精神世界の鉄人

UFOやチャネリング、霊、輪廻、超古代文明などの不思議な話題から、ビジネス、経済、政治、歴史、文化などの社会問題、そして、恋愛や結婚、ダイエット、旅などの現実的な話題まで、幅広く、日々感じたことを、書き綴ってみますね。

光明

テレビでは、連日、タイの洞窟の事件を報道していますね。

細かい話は、ともかくとして、とりあえず、全員が無事でよかったというのが、世界中の人々の共通の気持ちだと思います。

 

 

ある新聞記事には、だいたいこういう内容が書かれていました。

 

タイ北部の洞窟に閉じ込められた、地元サッカーチームの少年ら13人は、消息を絶ってから18日目に全員が生還を果たした。

いずれも、平均2キロほど痩せたが、健康状態は良好という。

救助当局が、誰も可能とは思わなかった任務を成功させた要因は、何だったのか。
「真っ暗闇の洞窟内で、少年たちが通常の精神状態でいられたのは、チームが一つになったため。それはコーチのおかげだ」
全員救出から一夜明けた11日、タイの保健当局者はこう強調した。

称賛したのは、最後の1人として救出された男性コーチの統率力だ。
仏門で過ごした経験もあるコーチは、発見されるまでの9日間、自らは我慢して、スナック菓子などの少ない食料を、12人の少年に分け与えていた。

少年たちに、体力を消耗しないよう指示し、瞑想などを勧めていたとも報じられた。
国民の9割以上が信仰する仏教の教えには、「許し」や「善行」の勧めがあり、その影響が大きいとの見方も多い。

雨期に洞窟に入るという、13人の軽率な行動に対する批判は少なく、支援の輪が広がった。
首都近郊で固唾をのんでニュースを見守っていたという元高校教諭は、

「人の命は何よりも重い。その一点でタイ人は団結した」

と話し、さらにその上で、

「責められるべきは注意喚起が不十分だった公園管理者で、少年たちではない」と語った。

 

この記事を読むと、大まかなことがわかりますね。

 

発見されたばかりの少年たちです。

今回の事件で、また瞑想が見直されたようですね。

こういう状況の中で、最も大切なことは、やはり、精神の安定を保つことですね。

f:id:tomaatlas:20180719001009j:plain

 

 

 

私も、この洞窟の事件は、ハラハラしながら、その成り行きを見ていたのですが、「洞窟」という単語から、以前に参加したある講演会の話を思い出しました。

以前にも書きましたが、いい話なので、もう一度書きますね。

 

あるビジネスマンがフランスから来日して、ビジネス講演会をやったことがあったのですが、その日、私は親しい友人たちと、都内の品川駅近辺まで、その講演を聴きに行きました。

有名な会社の会長さんなのですが、この会長から素敵な話を聴いたのです。

 

会長さんは、フランスとスペインの国境沿いにあるピレネー山脈の近くで、少年時代を過ごしたそうです。

その少年時代に、その山脈の近くで、ご自分の人生観を決めるような、出来事が起こったそうです。

 

ピレネー山脈の付近は、地下洞窟が、たくさんある地方なのだそうです。

ある日、小学生だった会長さんは、たくさんの友人たちと一緒に洞窟探検に行ったそうです。

もちろん、大人たちからは、

「危険だから、洞窟には絶対に行ってはいけません!」

と注意されていたそうですが、世界中の子どもに共通することですが、大人から、禁止されたものほど、やりたくなるものなんです。

 

そして、洞窟の奥底に、どんどん入っていたそうなのですが、ご存知のように、洞窟というのは、中が迷路になっているのです。

案の定、しばらくすると、会長さんたちのグループは、道に迷ってしまったのだそうです。

 

会長さんが、その時に気がついたのは、こういう状況の時、人間は三つのグループに分かれるということだったそうです。

 

一つめのグループは、パニックになりながら感情的になり、周囲の人を非難したり、罵ったりしながら、

「おまえのせいで、こうなったんだ!」

「だから、最初から、やめようと言ったんだ!」

とか言いながら、人のせいにして、ひたすら怒る人たち。

 

二つめのグループは、同じくパニックになるのですが、脅えてしまい、

「どうしよう…」

と言いながら、不安で身動きができなくなり、立ちすくんでしまう人たち。

 

