現実的な話題まで、幅広く、日々感じたことを、書き綴ってみますね。

ホワイトマジック

たまに、都内の池袋に行くことがあります。

数年前に、ある方から、
「JR池袋駅の近くに、凄いパワースポットがある」
と教えていただいたので、池袋駅に行くときには、必ずここで参拝することにしています。


駅の東口からすぐなのですが、なかなかわかりにくいです。
「池袋四面塔稲荷大明神」という名前です。
「池袋駅前公園」という場所にあります。
その辺りは、江戸時代、目白方面から長崎、川越街道、中山道へ抜ける山の中の四つ辻だったこともあるようです。
だから、四面塔は、道標としても使われていたそうです。

こじんまりとした、「お堂」が、二つ連なっているだけの小さな場所です。
でも、考えてみたら、都内の有名な駅前に、これだけの土地を占めているというのは、凄いことかもしれません。
坪当り、どれくらいするんでしょうね?

都内にある神社やお寺というのは、人混みも多く、いろいろな人が行きかい、しかも、経済や政治が激変している中を生き延びた、強い神様ばかりが祀られているそうです。
だから、「開運」にも効果のある所ばかりなのだそうです。

着きました。


左側が、「四面塔稲荷大明神」、右側が、「四面塔尊」だそうです。
まずは、左側の「稲荷神社」に、参拝しました。

f:id:tomaatlas:20190904104200j:plain


こんなに小さくても、なぜか威厳があります。

f:id:tomaatlas:20190904104221j:plain


次に、「四面塔」のほうにも、参拝しました。

f:id:tomaatlas:20190904104233j:plain


「南無妙法蓮華経」と書かれていました。

f:id:tomaatlas:20190904104244j:plain

 

パワースポット巡りというのは、やはり、いろいろな所をまわり、自分にピッタリなところを、見つけるがいいそうです。

あくまでも、
「自分が、どう感じるか?」
ということを、最優先にするといいそうです。

有名な場所でも、居心地が悪かったり、無名な場所でも、やけに落ち着いたリすることもあるように、相性の問題だそうです。

そして、この相性が、どうやって決まるのかというと、たとえば、「徳川家康」が祀られている場所が、居心地がいい人は、前世において、家康の味方側の武士だったりするそうです。
反対に、居心地が悪いと感じる人は、前世で、敵側の武士だったりすることが、多いそうです。


そして、「開運」が目的の場合、すぐに、
「お金が入っていた!」
「まだ、お金が入ってこない…」
というふうに、現世御利益的に考えるのではなくて、
「この場所には、どういう意味があるんだろう?」
と、いろいろな意味を、深く考えて選ぶのが、運気を上げるコツなのだそうです。

 


ある本の中で、著者が、ご自分の暗い過去を告白されていました。


なんでも、独立したばかりの年に、悪い人に大金を騙し取られたことがあったそうです。
会社の経営にも困り、取り立ての人が来て、心理的に追い込まれたりして、とてもつらい時期があったそうなのです。

それで、自暴自棄になって、池袋の駅のあたりで飲んでいた時に、袖を引っ張られるようなかんじで、この「四面塔」の所に行ったとのこと。
そこで、「願掛け」をしたそうです。

すると、その3日後に、ある番組に呼ばれて、その番組が終わった後、ある方から、
「大物の社長さんが困っています。今すぐに行きますから、相談にのってください」
こう頼まれて、応接室で話したら、すぐに前金で数千万円のお金を、もらえることになったというのです。
なんと、それは、騙し取られた金額と、ピッタリ同じ額だったそうです。
そのあと、「四面塔」の所に行って、感動して男泣きしたそうです。
「神は、本当にいるんだ」
こう確信した場所が、ここなのだというのです。

その著者の方は、本当に経営に困っている社長さんがいたら、とりあえず、ここに来てもらうのだそうです。
ご自身が、強く確信しているから、自信をもって勧められる場所が、ここなのだそうです。


私自身も、実は、同じような過去があります。

20年くらい前に独立したのですが、最初から、けっこううまくいきました。
当時、いろいろな事業に手を出し、たくさんの失敗もしましたが、成功もして、経済的にも、だいぶ豊かだった時期がありました。
こうやって、羽振りがいい時期は、いろいろな人が寄ってきます。
好奇心旺盛で、なんでも試してみる姿勢の私は、いろいろなビジネスマンと交流していました。
そこで、たくさんのことを学びました。

しかし、やはり、詐欺に引っかかってしまったのです。
今から、13年以上前の話です。

「投資」、「ゲーム」、「仮想通貨」、「ネットワークビジネス」、これらが、組あわさったようなビジネスでした。
大手の大企業とも提携していたし、テレビのニュース番組などでも、取り上げられていたし、何よりも、実際に、たくさんの人が、すでに儲かっていました。
しかも、その人たちは、5年以上もの間、儲かり続けていたのです。
関わっている人たちも、皆、いい人ばかりでした。
疑う要素が、全くないのです。

しかし、これが、本物の詐欺だったのです。
大手の大企業もテレビも、グルになってやるのです。
おそらく、社員全員ではなく、一部の数人に、賄賂みたいなものを渡して、やるんだと思います。
私たちは、そのビジネスが、有名な大企業が関わっていたり、メディアが紹介したというだけで、信用してしまいがちですが、それを信じた人たちが、カモにされるのです。

後から、わかったことですが、この大掛かりな詐欺は、欧米のユダヤ系の金融財閥から始まり、中国のマフィアを通じて、日本の詐欺グループのボスが、仕掛けていたそうです。
そして、そのビジネスを行っている社長だけが、全体の絵が見えていて、その会社で働いている社員たちは、半信半疑で仕事していたのです。
そして、私に、そのビジネスを持ちかけた人たちは、そういうことを知らずに、善意で動いている善人ばかりだったのです。


「悪人」=「黒」、「善人」=「白」だとしたら、
「黒」⇒「私」
なんていうわかりやすい図式ではないのです。
最近の詐欺は、
「悪人が、悪意をもって、詐欺のビジネスをもってくる」
という単純な流れではないのです。
「真っ黒」⇒「黒」⇒「黒っぽい灰色」⇒「灰色」⇒「白っぽい灰色」⇒「白」⇒「私」
こんなかんじで、「マネーロンダリング」みたいに、「ヒューマンロンダリング」をして、詐欺の話は、やってくるのです。
「悪人たちが、善人たちを利用して動かし、その動かされた善人たちが、善意で、ビジネスの話をもってくる」
こういう流れなのです。

細かいビジネスの話は、長くなるので、省略しますが、こういうビジネスは、5年くらいの周期で、忘れた頃に世界中で流行ります。
そして、3~5年くらいは、最初に始めた人たちだけは儲かります。
しかし、6年目あたりで、ごっそり持っていかれるのです。

そのやり方も、とても巧妙で、だいたい儲けさせた後、その会社と提携している海外の投資会社に、投資させるように誘導して、その稼いだ金額の全てを持ち逃げするというパターンが多いです。
現在でも、似たようなビジネスが、たくさん流行っているようですが、ハッキリ言って、ほとんどが詐欺です。
やめておいたほうがいいです。

ビジネスの基本的な姿勢として、
「よくわからないものには、手をださい」
というのは、肝に銘じておいてください。

私も、その詐欺で、それまでに稼いだ全財産を、もっていかれるという経験をしました。
しかも、同時に、多額の借金まで抱えてしまったのです。
けっこう辛くて、部屋で一人で泣いたこともありました。

その時に、私を救ってくれたのは、実は、「パワースポット」ではなく、「パワーグッズ」でした。
何度も紹介している、「不思議なペンダント・アセンション」だったのです。
それまで、こういうグッズ系のものは、偽物ばかりだと思って、ほとんど相手にしてなかったのですが、これを首から下げた時に、明らかに、自分の周囲の世界が変わったことが、わかりました。
「うわーーー!!!」
と、大声を出したのを、今でも覚えています。

そして、その3日後くらいから、明らかにマイナスの運気から、正反対のプラスの運気に変わってきました。
そして、失った全財産、それから、多額の借金、それらを合わせた金額を、なんと、2週間で取り戻す奇跡が起こったのです。
けっこうな大金でした。

私も、前述した著者のように、部屋で一人で男泣きしました。
私も、本当に、
「神様って、やはり、本当にいるんだ…」
と、確信できたのです。
そういう大失敗の後は、謙虚になります。
そして、こういい謙虚な姿勢になると、ますます、運気が上がるのです。