三つめのグループは、パニックにならずに、まず冷静になる人たち。

そして、事実を見極めてから、

「大丈夫だ」

と言いながら、慎重に行動を始める人たち。

 

この三つめのグループが、どうして冷静になれるかというと、二つの事実を、知っているからだったのだそうです。

 

一つは、

「入口のある洞窟は、必ず出口がある」

という事実だそうです。

たしかに、そうですね。

入口が、何かの岩で塞がれれば、出口はなくなりますが、塞がれないかぎり、入ってきた入口は、出る時は同時に、出口になるということですね。

さらに、洞窟が迷路のようになっているとはいえ、袋状になっているので、壁沿いを歩き続けていれば、時間さえかければ、最後には、出口(入口)に出るということです。

 

さらに、二つめは、

「地下洞窟で迷ったのだから、出口(入口)は、必ず頭上の方向にある」

という事実だそうです。

「出口が存在している」

「それは、時間をかければ必ずたどりける」

「その方向は上の方向である」

ということを認識できえば、パニックになることはないのだそうです。

さらに、それから冷静になって、記憶を辿ったり、風の方向を感じたりすれば、必ず出口に辿りつけるのだそうです。

 

実際に、この時、会長さんは、そのことに気が付き、冷静になって行動し、無事に皆を、出口まで誘導したのだそうです。

凄い子供だったんですねー、さすがですね!

f:id:tomaatlas:20180719001035j:plain

 

 

この体験は、人生の多くの出来事に応用できるということにも、その後気がついたそうです。

 

会長さんがおっしゃるには、例えば、現在の世界大不況。

「出口の見えない、100年に一度の大不況」

だと言われていますが、やはり、この状況の中でも、人々は、三つのグループに分かれるそうです。

 

政府や銀行や大企業のせいにして、文句ばかり言うグループ。

どうしていいかわからなくなって、不安に脅えてひきこもってしまうグループ。

冷静に状況を分析して、慎重に行動を始めるグループ。

 

「大不況」も「洞窟」のようなものだと、考えてみるといいのだそうです。

つまり、大不況に陥った、「入口」があれば、その「入口」は「出口」でもある。

陥った原因がわかれば、その前の状態に、戻ることもできるということです。

 

さらに、その迷路のような状況でも、時間さえかければ、必ず出口に出られると信じることも、大事だということです。

 

そして、その出口は、「上」にあるということですね。

「上」というのは、抽象的な表現ですが、

「ポジティブな考え方」

「一段高い次元からの視点」

「時代を先取りする先見力」

こう考えても、いいと思います。

 

まとめると、どんなに大不況といっても、時間さえかければ、必ず抜け出すことが、できると信じることと、大局的な視点で世の中を見ることで、その出口は、見えることが多いということ。

さらに、風の向き、すなわち、世の中の動向なども、冷静に見極めることも、大切だということですね。

これを心掛けて、毎日を生きていると、きっと、一筋の「光明」が暗い洞窟の中に、見えてくると思います。

 

 

地下の洞窟内の中で迷ったら、出口は必ず上のほうに存在していることに、気がつくことです。

大丈夫です、もうすぐ、「光明」が差し込んできますよ。

f:id:tomaatlas:20180719001204j:plain



 

 

 

☆ランキングにも、参加しています。

記事が面白かったら、応援クリックもお願いします。


スピリチュアルランキング

 


にほんブログ村



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 
http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

 

☆下記が、私のメインサイトの「精神世界の鉄人」のエッセイ集です。
不思議な体験談や精神世界の探求が、たくさん書いてあります。
2001年6月から、アメリカで書き始めたものです。
ぜひ、遊びにいってみてくださいね。
http://www.tomaatlas.com/library.htm

 

☆メインサイトです。
http://www.tomaatlas.com

 

 ☆フェイスブックもやっています。

www.facebook.com

 

☆インスタグラムもやっています。

www.instagram.com

 

 ☆ツイッターもやっています。

twitter.com

 

☆私の著書、「地球を創った魔法使いたち」も、絶賛発売中です。

ぜひ読んでみたください!

http://www.tomaatlas.com/magicalearth.htm

 

☆私が自信をもってオススメする、ヒーリンググッズの王様、「不思議なペンダント・アセンション」のサイトです。

http://triplehimawari.ocnk.net/