 

私は、この事件に巻き込まれるまでは、自分では、気がついていませんでしたが、おそらく、自信過剰で、傲慢な男になっていたのだと思います。
それを、神様が、こういう「愛のムチ」で、厳しく叱ってくれたのかもしれません。
それからは、多少のアップダウンはありますが、ある程度安定した経営を続けています。

「楽して稼ごう!」
こう思ったら、危ないです。
なぜならば、世の中の全員が、そういう姿勢になったら、世の中は、正常に機能しないからです。
これは、自然な流れではないのです。

でも、
「楽しく稼ごう!」
これは、いいのです。
世の中の全員が、そういう姿勢になったら、最高に楽しい世の中になるからです。

「いいビネスがどうか?」
というのは、
「世の中の全員が、それをやったら、どうなるのか?」
というのを、目安にするといいのです。
その先に、いいイメージが湧いてくるのであれば、それは、「いいビジネス」なのです。

「楽する」と「楽しく」
同じ文字でも、まったく違います。
「楽するビジネス」、この先には、「悪魔」が待っていることが多いです。
「楽しいビジネス」、この先には、「天使」が待ってることが多いです。

本当に豊かになりたかったら、ぜひ、「楽しいビジネス」を心がけてください。
「楽するビジネス」には、くれぐれも、注意してくださいね。
「楽しくて、ワクワクしているから、苦しいことも苦しいと感じない!」
こう思えるビジネスをやってください。
「楽しいビジネス」=「天使のビジネス」
なのです。

これは自分だけでなく、周囲の人たちみんなも、楽しい気持ちにさせれば、さらにいいです。
運気も倍増して、上がっていくと思います。
こういう「天使のビジネス」は、きっと、「天使」たちからの素晴らしいサポートがあり、「奇跡」を感じることができると思いますよ。

f:id:tomaatlas:20190904104134j:plain

 

 

現在、地球の波動が、どんどん上がっていると言われていますね。

 

一言で表現すると、「アセンション」という現象になります。

これは、精神世界にも、大きな影響を与えていますが、地球上のすべての環境や、政治、経済などの各分野、いろいろな業界にも、大きな影響を与えています。

今回は、その中でも、「ビジネス」に、与える影響を考えてみましょう。

 

だいぶ前の話ですが、オカルトに大変に詳しい方と、食事をしたときに、いろいろと興味深い話を、聴きました。

この方は、ビジネスマンとしても超一流の人物でした。

 

また、今から30年以上も前に、日本で初めて、成功哲学や願望実現法のセミナーを、開催したりしていたこともあるという、素晴らしい才能をもった方でした。

霊能者でもありました。

この方から聴いた話で、特に印象に残っている話があります。

 

この方が言うには、ビジネスには、大きく分けて、「ブラックマジック系」と「ホワイトマジック系」の二つがあるそうです。

日本語で言うと、「黒魔術系」と「白魔術系」ですね。

 

簡単に説明すると、「ブラックマジック」のテクニックを使うビジネスは、前述したように、楽をして大金を稼ぐようなビジネスだそうです。

なるべく、なにもしないで、お金が入ってくるようなシステムを、つくるビジネスだそうです。

具体的には、株式投資のビジネスなどが、これに属すると思います。

不動産なども、そうかもしれませんね。

IT長者などのベンチャービジネスを、やっている人をイメージしてもらえると、わかりやすいかもしれません。

なるべく、肉体的な汗をかかずに、頭脳で稼ぐビジネスといっても、いいかもしれません。

あとは、宝くじや競馬、競輪、競艇などの運に、左右されるようなギャンブルも、これに属するかもしれません。

 

これに対して、「ホワイトマジック」を使うビジネスは、働いた分だけ、収入になりやすい仕事、つまり、サラリーマンやOLなどの勤め人、あとは、八百屋さんや魚屋さん、電気屋さん、タクシーの運転手、学校の先生や警察官や消防士などの公務員、お百姓さん、漁師、お医者さん、看護婦さん、弁護士、トラックの運転手、清掃業などなど、普通の仕事が、これにあたるそうです。

まあ、これは、ハッキリ分けられないので、だいだい、そんなかんじだと、思っていてくださいね。

 

その方が言うには、「ブラックマジック系」に関しては、その方なりに、少しわかったことがあったそうです。

うろ覚えなので、あやふやな記憶もありますが、私が覚えている範囲で書きますね。

 

30年くらい前に、その方の友人たちが、そのブラックマジックを使うビジネスのやり方を、100%完全に解明したのだそうです。

その友人たちは、4人とも日本人で、しかも数学者だったそうです。

 

基本的には、現在出回っているような、成功哲学や願望実現法などと、それほど、かわらないテクニックだったそうです。

ただ大きく違うのは、よく昔のヨーロッパの魔術師たちがやっていたような、「生贄をささげる」という儀式をやるのだそうです。

これをやるのとやらないのでは、効果が大きく違うのだそうです。

現在のビジネスの成功のテクニックが、いまひとつ効果が薄いのは、この「生贄をささげる」という行為を、やらないからだそうです。

大昔は、人間をささげることも、あったそうですが、現代では生贄は、動物を選ぶそうです。

 

さて、その儀式をやって、ブラックマジックのパワーを完全にもらえるようになった4人は、やはり、短期間でビジネスが大成功したそうです。

中には、宝くじがあたったり、銀行になぜか、1000万円、どこかから振り込まれたり、投資で大当たりしたり、いろいろと不思議なことがおこったそうです。

 

その方も、真っ赤なフェラーリなどの高級車に乗せられながら、その4人から、いろいろな自慢話を聞かされたそうです。

「うらやましいな~」

と思う反面、なぜかその方は、こういうブラックマジック系のビジネステクニックには魅力を感じず、自分はやらなかったそうです。

特に生贄をささげるという行為に、抵抗を感じたそうです。

 

その後、その4人は4人とも、4年以内に交通事故や病気などで、亡くなったそうです。

1人だけだったら偶然だと考えたそうですが、4人とも死んでしまったので、この方は、

「ブラックマジック系のビジネス方法は、あまり、自然ではないのではないか?」

と思ったそうです。

 

その方は、

「これは私の仮説ですが、もしかしたら、ブラックマジックを使うと、人よりも大きなパワーが身につくのではなくて、自分の人生が80年だとしたら、本来80年の生涯に、使うべきエネルギーを、4年に凝縮しただけだったのではないかと思います」

と言っていました。

 

つまり、80年かかって稼ぐお金を、凝縮して4年で稼いだだけだったかもしれないというのです。

「その後4人は、もうパワーがなくなって、この世界に留まれなくなったのではないか?」

というのです。

さらに、

「私は、ブラックマジックが悪いとは思いません。また現在、書籍やセミナーなどで、巷に、出回っているようなビジネスの成功のテクニックは、生贄なども使わないので、わりと安全だと思います。ただ、人間の欲望を刺激しやすく、極端に走りやすいという欠点を、もっていると思います」

とも言っていました。

 

この話聞いて、昔、「バビル2世」という漫画の中で、バビル2世が、超能力を使うたびに極端に疲れて、老化していく話や「恐怖新聞」という漫画の中で、主人公の少年が、霊的な新聞を読んで、未来を知るたびに、寿命が100日短くなる話を思い出しました。

やはり、なんか、あるのかもしれませんね。

 

生贄などをささげるような、極端な「ブラックマジック」を使うビジネスは、寿命を短くするかもしれないという仮説の話は、とても参考になりました。

また、普通の「ブラックマジック系」のビジネスも、いきおい、そういう状況になりやすいので、注意が必要だということも、勉強になりました。

こういうことは、普通のビジネスの本やセミナーでは、聞けない話だと思います。

 

自分の本来の寿命を、まっとうしたければ、「ホワイトマジック系」のビジネスが、いいそうです。

つまり、10万円分働いたら、10万円もらう。

100万円分働いたら、100万円もらう。

1000万円分働いたら、1000万円もらうというのが、

「ホワイトマジック」だということです。

汗の量に、正比例するビジネスですね。

「太く短くエキサイティングに生きたければ、ブラック系。天寿をまっとうしたければ、ホワイト系」

という傾向が、あるかもしれないということです。

 

汗をかいて働かないで、特別なテクニックやシステムを使って、10万円を、1000万円にしたり、1000万円を、100億円にしたりするビジネスは、エネルギーバランスを、崩しやすいということです。

 

ITベンチャーの若い社長さんたちが、600万円を短期間で、500億円にした!」

とか自慢する話を聞きますね。

こういう場合、やはり、その後に、人間関係で、トラブルが増えたりすることが多いですね。

 

ただ、「ブラックマジック系」も、適切に自分にあったやり方で、皆をハッピーにする方向で、「愛」を、伴って使っていれば、また、ベクトルが変わることもあるようなので、本当に別に、これそのものが悪いわけではないのです。

ただ、バランスを崩しやすいというだけの話です。

あとは、

「大金を、短期間に稼げるかもしれないけれど、金儲けそのものが、目的になりやすく、生きがいなどは、感じられにくくなる」

という欠点もあります。

 

他には、

「ホワイトマジックでは、大金を稼げない」

というわけでもないと思います。

私の個人的な意見ですが、「銀座まるかん」の斎藤一人さんなどは、投資などやらずに、純粋な商売だけで、日本一のお金持ちになっています。

斎藤一人さんなどは、「ホワイトマジック系」のビジネスの達人だと思っています。

 

ただ、「ホワイトマジック」には欠点もあります。

自分が働いた分だけ稼いでいれば、たしかに生きがいも感じやすく、生活は安定しやすく、冒険もないので、ある意味安全なのですが、逆に、

「働けなくなったら、収入がなくなってしまう」

という欠点があります。

 

「ブラックだからダメで、ホワイトだからいい」

というような単純な問題では、ないと思います。

大切なことは、

「自分には、どのビジネススタイルが、向いているんだろう? どういう割合で組み合わせたらいいんだろう?」

と常に、考えることだと思います。

 

これも、私の個人的な意見ですが、「MLM(マルチレベルマーケティングシステム)」、いわゆる、ネットワークビジネスは、このブラックとホワイトの両方、つまり、中間の性質をもっているビジネスだと思います。

「グレーマジック系」のビジネスと言っても、いいかもしれませんね。(笑)

 

ちなみに、私の場合は、全収入を、10とすると、13年前は、

ブラック系:グレー系:ホワイト系=3:3:4

くらいの割合が、収入の内訳だったのですが、現在は、

ブラック系:グレー系:ホワイト系=0:2:8

くらいに、なっています。

私の場合、「ホワイト系」のビジネスは、主に、セミナーやセッションからの収入です。

以前は、これ以外の収入も多かったのですが、これらを減らして、やはり、セミナーなどの仕事に、できるだけ集中することにしました。

ただ、病気で倒れたり、仕事ができなく可能性も考えて、グレー系の副業もやっています。

やはり、こちらのほうが生きがいも感じるし、安定していて、何より楽しいです。

おそらく、長生きもすると思います。(笑)

 

時代は、少しづつ、「ホワイトマジック系」のビジネスに移っていくだろうと、私は、考えています。

 

 

PS 最近知ったのですが、「ホワイトマジック」という名前のバラもあるのですね。

いつか、花屋さんで買ってみようかな?

f:id:tomaatlas:20190904141228j:plain

 

 

 

☆私の著書、「地球を創った魔法使いたち」の1巻~2巻も発売中です。
ぜひ読んでみたください。

tomaatlas.hateblo.jp

 

 

☆記事の感想などは、下記のアドレスに、お気軽にメールくださいね。(お手数ですが、メルアドは、コピーして貼り付けてください)
toma_atlas@yahoo.co.jp

 


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 

☆ランキングにも、参加しています。

記事が面白かったら、応援クリックもお願いします。

 


スピリチュアルランキング

 


にほんブログ村

 

☆下記が、私のメインサイトの「精神世界の鉄人」のエッセイ集です。

不思議な体験談や精神世界の探求が、たくさん書いてあります。
現在は、ほとんど更新していませんが、遊びにいってみてくださいね。
http://www.tomaatlas.com/library.htm

 

 ☆フェイスブックもやっています。

www.facebook.com

 

☆インスタグラムもやっています。

www.instagram.com

 

 ☆ツイッターもやっています。

twitter.com

 

☆私が自信をもってオススメする、ヒーリンググッズの王様、「不思議なペンダント・アセンション」のサイトです。

http://triplehimawari.ocnk.net

 

☆個人セッションも、ぜひ体験してみてくださいね。

tomaatlas.hateblo.jp